シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

ホーカーのローカルフード再発見ツアーが開催。ホーカーの文化を探りましょう

シンガポールの旅行会社Tribeが8月29日か9月6日にかけて、シンガポール島内のホーカーセンターを練り歩いて、伝統的な料理を食べるガイドツアーを開催します。

このガイドツアーは、「Zoom」を使ってオンラインでも参加することができます。「Zoom」での参加者はホーカーの店舗の方々やガイドとつないで交流できる他、そのホーカーの料理を自宅にデリバリーして試食することもできます。

このツアーで巡る店舗の一つにチャイナタウンのホーカーで店を構える「Pan Ji(パン・ジ)調理店」があります。サチマ(砂糖シロップをまぶした歯ごたえのあるお菓子)を売るの店舗のプーン・サン・ヘイさんは、朝5時に起きて、店に向かい、サチマを作るという生活を37年間しています。
サチマは1600年代に中国の満州軍によって食べられていたとされています。

プーンさんの店を継ぐ人はおらず、サチマという食べ物自体も高齢者以外で知る人はほとんどいません。今回のツアーでは、4つのガイドツアーで合計220店舗以上を訪れることができ、サチマ以外にもこのような消えゆく伝統的な料理の歴史を学ぶこともできます。そしてチーチョンフンなどの裏メニューを食べることもできます。

参加料金はコースによって異なり、1人10〜25ドルの参加料がかかります。「Zoom」によるオンラインツアーも25ドルの参加料が必要です。

詳しくはこちらのウェブサイトをご覧ください。

Hawker day out
http://eatshopplay.sg/hawkerdayout/

シンガポール観光局はこのイベントをコロナウィルス渦の国内旅行ビジネスを再起させる「シンガポール再発見キャンペーン」の一環として、資金援助とマーケティング戦略の両方でサポートしています。

フィントリリス彩花
この記事を書いた人
東京生まれ・東京育ち。ツアコン、山ガイド、米国ディズニー、ニューヨーク勤務を経て、結婚、出産し、シンガポールへ移住。 現在は2児の母。 人と話すこと、書くことを生きがいとしており、私の文章を通して皆様の世界が広がりましたら本望です。