Archives : 外資系

Singalife-news17

共用オフィスの需要が拡大 低コストとフレキシビリティーが人気の理由

共用型レンタルオフィスの需要が高まりつつある。コストを削減しつつ、シンガポールを含めた東南アジア地域でビジネスの足場固めを急ぐ外資系企業が主な利用者である。昨年11月からレンタルオフィスを利用中の香港の出版社は、「増員にも柔軟に対応でき、業務も直ちに開始できる。相場に比べ賃料も安く済み、リースの解約も簡単」と共用オフィスの利点を挙げる。別の外資系IT企業の社員も、「シンガポール進出当時、レンタルオフィスの担当者が、毎週開催する交流イベントが同業他社やIT業界の動向を知る機会をくれた」と語る。シン
post in シンガポールの社会経済ニュース Tagged:,

Find Another news