こだわりのコーヒーとサイドディッシュを堪能できる、おすすめのシンガポールカフェ7選!

新型コロナの影響で海外に行くことが難しくなったこの時期。「美味しいコーヒーで気分転換を」と考える人が多いのか、シンガポールでは街中のカフェが大賑わい。外資系チェーンのカフェ、日本のカフェチェーン、シンガポール人経営のカフェとさまざまなカフェがあります。

シンガライフ編集部が、こだわりのコーヒーとサイドディッシュを楽しめるシンガポールのカフェをまとめました。お出かけのついでに立ち寄ってみたいカフェや、もちろんカフェ自体がお目当てになることも。お気に入りのカフェを見つけてくださいね。

シンガライフ的シンガポールのカフェ1
「Nassim Hill Bakery Bistro Bar」

Nassim hill bakery

タングリンポストオフィスビルにある、クラシックで落ち着いた雰囲気がただようカフェ「Nassim Hill Bakery Bistro Bar(ナッシムヒルベーカリー・ビストロバー)」は、広々とした店内で家族や友達とゆっくりとした時間を過ごす場所として最適。開放的なテラス席もあるので、気分によって使い分けて楽しめます。

一押しメニューは、フランス発祥の菓子パン「ブリオッシュ・ドーナツ」。バターのコクと風味が香るふわふわの生地の中には、シンガポールの定番スプレッド「カヤ」や、チョコレートクリームが詰められており、リッチなおいしさを味わえます。エッグベネディクトやサーモンオムレツといった定番メニューのほか、ドリンクに合うケーキや焼きたてのパンも充実。

ドリンクのメニューが豊富なのもうれしいポイント。エスプレッソやラテ、カフェモカなどのコーヒーメニューはもちろんのこと、紅茶や甘さ控えめのスムージー、フルーツをふんだんに使ったヘルシーなジュースなどもあり、コーヒーが苦手な人だって大丈夫。

朝から夜までの通し営業なので、朝食でもランチでもディナーでも使えるのがGood。お酒好きには、水曜と木曜に開催されるスパークリングワインの飲み放題で有名なナッシムヒル。

メニューがバランスよく構成されているため、食事とドリンクをバランスよく楽しみたいという方におすすめです。

《Nassim Hill Bakery Bistro Bar》
住所:56 Tanglin Road, #01-03 Singapore 247964
TEL:65 6835 1128
最寄駅:オーチャード駅
営業時間:火-日 8:00-22:00
定休日:月
Webサイト:https://nassimhill.com.sg/

シンガライフ的シンガポールのカフェ2
「The Providore」

シンガポールのOUE ダウンタウンギャラリーにある「THE PROVIDORE(ザ・プロビドール)」は、世界中から選び抜かれた上質な食が集まるグロサリー&カフェ。落ち着くインテリアは、茶色で統一され、朝食をとりながら仕事をする人や、ランチタイムには子ども連れの女性グループなどで賑わっています。

朝食メニューで人気があるのは、ベーコンやソーセージとともに卵料理が彩りよく添えられた「イングリッシュ・ブレックファースト」や、カラメルがついたバナナがのった「リコッタチーズのパンケーキ」。ベジタリアンやグルテンフリーメニューもあるので、ベジタリアンでも安心です。ガッツリ食べたい人には肉料理、軽めでいいという人にはサラダやパスタといった多彩な料理を提供しています。

お客さんから高い評価を得ているのが、バリスタが淹れた「カフェラテ」。芳醇なエスプレッソとマイルドなミルクが調和しており、ハマる人が続出です。コーヒーだけで10種類以上のメニューがあり、コーヒー好きにはもってこい。
コーヒー以外にもフレッシュジュースやスムージー、コンブチャもあり。モカやフラットホワイトを含む約10種類のコーヒーメニューも揃っています。

シンガポールから世界中の食を楽しみたいという方におすすめするカフェです。

《The Providore》
・ダウンタウン・ギャラリー店
住所:6A Shenton Way OUE Downtown Gallery #B1-07 S068815
TEL:65 6431 7600
最寄駅:タンジョン・パガー駅
営業時間:
平日 8:00-22:30
土・祝日 9:00-21:00
日 9:00-18:00
定休日:なし
Webサイト:https://theprovidore.com/menu/ 

そのほか、MANDARIN GALLERY店・PLQ店・TANGS店・RAFFLES PLACE店があります。

コーヒー&サイドディッシュが楽しめるシンガポールのカフェ3
「Got Luck Café」

シンガポールの伝統的な料理やスイーツを味わいたい方におすすめなのが、ブギスにある「Got Luck Café(ゴット ラック カフェ)」白い壁にワンポイントカラーの青緑色が印象的な店内からは、どこか懐かしさを感じます。

料理に使用する調味料には、体にやさしい天然スパイスと天然ハーブを使っているのだそう。看板メニューの1つ「ナシレマ」は、マイルドなココナッツミルクのご飯とサンバルソース(真っ赤な辛味ソース)の組み合わせが絶妙。また、メニューにはシンガポール名物のシーソルトフレーバーの「カヤトースト」も。甘味と塩味のバランスがいいと評判です。

コーヒーは、シンガポールのコピの種類別に味わえ、Kopi、Kopi-O、Kopi-C、Kopi-Miloから選択可能。さらにTehもTeh-O、Cから選べます。
シンガポールコピ、テー以外にもエスプレッソ、アメリカーノ、ラテ、カプチーノも選べ、その日に気分で選べるのがいいですね。

紅茶、レモンティーやライムジュースの定番メニューも並びます。

デザートでは、鮮やかな緑色のスポンジケーキにココナッツがまぶしてあるシンガポールの伝統お菓子「オンデオンデケーキ」が人気。そのほかチョコレートケーキやレインボーケーキなど、コーヒーや紅茶との相性が抜群のケーキが揃えてあります。

ほっと落ち着く空間で、おいしいシンガポールの伝統的な料理とドリンクをお楽しみください。アラブ街散策のあとに立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。

《Got Luck Café》
住所:56 Kandahar Street, Singapore 198904
TEL:65 8908 4981
最寄駅:ニコルハイウェイ駅
営業時間:9:00-19:00
定休日:第3月曜日
Webサイト:https://www.gotluckcafe.com/ 

シンガライフ的シンガポールのカフェ4
「Woody Family Cafe」

シンガポールの北部センバワンにある「Woody Family Cafe(ウッディ・ファミリー・カフェ)」は、木々や植物に囲まれている隠れ家的カフェです。赤、青、緑のライトが色とりどりに輝いている店内にはレトロなポスターや小物類が置かれていて、店主の世界観があらわれています。

このカフェのメイン料理は、シンガポールの伝統料理の1つである「プラナカン料理」。人気のメニューは、プラナカン料理でお馴染みのニョニャソースをまぶした、酸味・甘味・辛さが融合した「バッファローウィング」

豊富なメニュー展開が特徴で、フライドライスやパスタ料理、肉料理やピザまで楽しむことができます。ビーガン料理も取り扱っているので、ビーガンの方も安心です。メニューには、お子様メニューもあるのでご家族でのランチやディナーにもおすすめです。おすすめのドリンクは、フルーツや野菜でつくったおしゃれでおいしいカクテル。暑い日にぴったりです。

ドリンクと一緒にお楽しみいただける、チョコレートトリュフケーキやレッドベルベットケーキを含む、充実した数のケーキもメニューに並びます。

友人たちとのパーティーやご家族の記念日に、ウッディ・ファミリー・カフェで楽しいひとときをお過ごしくださいね。

《Woody Family Cafe》
住所:12F Andrews Ave, Singapore 759930
TEL:65 6758 1185
最寄駅:キャンベラ駅
営業時間:月・水-日 12:30-18:00
定休日:火
Webサイト:https://woodyfamilycafe.oddle.me/en_SG 

シンガライフ的シンガポールのカフェ5
「Wakey Wakey」

ブキスにあるカフェ「Wakey Wakey(ウェイキー・ウェイキー)」は、ガラス張りで自然光が差し込む、明るく開放感のある店内が魅力。ミニマルデザインを取り入れた洗練された空間で「自分だけの時間」を過ごしましょう。

コーヒーの勉強、研究、訓練を重ねたバリスタが淹れるコーヒーは、なめらかでフルーティーだと高評価。世界大会の入賞経験もあるバリスタも在籍しています。ラテアートは、そのクオリティの高さから、写真をSNSに載せる人が続出するほど。ちょうどいい甘さと濃厚な苦味のある抹茶ラテも人気。抹茶好きにはたまらない1杯になること間違いなしです。

ぜひ一度味わいたいのが、できたての「アップルクランブル・ワッフル」。フレッシュなアップルとバニラアイスクリーム、サクサクした食感がやみつきになるバタークランブルがふんだんに添えられています。ちょっと贅沢なごほうびスイーツにいかがでしょうか。

トマトが持つ酸味と旨みを最大限にいかした「ロースト・トマト・バジル・スープ」も人気。玉ねぎとローストポテト、上質なハーブとバジルオイルでできている風味豊かなヘルシースープが健康的。

バリスタが淹れるおいしいコーヒーを堪能したい人やミニマルな空間が好きな人は、ウェイキー・ウェイキーを気にいるはず!こだわりのコーヒーとワッフルをもとめ、休憩がてらに立ち寄ってみてくださいね。

《Wakey Wakey》
住所:302 Beach Road, #01-04/05 CONCOURSE SKYLINE SINGAPORE 199600
TEL:65 6291 0227
最寄駅:ニコールハイウェイ駅
営業時間:月-金 8:00-17:00, 土日 9:00-17:00
定休日:なし
Webサイト:https://www.strangersreunion.com/wakey-wakey 

シンガライフ的シンガポールのカフェ6
「Sarnies」

テロックアヤにあるカフェ&バー「Sarnies(サーニーズ)」。Sarnies(サーニーズ)とは、サンドイッチの英語のスラング(俗語)。ただ、サンドイッチのみならず、コーヒーや料理もおいしいと話題のカフェ。店内のカジュアルなインテリアがフレンドリーな空間を演出していて、会話を楽しめる空間となっています。

サーニーズでは、食材の風味がそのままいかされている野菜を使った料理から、ジューシーだけど重すぎないお肉料理まで味わえます。野菜もお肉もどちらもバランスよく食べられるのがうれしいポイント。

定番のモーニングメニュー「アボカド・トースト」は、ナッツやゴマ、塩コショウがトマトとアボカドにふりかけられていてさっぱりと食べられます。

そのほか、サーモンがたっぷりの「スモーク・サーモン・サンドイッチ」やボリュームのある「ステーキ・ラップサンド」も定番です。

料理だけではなく、飲み物も充実。サーニーズ自慢のコーヒーは、シンガポールの飲食情報メディア「City Nomads」でたびたび紹介されるほど。コーヒー愛のあるバリスタたちが淹れるコーヒーのなかでも一押しなのが、グアテマラの農園で栽培されたコーヒー豆をブレンドしたラテ。甘くフルーティーな香りが特徴で、苦味とほのかな甘味のバランスがととのった1杯です。
スムージーやシェイクといった定番ドリンクほか、ビール、ワイン、カクテルといったお酒もしっかり用意。変わり種の「コーヒーマティーニ」は、サーニーズ自慢の1杯です。

しめのデザートにはお店自慢のブラウニーがおすすめ。上質なチョコレートを使用した甘すぎない味が口に広がってクセになります。

テロックアヤのオフィス街にあるため、お仕事に向かう前や帰りなどに立ち寄りやすいです。さわやかな夜にはテラス席で仲間と食事とドリンクを楽しむのもいいですね。フレンドリーな雰囲気が漂うお店で、カジュアルスタイルの食事をお楽しみください。

《Sarnies》
住所:Telok Ayer St, 136, S068601
TEL:65 8284 2146
最寄駅:テロックアヤ駅
営業時間:月火 7:30-22:30
水-金 7:30-24:00
土日 8:30-16:00
Webサイト:https://sarnies.com/Singapore 

シンガライフ的シンガポールのカフェ7
「星乃珈琲店 シンガポール」

日本でもお馴染みの「星乃珈琲」は、シンガポールにて11店舗構えています。(2021年3月時点)
シンガポールの星乃珈琲も日本の店舗と同じく、アンティークな家具がレトロな雰囲気を放っています。ユナイテッドスクエア店には、盆栽が置いてある日本の雰囲気が漂う和テイストな席も。日本の喫茶店の雰囲気をなつかしく思う方にはうれしいですね。

メニューも日本の店舗のものとほぼ変わりません。星乃珈琲自慢のオムライスやスパゲッティーを味わうことができます。星乃珈琲といったらスフレパンケーキ!日本でも大人気のスフレパンケーキはシンガポールでも人気があります。直火焙煎にこだわったコーヒーといっしょに味わってみてはいかがでしょうか。メニューには、おもちゃ付きのキッズセットもあります

家族でまったりした時間をカフェで過ごしたい方や、シンガポールにいながら日本の喫茶店の雰囲気を味わいたいという方は、ぜひシンガポールの星乃珈琲を訪れてみてくださいね!

《星乃珈琲店 シンガポール》
United Square店
住所:101, Thomson Road, United Square # 02-06/07 Singapore 307951 ​
TEL:65 6264 5878
最寄駅:ノベナ駅
営業時間:
月-金 11:00-21:30
土日祝日 9:00-21:30
Webサイト:http://www.hoshinocoffee.com.sg/m/menu6.html 

そのほかの店舗情報はこちらからご覧ください。

「シンガポールで、ドリンクや料理の両方を贅沢に堪能したい」という方は、ぜひ今回ご紹介したカフェ7つに足を運んでみてくださいね!

アバター

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。