Malaysia-news2

KLで「ジャパンストア」10月に開業

三越伊勢丹ホールディングスは22日、海外需要開拓支援機構「クールジャパン機構」と共同でクアラルンプール(KL)で開業する、精選した日本の商品だけを扱うスペシャリティ店「イセタン・ザ・ジャパン・ストアKL」の記者発表会を開催した。 10月27日にオープンする(4階レストランフロアは2017年1月オープン予定)。投資額は7000万リンギ。日本の選りすぐりの商品だけを全館で扱う大型店舗としては世界で初めてだという。東南アジア諸国連合(ASEAN)や中東からの観光客が多いKLから世界に向けて日本を発信
post in マレーシアのニュース
Malaysia-news5

エアアジア、KL~ルアンパバーン便を11月に就航

格安航空のエアアジアは11月21日からラオスの古都ルアンパバンへの直行便を就航する。週4便となる予定で、ラオスでは首都ビエンチャンに次ぐ就航都市となる。航空券の予約はすでに始まった。 ルアンパバーンは14世紀から600年にわたり王都として栄え、美しい街並みが世界遺産にも指定されている。 長距離のエアアジアXはまた、来年にもトルコの首都イスタンブールへの路線も就航させるほか、2018年末にはロンドン便も再開させる。ロンドンは7つある空港のうちの一つガトウィック空港になる予定だ。
post in マレーシアのニュース
Medis 4

250キロの巨漢男、5トントラックで病院へ

サラワク州シブで21日朝、250キロの男性(33)が腰の痛みを訴え、家族が消火救助局に助けを求めた。 男性は数日前まで1人で歩けたが、突然腰痛になり、放尿もできなくなったという。救急隊員が到着したときは足も膨れ上がっていた。 体重が重く、通常の担架では運べないため、駆けつけた救急隊員7人はベニヤ板で急ごしらえの担架を作成。床に横になっている男性の体の下にベッドシーツを通し、担架をゆっくりと差し込んだ。通常の救急車でも運べないことから、20人で30分以上かけて5トントラックに乗せて病院に搬送し
post in マレーシアのニュース
Singalife-news12

エアアジア、シンガポールに子会社を設立

格安航空のエアアジアはこのほど、シンガポールに子会社を設立したことがわかった。19日付の『スター』が報じた。会社名は「エアアジア社」で、資本金は100万シンガポールドル。業務内容は主にマネージメント業務や関連省庁やサプライヤーなどとの調整といった航空関連事業全般を行うという。 新会社の取締役にはトニー・フェルナンデス氏(現エアアジアグループCEO)やカマルディン・メラヌン(現エアアジア会長)らが就任した。
post in シンガポールの社会経済ニュース マレーシアのニュース
Malaysia-news3

発見された残骸物、消息不明機のものと判明

リアウ運輸相は16日、タンザニアで見つかった残骸物が2014年3月に消息を絶ったMH370の機体の一部であったことを確認したと発表した。  確認されたのは、翼の一部で連番と製造年月日がMH370のと一致した。この残骸物は今年6月末にインド要に浮かぶタンザニアのペンバ島で発見されていた。発見後に豪州に送られ、そこで確認作業が行われていた。 同相によると、これまでタンザニアのほかにアフリカ沖合で22個の残骸物が発見。上記も含め2つが同機のものと判明した。またほかにも残骸物4個も同機のものの可能性が
post in マレーシアのニュース
Malaysia-news5

IS、NGOを通じて資金集めか

マレーシア国家警察は11日、国際テロ組織「イスラム国(IS)」が認定されていない非政府組織(NGO)を通じて資金集めをしている可能性があると明らかにした。集めた資金はマレーシア国内での思想の普及のほか、シリアに送金している可能性もあるという。 テロ活動特別取締局のアヨブ首席局長補と同席したイスラム教団体アスワジャのザミハン会長は「NGOは警察の許可制にし、集めた寄付金の公表の義務付けを提案した」と述べた。 現在はNGOは許可制ではないため、誰でも自由に寄付金を求めることができる。ISはこれを
post in マレーシアのニュース
N3-23

マレーシアとタイ、高速鉄道敷設を検討へ

マレーシアとタイの両国政府は9日、クアラルンプール(KL)とタイのバンコクを繋ぐ高速鉄道(HSR)の敷設計画に関する調査を行うことで合意した。 ナジブ・ラザク首相がタイを訪問し、プラユット・チャンオチャ首相との首脳会談において、HSR計画に関して準備協議を開始することで合意に至った。マレーシアとシンガポールは、KLとシンガポールを繋ぐ高速鉄道(HSR)計画を推進しており、タイとのHSRと将来的に接続する可能性もあるという。 ナジブ首相は、マレーシアとタイ間の交通の便を良くし、経済協力の強化に
post in マレーシアのニュース
Singalife-news4

陸上幹線輸送のOTLグループ買収へ

ヤマトホールディングス傘下の東南アジア地域統括会社のヤマト・アジア(本社・シンガポール)とマレーシアのクロスボーダー陸上幹線輸送事業者OTLグループが8月31日、OTLグループのCKEトランスポート・エージェンシーとオーバーランド・トータル・ロジスティック・サービシズ(M)、オーバーランド・トータル・ロジスティック・サービシズ(タイ)の3社の株式取得およびベトナム事業の取得に関して合意したと発表した。 今回の買収によりOTLグループが持つシンガポールからマレーシア、タイ、ラオスやカンボジア、ベ
post in マレーシアのニュース
C4-22

歩行中の牛に激突 バイク運転手死亡

トレンガヌ州チュカイ郡で6日早朝、道路を横切ろうとしていた牛に二輪車が激突する事故が起きた。二輪車の運転手(51)は後続のトラックにひかれて即死した。 二輪車運転手のザマリさんは猛スピードで走り、ゆっくりと歩く牛を避けきれずに衝突。その後、二輪車の後ろから来たトラックは、道路の真ん中に倒れていたザマリさんを避けようとしたが、間に合わずザマリさんを30メートルほど引きずってしまったという。
post in マレーシアのニュース
C1-22

エアアジアX、関西経由ホノルル便を来年就航へ

長距離格安のエアアジアX社は7日、2017年初めに関西経由の米国ホノルル便を就航させることを明らかにした。現在、ホノルル空港の許可待ちだという。 機材はエアバス社「A330-300」型機(377人乗り)。同機は最大1万1750キロまで飛行ができる。クアラルンプール~ホノルルの直線距離は1万1000キロ以上で、14時間で直行で結べるが、機内サービスがほとんどない格安航空会社にとって、この飛行時間はあまり例がないという。日本旅行の市場はいまだに大きく、関西と接続ことで収益にもつなげたい考えだ。
post in マレーシアのニュース