シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

創業20年の博多で仕込まれた家庭和食料理【博多日本料理】

博多日本料理

創業から20年間、変わらず美味しい和食とお酒を提供する懐かしい料理の数々

AYE沿い、ウェストエリアにある博多日本料理は、日本の居酒屋メニューや家庭料理を幅広く提供している和食店。刺身、ハンバーグ定食、拉麺、カレーライス、うどん、拉麺などの定食、丼ものに加え、だし巻き卵、ポテサラ、金平ごぼうなど日本人がほっとできるメニューをお値打ちに味わうことができる

焼肉ビーフ炒め ハンバーグ定食

焼肉ビーフ炒め、チキン野菜炒めは、日本の定食屋さんを思い出すような懐かしい味を楽しめ、ハンバーグ定食もボリューミーでお腹が一杯になるのに、飽きのこない素朴な味わいが自慢。この他、日替わりランチ(15〜18ドル)は毎日メニューを替え、レバニラ炒め、メンチカツカレー、生姜焼き定食が人気とのこと。

シェフお勧めの土瓶蒸し

夜は、本格的な和食一品メニューと豊富に揃う日本酒やビールをどうぞ。あん肝、牛のたたき、金平ごぼう、ししゃも磯辺揚げなど、シンガポールでも味わえたらと日本人なら一度は思うようなメニューを揃えてくれていることが嬉しい。シェフお勧めの土瓶蒸し(13ドル)は、魚介の旨味が凝縮された懐石料理店さながらの絶品料理。秋らしいメニューとして、ぜひ味わってほしい一品だ。

なお、アルコール類も豊富で、ビール(麒麟、サッポロ)、日本酒は八海山、久保田、獺祭、焼酎は麦から芋までと揃い50種以上。女性や子どもに嬉しいアイスクリームやパフェといったデザートもあるので、要チェック!
またプライベートルームも3部屋あり、家族やカップル、会社やサークルなど多彩なメンバー、多様な用途で利用してほしい。

博多日本料理

もともと九州のお店で修行し1999年に同店を創業、今に至るまで20年間日本料理を作り続けてきました、と話すシンガポリアンの料理長のスティーブンさん。九州で学び、シンガポールで長きにわたり愛されてきたのは、食材や調味料にこだわっているからだそう。この地で長く親しまれてきた日本の家庭の味を味わってみてはいかがでしょうか。


《 博多日本料理 》

メニュー:焼肉ビーフ炒め13ドル、チキン野菜炒め11ドル、土瓶蒸し13ドル、ハンバーグ定食15ドル
所在地:1 West Coast Drive #01-93/70 NEWEST S128020
時間:11:30〜15:00、18:00〜23:00(金・土の終了時間相談可)
電話:6265-3680
Web : facebook.com/hakata.jap.restaurant/

Natalie
この記事を書いた人
食べる事が大好き。お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨など駐妻らしからぬプチプラを好む傾向に。激辛激甘に目がない駐在4ヵ国目のライター