お子さまを合唱団へ!シンガポールのオペラカンパニー「Singapore Lyric Opera」に密着!レッスン内容や入団方法など

シンガポールで子育てをする中で、考えることの一つが「習い事」。日本人による日本語での習い事からローカルの先生による英語での習い事まで幅広い選択肢があることがシンガポールの特色ですが、「何を習わせよう…」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では子どもの習い事として、シンガポールのオペラカンパニー「Singapore Lyric Opera」の児童合唱団についてご紹介します。実際のレッスン風景にも密着したので、最後までお見逃しなく!




Singapore Lyric Operaとは?

シンガポール リリック オペラ(SLO)は、シンガポールの西洋オペラを代表するカンパニーです。シンガポールのあらゆる人々のために、アジア太平洋地域であまり上演されていない西洋のオペラやコンサートを普及、上演することを目的としています。

またシンガポール リリック オペラは「オペラは難しい」という誤解を解くこともビジョンとして掲げています。シンガポールを始めとするアジアの人々にオペラに親しみをもってもらうため、コラボレーションなども積極的に行い、広く活動を展開しています。


児童・青少年合唱団について

シンガポール リリック オペラ(SLO)の児童合唱団は2006年から発足し、2019年には青少年(ユース)合唱団が発足しました。


児童合唱団には6歳〜12歳の子どもが所属でき、基本的に毎週土曜日の午前9時〜12時まで週1回の練習を行っています

発表会やコンサートなども積極的に開催しているため、子どもたちはモチベーションを維持しながら楽しく練習に励むことができます。


オペラを習うことで子ども達が得られるメリット

 


児童合唱団のクラスでは遊びや体験を通して、歌うことが大好きになるようにレッスンが工夫されています。

即興的な体験を通して創造的な思考を養い、楽器、歌、動き、言葉などを組み合わせて、子どもたちが本来持っている音楽的な能力を伸ばします

こうした合唱やオペラに幼少期から触れ、観客の前で発表する機会に慣れることは子どもの成長にこのようなメリットをもたらします。

●質の高い表現力が習得できる
●芸術的感性が身につき、大人になってもオペラや舞台を観て楽しむことができる
●人前に立つ自信がつく
●年に一度、プロの歌手や指揮者とともに、オペラの生演奏やコンサートに出演する機会がある
●オペラにおける演劇、舞台装置、衣装デザインの重要性を知ることができる



児童合唱団への入団方法

メリットがたくさんある児童合唱団に自分の子どもを通わせてみたい…!でも一体どうやって?親御さまが気になる実際の入団方法や練習内容について、シンガポール リリック オペラ(SLO)に気になる質問をお伺いしてみました!


児童合唱団には何歳から入れるの?

児童合唱団および青少年合唱団は、以下の年齢を対象としています。

児童合唱団:6歳〜12歳
青少年合唱団:13歳〜25歳



初心者でも参加できる?

SLOはオペラに親しみを持ってもらうことを目的の一つとしているため、全くの初心者でも入団することができます!初心者の子どもたちは、まず合唱団に参加する前にオーディションを受けます。

オーディションというとハードルが高く感じられますが、このオーディションは「合格」「不合格」が決まるといったものではなく、子どもたちのスキルを確認し、声質に応じた適切なパート分け(ソプラノ、アルトなど)をするためのものです。

課題曲などは特になく、例えば映画「アナと雪の女王」の「let it go」など子どもたちの好きな曲を歌うことができます。


練習回数はどれくらい?

基本的な練習時間は週に一回、毎週土曜日の午前9時〜12時までです。発表会などの前には追加で練習日程が加わることもあります。

SLOは一般のお客さんをお招きするコンサートを随時開催しており、今月7月にもコンサートがあります。子どもたちは発表会を楽しみにしながら日々の練習に励んでいます。


英語が話せないけど大丈夫?

英語が話せないことは全く問題ありません!オペラはイタリア語の歌や、日本語の歌(スタジオジブリの音楽など)も歌うため、言語面ではみんな平等です。どんな言語の歌でも先生が発音や発声の仕方を教えてくれるので、言葉がわからなくても大丈夫です。


入団の具体的な方法は?

Eventbriteページもしくはメールでのお申し込みを受け付けています。

<Eventbriteでの登録の場合>

1. イベントページに記載されている手順に従って、ご入力ください。
お申し込みはこちら

2. 1週間以内にオーディションのご案内についてメールでお送りします。

3. オーディション実施

4. 1週間以内にオーディションの結果とその後の手続きについてメールでご連絡します。

<メールでの登録の場合>

1. SLOへのご参加に興味のある旨、メール文面にご記載ください。

2. SLOからメールでご返信いたします。

3. オーディションのご案内についてメールでお送りします。

4. オーディション実施

5. 1週間以内にオーディションの結果とその後の手続きについてメールでご連絡します。



まずオペラや合唱の練習の雰囲気を知ってみたい場合は?

「オペラの習い事に興味はあるけど、まだ入団するかどうかは迷ってしまう…」という方向けに、SLOでは無料の体験レッスンも行っております。土曜日午前中のレッスンにトライアルで参加することができます。

体験レッスンにご興味がある方は、その旨メールでお送りください。

また、シンガポール リリック オペラでは青少年・児童合唱団によるコンサートを定期的に行っています。「まずはオペラの雰囲気がどんなものか知ってみたい!」という方は、ぜひコンサートにお越しください!

ご家族で訪れていただければ、お子さんが実際にオペラに関心を示すかどうかを確認するのに良い機会となるでしょう。

今後のコンサート情報はこちら


実際の参加者の声

実際にシンガポール リリック オペラ(SLO)の児童・青少年合唱団に参加する子どもたちや、その親御さんによる声をご紹介します!


児童合唱団メンバーの声

児童合唱団に参加できることに幸せと感謝を感じています。

自分の歌や演奏の能力を高めることができる土曜日の午前中を、毎週とても楽しみにしています。練習は疲れることもありますが、退屈することはありません。SLOに入ると、自分に自信が持てるようになったり、演奏の機会がたくさんあったりと、いろいろな面でとてもためになります。あなたもSLOファミリーの一員になりませんか?

Pan Yu Hui
児童合唱団に参加して本当に良かったと思います。

歌やダンスのステップを覚えたり、歌い方や言葉の発音をはっきり覚えたりと、いろいろなことができるようになりました。たくさんのことを学ぶことができ、とても楽しいです。

Olivia Yang
合唱団の一員であることを誇りに思います。

大きなミュージカルに出演する機会があることは興奮しますし、新しい歌を覚えると達成感を感じます。
声の出し方、歌い方が上達したのと、フランス語の歌も歌えるようになりました。
SLOはオペラを楽しく学べ、ライブやコンサートにも参加できる貴重な場です。

Josiah



青少年合唱団メンバーの声

SLOでの活動は本当に楽しく、入会をお勧めします。毎週土曜日の午前中は、友達に会って一緒に歌えるので、とても楽しみです。みんな情熱的で練習が大好きなので、いつも楽しい時間を過ごせます!

歌のテクニックはもちろん、チームワークの大切さや自分自身を向上させる方法などを、個人でもチームでも学べるので、ぜひ挑戦してみる価値があると思います。私たちは誰も批判することなく、ただ成長を促し、音楽の旅を仲間と一緒に続けています。

Beatrice
私は幼少期をSLOで過ごしたことを誇りに思い、幸せに感じています。
歌が上達したのはもちろん、歌手としてのあり方(マイクの持ち方、レコーディング)も学べました。
ぜひ参加してみてください、後悔はさせません!

Chloe Lee



児童合唱団に参加させている両親の声

私たちは娘がSLOに入団していることをとても誇りに思い、彼女が音楽を学び、感謝する素晴らしい機会を持てることに感謝しています。娘は間違いなくオペラのおかげで成長し、自分に自信を持てるようになりました。

Davidson夫妻(Alyssaの両親)
小さい頃からオペラを学びながら育つことで、女の子たちは自分に自信を持ち、積極性を身につけることができるでしょう。

Derrick Lee(Chloe & Giselleの父)



オペラの練習風景に密着!

今回筆者は毎週土曜日に開催されている児童合唱団の練習に密着!筆者自身オペラを観ることは人生初めてだったので、ドキドキしながら練習会場へ。そこでは10人の子どもたちと2人の先生がレッスンをしていました。

この日は約3週間後に迫る、SLOのスタジオ内での発表会に向けての練習を行っているよう。時折子どもたち同士で談笑しながら、和やかな雰囲気です。

しかし、先生のピアノで音楽がスタートすると子どもたちは一変して真剣な表情に!それまで子どもらしい笑顔を見せていた子どもたちが真剣に歌う表情と美しい歌声に、見ているこちらも思わず涙がこぼれてしまうほど。

スタッフに話を聞くと、ある男の子は練習初日は緊張で声を出すことができず、ただ立っているだけでレッスンが終わってしまったそう。しかし、その男の子も数か月が経つ頃には自信がついてきて、楽しんで歌うように成長したそうです。

今回レッスンを見学して、子どもたちの努力と演奏中の自信に満ちた楽しそうな姿が大変印象的でした。もし自分の子どもがこの場にいたなら、我が子の活躍を目の当たりにして、感動と喜びにあふれること間違いなし!と深く深く感じさせられました。


大人のクラスも!SLOのその他の活動について

シンガポール リリック オペラ(SLO)は児童合唱団だけでなく、13〜25歳を対象とする青少年合唱団や26歳以上の大人向けのクラスもあります。青少年クラスには、音楽や芸術系の大学に通う学生も参加しています。

また、ボーカルを勉強したい人のためのアーティスト養成プログラムもあります。このプログラムでは才能ある若手アーティストの芸術的成長をサポートし、シンガポールのプロの舞台でスキルを磨き、経験を積む機会を提供します。

SLOではオペラや合唱という芸術を愛する同じ志を持つ人たちと喜びを分かち合うために、常に新しいメンバーを歓迎しています。

SLOへの参加にご興味がある方は、Eventbriteページもしくはメールでのお申し込みを受け付けています!


オペラを通じて子どもたちの自信と表現力を育もう!

オペラは誰にでも開かれている芸術であること、そして子どもの感性と自信を育むのにぴったりな習い事であることを実感した今回のシンガポール リリック オペラの取材。気になる方は無料レッスンをぜひ体験してみてください。

シンガポールが誇るオペラの美しい歌声とオーケストラによる演奏にきっと心打たれることでしょう!

コンサート情報はこちら


The Singapore Lyric Opera Limited(シンガポール リリック オペラ)
住所:90 Goodman Road, Blk B #01-07 Goodman Arts Centre, S439053
電話番号:6344 0039
Eメール:info@singaporeopera.com.sg
WEBサイト

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。



最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

risako taira

2020年8月に来星したWebライター歴4年の一児の母です。初めての海外生活。シンガポールの好きなところは、夜景と辛いものが充実していること。