親子のコミュニケーションを充実させる カギは「子どものため」に「聴く」姿勢

近年、スマートフォンの台頭に代表されるネット社会の進展により、人と人との直接的なコミュニケーションが希薄になってきていると言われています。「スマホ依存」は社会問題にもなっており、特にアジア圏は依存者の低年齢化がとても早いスピードで進んでいるのだとか。

とはいえデバイスを全く使わない生活というのも、現実味がありません。ならば、その利便性に左右されるのではなく、ほどよく付き合う程度に収めるために親子のコミュニケーションタイムを充実させる方向にシフトしていきましょう。

親子のコミュニケーションにおいて、親が「子どものため」に「聴く」姿勢が何より大切です。具体的には①聴く、②観察する、③味方になることを意識するといいと思います。なかでも「聴く」はコミュニケーションの第一歩。子どもとのふれあいが少ないと感じているのであれば、ここから始めましょう。

「聴く」は「聞く」と異なります。子どもの話にしっかりと耳を傾けること。話はいつも聞いているわ、というお母さん。「今日は何したの?」「誰と遊んだの?」「あれはどうしたの?」と次々に聞き出してはいませんか?

気持ちはとてもよくわかります。子どもがかわいくて心配だからこそ、詳しくたくさん聞きだしたいのですよね。しかし、それはコミュニケーションではなく事情聴取。自分が知りたいことを「自分のために」聞いているのであり、子どもが話したいことを「子どものために」聴いているのではありません。

事情聴取が続くと「子どもは面倒くさいな…」と感じ始め、口を閉ざして画面に長く目を落とすようになってしまいます。子どもと同じ方向を見て座り、同じ景色を見ながらリラックス。子どもの話すペースに合わせて、相槌をうちながらゆっくり話を聴いてあげてください

Related Parenting

「ほめる」が広げる子どもの可能性 想いは言葉にして、相手に届けよう はじめての寝返り。ハイハイをして自力で進んだ小さな一歩。手をパチパチ叩いて喜びを表した瞬間。ほっぺを
子どもの言葉と考えを引き出し 考える力を育む「30秒」の魔法 親である私たちは、大人になる過程においてある程度の経験を積み重ねてきています。ですから、まだまだ経験
イライラが止まらないときは 無理に抑えず「視点」を変えて 私は常々、親子関係に大きく関係しているのは両者をつなぐ「言葉」だとお伝えしています。言葉を変えれば伝
理想と現実のギャップに苦しんだら 子どもと理想を”共有”してみよう 子どもに対して「もう7歳なのに…」「女の子(男の子)なのに…」といったイライラを感じてしまうこと、あ