シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

シンガポールで“日本の美”を広めたい。美容サロンをシンガポールで経営する渋谷愛実(しぶやあいみ)CEO〜星で輝く女性たちvol.1〜

シンガポール(星国)で活躍する女性たちにフォーカスするこの連載。第一弾は、シンガポールで“日本の美”を広めようと活動する女性経営者、渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)さんを取り上げます。

星で輝く女性データ

氏名:渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)
年齢:25歳
職業:美容サロン経営

ホワイトニング専門美容サロン

シンガポールでいち早く歯のホワイトニングを導入し、多くのシンガポール人女性から支持を受ける美容サロン「Shining Smile Singapore」を経営する。

元々は日本のエステサロンで働いていた渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)さん。そのころから海外で働き、海外で生活することに憧れがあり、一念発起。シンガポールへ渡ることに。知人がいたわけでもなく、確固たる勝算があった訳ではないものの、シンガポールでは日本での勤務経験を生かして「歯のホワイトニング」事業を始めた。

ホワイトニングの先駆け

シンガポールでは今や当たり前にもなった「歯のホワイトニング」。ただ、渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)さんがシンガポールに来た2017年ごろは、それほど一般的ではなかったという。「そのころは、シンガポールでは歯の白さにまで気に掛けるという感じでもなかった」と話す。

そんな社会的な意識もあり、ホワイトニングサロンを開店してからしばらくは、お客さんが多くはなかった。

「待っていても仕方がない」。渋谷さんは、シンガポールで女性に人気の有名人やインフルエンサーに直接アプローチし、ホワイトニングを経験してもらうという営業を展開。

徐々にではあったが、「Shining Smile Singapore」の確かな技術が口コミでの広がり、お客さんの信頼を勝ち得ていったという。

シンガポール人から好評

施術メニューの一つとしてホワイトニングを行う美容サロンが多い中「Shining Smile Singapore」はホワイトニングだけを行う専門店として経営。「Shining Smile Singapore」のホワイトニング料金は、決して安くはなく、むしろ同業他社と比べると高額だ。しかし現在では、お客さんの多くはシンガポール人で、日本人はほとんどいない。

その理由は「高くてもきっちり白くなる」という点がシンガポール人に受け入れられているから。「Shining Smile Singapore」は専門店ならではの薬剤や機械にこだわり、施術1セッションでのホワイトニング効果も高い。
それが評価され、シンガポールにある業界団体から表彰もされている。

美容タトゥーを仕掛ける

「Shining Smile Singapore」を経営して3年が経ち、渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)さんは次のステージを目指す。

シンガポールで歯のホワイトニングを先駆的に取り入れた実績を生かして、今後は女性向けのトータル美容を展開していきたい、と語る。「現在の環境は医師がいないので、医療行為となる美容メニューはできず、美容の範囲にも限界があります。そこをもっと広げていきたいと考えています」と話す。

今後の展望“美容メーカーとコラボも”

シンガポールに先駆的に日本の美容を取り入れて来た渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)さん。今後はその鋭い嗅覚を生かしたオリジナル美容商品の開発や、アパレルの展開も考えているという。

「現在いくつかの日系の美容メーカーからお声がけいただき、一緒に展開を考えて行こうと検討をしているところです」と話す。

シンガポールにおける日系の美容のアイコンとなるよう、次のステップを目指す渋谷愛実(しぶやあいみ、shibuya aimi)さん。星で輝く女性経営者として目がキラリと輝いた。


<Shining Smile Singapore>
住所:9 Cantonment Rd, #02-01, S089735
電話:9657-8463
Instagram

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。