シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

「小学6年生へ」早稲オーチャード校 校長 塩澤先生

早稲田アカデミー オーチャード校 校長 塩澤先生
入江 さくら 
入江 さくら 
小学6年生の受験生、夏休みの過ごし方について教えてください。

ご両親と一緒に体調に気を付けつつ、最大限の努力をしましょう。
一人で走りきるのではなく、両親と一緒にスケジュールを決めよう!
小学6年生の多くは、初めての受験勉強を体験する夏となります。夏期講習会で朝から塾に缶詰め状態になったり、膨大な量の宿題に追われたり、経験したことが無い多忙なスケジュールを送ることとなります。頑張りすぎて体調を崩す生徒、睡眠時間を削って眠そうな生徒…となってしまうと効率が悪くなります。「体調を維持しながら、最大限の努力をする」ことが大切です。
約1か月という長い期間を最高速度で走り抜けるために、一緒にスケジュールを作り、各週目標が達成されているかどうか、声掛けをしてあげましょう。

入江さくら
入江さくら
最後に勝つ子の特徴は何ですか?

・明確な目標を持っている生徒
→この学校に行きたい!ではなく、この学校で何をしたいか、どんなことをしたいか具体的なイメージがある
・良きライバルがいる生徒
→誘惑に負けそうになる時や高い壁に立ち向かうときに、良きライバル関係の友人がいる生徒は強いです。また、初めての受験勉強は長く、孤独を感じることが多いそうです。
・本人、家庭、塾の連携が取れている生徒
→勉強するのは本人ですが、現在の受験事情では周りのバックアップは必須。また、塾で我々が生徒と接する時間は週2日4時間だとすると、1週間の4.8%しか接する時間はないです。家庭での様子などをぜひお伝えいただければ幸いです。
・好奇心旺盛な生徒
→理科や社会は教科書に載っていること以外も重要です。受験に関係ないと割り切っている生徒よりも、くだらない雑学(トリビア)に目を輝かせる生徒
・母国語がしっかりと学べている生徒
→物事を考えるときの言語「母国語」がしっかりとしている生徒は、数学や理科の吸収率が良いです。(国語の成績ではないです)

エネルギッシュな塩澤先生ならではの、志望校合格のための作戦です。両親・ライバル・先生に支えられながら、夏休みを元気に駆け抜けて欲しいと思いました。
入江さくら
入江さくら

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。