ひとめぼれスウィーツがいっぱい。女性に人気の和と仏フュージョンカフェ

リバーバレーに今日本人、外国人、地元民の胸を鷲掴みにしているカフェがあります。それがKURA Patisserie Singapore。KURAは他の2店舗(クラフトビールとプラナカン料理)が入るシェアカフェの一つです。

KURAとは創業者兼女性パティシェのKoo Jee(Kuji)さんとRachelさんの名前、また宝物が大切にしまわれている「蔵」という意味も込めて名付けられました。ショーウィンドウはかわいい色使いと形と美しいケーキで溢れています。

女性二人でオープン

同じ料理学校でパティシェの技術を学び、KujiさんはチョンバルベーカリーRachelさんは5つ星ホテルで経験を積みました。料理の世界では女性がトップシェフになるのはまだまだ厳しい世界で、熱い意志を持った自分たち二人でカフェを作ろうとKURAを始めたそうです。

昨年のオープン以来、メニューもどんどん追加して、お客様の要望に応えていく柔軟なスタイルが女性ならではで素敵です。二人は日本に何度か共に旅行をし、30店以上のケーキや和菓子を食べ歩き、味と材料の研究を重ねました。フレンチテクニックのケーキに日本の味を取り入れた日仏フュージョンペイストリーが人気です。

一つ一つがキラキラした珠玉のケーキたち

KURAに入り、まず目に入るのが看板の下にずらっと並べられた彩り鮮やかなケーキ。一品一品が細部まで作られた宝石のようで見惚れてしまいます。その中でも一際目を引くのがアニメの世界から飛び出してきたようなチーズの形のケーキ”Yuzu Pineapple W Cheese”です。チーズ型ケーキを割ると中から柚子とパイナップルソースがトローリと飛び出します。下に敷いてある味噌と小麦粉を併せたクラッカーが甘いケーキに塩気が加え、交互に食べるのが楽しくて、あっという間になくなってしまいます。

もう一つKURAでオススメしたいのが”La Vie En Rose”。英語でLife in Pinkと訳され、人生は自分を喜ばせる者で溢れているという意味です。この一輪のバラの形のケーキはまさにそんな一品。ほろ苦いチョコレートにキャラメルの甘味が癖になります。KURAではホールケーキ、特別なリクエストのケーキも受け付けていますので、ご友人へのお祝いやお子様のバースデーにぜひKURAの美味しいケーキを贈ってみてはいかがでしょうか。

カフェメニューの充実 “照り焼きクロワッサン“

常連のお客様の「早く、簡単にお腹がいっぱいになるメニューをお願い。」と言う要望に応えて誕生したのが”照り焼きチキンクロワッサン”。手作りのふわふわのバターたっぷりのクロワッサンにこってりグリルした柔らかい照り焼きチキんが挟まれています。食べ終わった後はしっかり満腹となるため、仕事中のランチに照り焼きクロワッサンとスープを頼む人が多いそうです。

スープはネギとベーコンのチャウダーがオススメで、小麦粉とバターを炒めて、ベーコン、ジャガイモ、ネギを加え、最後にナチュラル生クリームを加えた、ギとバターがしっかりと薫るチャウダーです。

ドリンクは洋・中の両方

コーヒーにコンデンスミルクを加えたコピ、ミロ、大麦ドリンクなどのまさにシンガポールスタイルのドリンク類と、カフェラテやエスプレッソなどのウェスタンスタイルのドリンク類の両方が揃っているのがKURAの特徴。それはKURAのメニューを本当に好きなドリンクと共に楽しんで欲しいという思いから生まれたアイデアだそうです。なんと29種類ものドリンクがあるため、決めきれずに食前と食後に2杯楽しむ方もいるそう。お好きなドリンクで是非KURAのメニューをお楽しみください。

クリスマス限定メニュー

クリスマスモチーフのユニークで可愛いクリスマスケーキをご用意しております。今年のクリスマスはKURAのケーキで、楽しいパーティーを過ごしませんか?
公式WEBサイトからチェックしてみてください。


KURA
住所: 46 Kim Yam Road, #01-07 The Herencia, Singapore 239351
営業時間: 月曜日-日曜日 11:00-17:30
Website: https://kura.sg/
ケーキのオーダーはこちらから                    Email: hello@kura.sg  Insta DM @kura.singapore

アバター

この記事を書いた人

Writer_ayaka