シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

都会の喧騒から離れ、アートな休日をギルマン・バラックスで過ごしてみたい

ギルマン・バラックス

GILLMAN BARRACKS
Showcasing Cutting Edge Contemporary Art

グーグルオフィスなどがあるアレクサンドラ地区に12のアートギャラリー、5つのレストランとカフェ、その他3つの施設を有するギルマン・バラックスがあります。バラックスは名称の通り、戦時中は英国軍のオフィス・宿舎等に使用されていました。その当時のままの建物を改装し2012年9月に、ギルマン・バラックスとして再生。現在に至っては、インターナショナルなアーティストを含め東南アジアを中心とする芸術家のコンテンポラリーアートが一堂に会するエリアとして知られています。

広々とした敷地の中を散歩するような気分で、ギャラリーを訪ねてみる。そこで、今までに出合ったことのない発見があったり、心がワクワクしたり、人って何だろう?自然て何だろう?と考えさせられるようなアートに出合うかもしれない。今日は、ギルマン・バラックスで、ちょっと違った休日の過ごし方の提案です。

昔のギルマンバラックス

昔のギルマンバラックス The National Archives of Singapore 写真提供: The National Archives of Singapore

現在のギルマンバラックス

現在のギルマンバラックス

案内人のナタリーさん
案内人のナタリーさん
ギルマン・バラックスでは、一般の人々がアートをもっと身近に感じてもらいたいと思っています。アートは投資という見方だけでなく、作品に対しての繋がりを強く感じられることが凄く大切だと思います。

ギャラリーでは積極的にアーティストのトークも行っています。この様な体験を通して、アートへの見方が少しづつ変わっていけば嬉しいですね。各ギャラリーでは、4~6週間で展示が変わっていくので、これだけたくさんのコンテンポラリーアートに出会える場所は、ギルマン・バラックス以外にはなかなかないと思います。

また、若手アーティストの育成にも力を入れていて、ギルマン・バラックスの果たす役割は大きいと思います。休日に気軽にギャラリーを訪れて、美味しいものも食べて、楽しく過ごしてもらいたいです。

ーOTA FINE ARTS

オオタファインアーツでは、グループ展「Post Art Fair」を開催。アートバーゼル香港2020は中止となりましたが、所属作家の力漲る最新作が展示されます。シンガポール作家のグオリャン・タン、ヒルミ・ジョハンディ、また日本作家竹川宣彰、草間彌生、香港からはクリス・ヒュン・シンカン、ロンドンで活動するマリア・ファーラの作品を是非お楽しみください。(石塚氏)

Yayoi Kusama 2017 FLOWERS THAT BLOOM NOW
Yayoi Kusama, FLOWERS THAT BLOOM NOW, 2017, Stainless steel and urethane paint, 104.1 x 261.6 x 100 cm
©Yayoi Kusama, Courtesy of Ota Fine Arts, Shanghai / Singapore / Tokyo

Maria Farrar, Bomb Citron
Maria Farrar, Bomb Citron, 2019, Pastel on paper, 42 x 29.7 cm
© Maria Farrar, Courtesy of Ota Fine Arts, Shanghai / Singapore / Tokyo

Hilmi Johandi, Landscapes and Paradise V
Hilmi Johandi, Landscapes and Paradise V (Poolscapes), 2020, Oil on linen, 170 x 130 cm
©Hilmi Johandi, Courtesy of Ota Fine Arts, Shanghai / Singapore / Tokyo

石塚さん
石塚洋介さん
OTA FINE ARTS プロジェクトマネージャー
<読者へのメッセージ>
緑溢れるギルマン・バラックでは、個性豊かな画廊とナンヤン工科大学コンテンポラリーアートセンター(NTU CCA Singapore)がそれぞれの魅力的な展覧会を企画し、アート好きの皆様をお待ちしております。弊廊では、日本発の画廊という枠にこだわらず、アジア各地の多彩な表現をお届けしたいと日々画策しております。お散歩がてら、ぜひお気軽にお越しいただければ幸いです。

ーMUCCIACCIA GALLERY

ムチャッチャ・ギャラリーは近現代の国際的評価の高いブルーチップ(一流)作家のみを扱うイタリアのリーディング・ギャラリーです。ローマ、ニューヨーク、コルティナ・ダンぺッツオに画廊を構えています。

ムチャッチャ・ギャラリー、ニューヨーク支店のオープニングを飾り、大盛況を博した「草間彌生」展がシンガポール支店においても開催予定です。今や世界中が熱い眼差しを向け、何十万ドル以上の作品が次々と売れている草間彌生のアーティストとしての足跡が垣間見られる1951年から2008年の間に制作された作品28点が展示されます。

「水玉の女王」と評され、草間のシグネチャーでもある水玉や網目のモチーフの作品を含み、珍しい1950年代の紙の小作品群も展示され、違った側面から草間の作品に向き合える展示となっています。(マティッセン氏)
(現在は、デビット・ラシャペル展が開催されています)

Yayoi Kusama, ‘Dress’,
By Yayoi Kusama, ‘Dress’, 1996, 22.7 x 15.8 cm, cloth and acrylic on canvas
Yayoi Kusama’s artwork credit: courtesy of Mucciaccia Gallery

Mushrooms
By Yayoi Kusama, ‘Mushrooms’, 2005, 24.5 x 33.5 cm, acrylic on canvas
Yayoi Kusama’s artwork credit: courtesy of Mucciaccia Gallery

現在展示中のデビット・ラシャペル展より

By David LaChapelle, ‘American Jesus: Hold Me, Carry Me body’, 2009, 232.5 x 183 cm, chromogenic Print, edition ⅓
LaChapelle artwork’s credit: courtesy of Mucciaccia Gallery and David LaChapelle studio

マティッセンひろみさん
マティッセンひろみさん
英国Postgraduate美術史修了MBA
ロンドン・サザビーズに始まり長年アートビジネスに携わる。
ムチャッチャ・ギャラリーシンガポール支店ディレクター
<読者へのメッセージ>
秀逸な作品は常に鑑賞者に問いかけ、そして、それらの出合いは心を豊かにし、インスピレーションを与えてくれます。複雑化、不安定化した現代を上手く生きるためにも、アートを通してアート思考や美意識を磨き、人生やビジネスに生かして頂ければ幸甚です。ギャラリーツアーも行っておりますので気軽にお声をかけて下さい。

ーMIZUMA GALLERY

ミヅマアートギャラリーは、東京をはじめ、北京、そしてシンガポールにおいては、ギルマンバラックス開設当初より画廊を構えています。日本やアジアの若手アーティストの育成や発掘にも力を入れており、コンテンポラリーアートシーンの発展に貢献しています。

as they grow older & wiser
Ang Song Nian
As They Grow Older And Wiser (detail)
2016 – ongoing
archival dye-sublimation on polyester
200 x 250 cm each
© Ang Song Nian, courtesy of the artist and Mizuma Gallery
The Seeds We Sow  私たちが蒔く種

ー4人のシンガポール人アーティストによる展示が4月4日~5月10日まで開催されます

私たちが蒔く種と題し、自然や環境への人間の介入や行動がどのように影響を与えているかを写真やインスタレーション作品を通して考え、人と自然を一つに繋ぐ展示となっています。

MIZUMA GALLERY SHOP
ギャラリーショップでは、ポスター、アクセサリー、フィギュアなど面白い商品が手頃な価格帯で販売されています。

敷地内のおしゃれなグラフィティを見て回るのも楽しい

PLAYEUMでは子ども向けのアクティビティも
詳細はウェブサイトをご覧下さい。

ギャラリーリスト
FOST GALLERY (BLOCK1)
SANDARM TAGORE GALLERY (BLOCK5)
SULLIVAN + STRUMPH (BLOCK5)
CHAN & HORI CONTEMPORARY (BLOCK6)
MUCCIACCIA GALLERY (BLOCK6)
OTA FINE ARTS (BLOCK7)
SHANGHART GALLERY (BLOCK9)
YAVUZ GALLERY (BLOCK9)
MIZUMA GALLERY (BLOCK22)
THE COLUMNS GALLERY (BLOCK22)

NTU CENTRE FOR CONTEMPORARY ART SINGAPORE (BLOCK43)
YEO WORKSHOP (BLOCK47)
RICHARD KOH FINE ART (BLOCK47)
ART OUTREACH (BLOCK47)
PLAYEUM (BLOCK47)

ーレストラン&カフェCREAMIER (BLOCK5A)

ギャラリー巡りの合間の休憩にぴったり。
ラベンダーやシーソルト・グラメラカなど沢山の種類のアイスクリームが楽しめる。
火水木16:00-22:00, 金土12:00-23:00, 日12:00-22:00, 定休日:月

ーHANDLEBAR (BLOCK10)

HANDLEBAR

ロゴのごとくバイク好きが始めた一風変わったレストラン&バー。
火水土日12:00-00:00, 木金12:00-01:00, 定休日:月
その他、洒落たMASONS(BLOCK8) 、フュージョンフードが楽しめる。HOPSCOTCH (BLOCK45)、定評のあるバーガーの BURGER LABO (BLOCK 41)、THE シーフードが存分に楽しめる NAKED FINN (BLOCK 39)もチェックしてみて下さい!

< 基本情報 >
住所: 9 Lock Road, 108937 Singapore
Website: www.GILLMANBARRACKS.COM
FB & Instagram: GILLMANBARRACKS / #GILLMANBARRACKS
アクセス: タクシーで中心地より15分Malan Roadと Lock Roadの2か所の入り口あり。MRTサークルラインのラブラドール駅出口Aから徒歩7分
バス停 アレクサンドラロード沿い15041, 15049, 15051, 15059
入場料: 無料
ギャラリーオープン日時: 火~土11:00-19:00,日 12:00-18:00
NTU CCA Singapore: 火~土12:00-19:00, 日 12:00-21:00
PLAYEUM (CHILDREN CENTRE FOR CREATIVITY): 火~日10:00-18:00
ART OUTREACH: 月~土12:00-18:00
休館日:月曜日と祝日(一部除く)

●Friends of the Museums (FOM)による、無料一般向けガイドツアー
ART & HISTORY TOUR: 毎週土曜日16:00-17:00
HISTORY & HERITAGE TOUR: 毎週土曜日17:00-18:00
ウェブサイトより登録してください。
ミーティングポイントは、ブロック9の外です。

●ボランティアガイド募集中です!
コンテンポラリーアートに興味のある方は、こちらにご連絡ください。
https://www.fom.sg/contentbox.aspx?PID=1003

きりん
この記事を書いた人
長年住み慣れたヨーロッパを離れ2016年アジアデビュー。いろんな発見を読者さんにシェアーしていきます。