シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

今日は楽しく食べて飲みた~い!と思っているあなたに!串カツ田中

ご紹介したいのは、

『串カツ田中』

勿論知ってる知ってると声が聞こえそうですが、(笑)

でも実はまだ行った事がない!とか、
しばらく行ってないなーと言う皆さんもいらっしゃるはず!
そこで、一挙情報を大公開!
これを読んだら早速行きたくなるかもしれませんよ~。

シンガポールでは2017年の12月に海外店舗第一号店としてクラークキーにオープンして以来、日本人だけでなくローカルの人たちの心も射止めています。

クラークキー(Clarke Quay)のお店は、この中にあります。

『串カツ田中』は、2019年6月時点で、日本全国になんと239店舗あるそうです。

いらっしゃいませ~!と勢いのいい掛け声が聞こえてきそうな店構え。
雨が降ってても濡れないアウトドア席あり。
一杯飲んでちょこっと串カツっていう方にはカウンターチェアー席もオススメ!

店内の雰囲気はと言うと、
↓こんな感じです。

ずーっと昔からある馴染みのお店の様な、どこか懐かしい、ほっとするような空間。
壁の貼り紙の雰囲気が良い!
ついついもう一杯って、長居してしまう確率大。

まずは前菜メニュー ↓

色々食べたくなる~。

田中名物 旨辛ぶた盛で、 ↓

まず、乾杯!

串カツメニューが豊富。
一本から頼めるが、Recommended5(オススメ5串)からとりあえずオーダーするのもいいかも。

左から玉ねぎ∙串カツ牛∙串カツ豚∙レンコン、そして上はアスパラ。
バランスよく野菜とお肉の組み合わせ。
どれから食べようか迷ってしまう~
どれも熱々、衣はサクサク、一つ一つの具材も大きく食べ応えあり!
これで$9.4はお得です。

ここで、大阪串カツの黄金ルール!
・ソースは一度浸ける。二度浸け禁止。
・お箸をソースに浸さない。
・ソースをもっとつけたい時は、(アスパラの様に長いもの)付け出しに出てくるキャベツでソースをすくって、チョンチョンと付けます。

更に、大阪と言えば!
たこ焼き
ここ田中では、なんと自分で作る
『DIYたこ焼き』メニューがあります。

楽しい~!
きっと、子ども達はワクワク。大人もかな。。。
トッピングは、エビ∙タコ∙ウナギのうちの一つが選べて、
チーズも好みでアドオンできます。

この際、ついでに『大阪鶴橋名物ちりとり鍋』も食べちゃえ!ってなったりするかも。↓

ここで、忘れてはいけないのが、、、

ハイボール!
串カツ田中をハイボールなしでは語れない。

ジンビームだけでなく、山崎や白州などでも楽しめる。
ん~、飲み比べてみたい!!!

フレーバーハイボールもあるんですよ。
赤紫蘇味、柚子、トリプルベリー味など。
女性客に人気がありそうですよね。

でも!

お酒が飲めなくても大丈夫!
面白いノンアルがあるんですよ。

冷やし飴です。

思いも寄らず、ショウガた~っぷり。

沈殿している部分全部が生姜。ホントに美味しい!
生姜好きにはもってこい!マストトライです。

〆も忘れてはいけませんよね。

汁系の肉吸い豆腐入りで〆てもいいし、

DIYたこ焼きに続き、
これまた、DIYで おにぎりを作ってしまう、田中おにぎりもおすすめです。

品数がたっぷりあるので、これはリピしないと制覇できません!
しかも、2か月毎にテーマを変えて期間限定メニューが登場し、その時にしか味わえないお料理やドリンクが出ます。串カツ田中シンガポーリアン風メニューにも出会えるかも!

シェフの腕がキラリと光る時です。
例えば、
牛フォアグラ巻き串や、売り切れ御免!すじこんお好み焼きなどが登場したりします。

それからそれから、
日曜日から木曜日までは、日替わりオファーがあるので、フェイスブックをチェックしてくださいね。
メガ盛りの曜日があったり、グループ5人以上で行けば一人分無料だったりする曜日もありますよ。

宴会コースは常時2名~受け付け。
2時間飲み放題付きで$65
2時間半 $75
3時間 $80
と、リーズナブル! 安心価格でゆ~っくり楽しめそうですよね。

どうでしたか?
今晩辺り、同僚やお友達、家族でワイワイ楽しい晩御飯に出掛けてみませんか?

「串カツ田中」
3A River Valley Road, Merchant Court, Clarke Quay, Block A, #01-01B
Tel: 6258-3789
Weekday 12:00 – 14:30 / 17:00 – 0:00 (LO 23:00)
Friday 12:00 – 14:30 / 17:00 – 2:00 (LO 1:00)
Saturday 12:00 – 1:00 (LO 0:00)
Sunday 12:00 – 23:00 (LO 22:00)

Facebook @KushikatsuTanakaSG

きりん
この記事を書いた人
長年住み慣れたヨーロッパを離れ2016年アジアデビュー。いろんな発見を読者さんにシェアーしていきます。