アフタヌーン ティージャーナル Vol.11【WOLFGANG’S STAKHOUSE】

シンガポールで過ごす至福の時間。中でもホテルやレストランで楽しむアフタヌーン ティーは格別です。美しい空間の中で味わう香り高い紅茶やスコーン、色鮮やかなスイーツの数々。そのセッティングもお店によってバラエティに富んでいるだけに、いろいろな場所で楽しみたいですね。

今回は、あの有名なステーキハウス、「WOLFGANG’S STEAKHOUSE」のアフタヌーン ティーをご紹介します。



ウルフギャングといえば、ステーキ!

ウルフギャングといえば、NYマンハッタンで大成功し、世界中に支店があるステーキハウス。シンガポールの店舗は、ロバートソンキーの中心部にあるインターコンチネンタルホテルの中にあります。

40年以上の経験を持つオーナーのWolfgang Zwienerは、ステーキハウス業界に新風を送り込んだことで知られています。自慢の牛肉は、100%USDAプライム。このステーキハウスにアフタヌーン ティーがあるとは。嬉しい発見です!


NYのステーキハウスが誇るメニュー

大理石のプレートに贅沢に盛り付けられたセイボリー&スイーツ。

人気のビーフのセイボリーは、熟成牛のクロスティーニ、ビーフ&マスタードトースト。そして、カツチキンサンドイッチ、シュリンプ&アボガドのブリオッシュ。サーモンとクリームのタルト。

スイーツは、エクレア、ティラミス、ピーカンパイ。そして、ウルフギャングファンなら知らない人はいないシグネチャー、キーライムタルトとニューヨークチーズケーキも!

セイボリーはボリュームがあって大満足のメニュー。スイーツは、どれも甘さが控えめで、ひとつ、もうひとつと進んでしまう美味しさ。ピーカンパイは、コクがある風味がクセになりそうです。


気になるお茶とお酒の種類

プロセッコ(S$30)は、Piccini Venetian Dress DOCです。また、海辺のヴァカンスからインスパイアされたカクテル、サンセット イン ハワイ(ジン カンパリのカクテル)や、フィジーブリーズ(日本茶のモクテル)も。

お茶の種類は、モヒートブリス、ローズライチ マティーニ、ジャスミンクリーム ブリュレ、シンガポール サプライズ、ピーチ パラダイス、ロイヤルアール グレイからお選び頂けます。

マホガニー&クラシック。ウェイティング バーも、落ち着いた雰囲気で素敵。気の置けない友人と、こちらで待ち合わせるのも良いですね。

ウルフギャングステーキハウス(Wolf Gang’s Stak House)
住所:1 Nason Road 02-01 InterContinental Singapore Robertson Quay, S238909
営業時間:月曜日~日曜日 14:30~16:30
定休日:特別定休日
電話番号:6887 5885(48時間前までにご予約ください)
WEBサイト

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。





最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

YUKI KAMIO

singaporeが好きすぎ、散歩ばかりしているライター。趣味は建築見学。一番好きなローカルフードはローミー。ボタニックガーデンで深呼吸。