シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

【管理職必見】英語で受ける「オンライン・ビジネス・コーチング」Aun Communication

海外ビジネスにおけるコミュニケーションを改善したいと思っている方全てに使って欲しい

「外国人とのビジネスを成功させたい」「自身のコミュニケーション・スキルを向上させたい」「今まで積み上げてきたビジネスをさらに昇華させたい」そんな希望を持ちつつも、具体的にどうアクションを起こせばいいのか悩ましい……そんなとき、心強い相談相手として選んで頂きたいのが、オンライン・ビジネス・コーチングを行っているコンサルティング会社「Aun Communication」です。今回、具体的な業務内容について伺ってきました。


Emily Palmer氏

イギリスとタイのハーフ。ロンドンで生まれ育ち、イギリス政府、NPO、コンサルティング会社(Oil & Gas)、Dell Singapore での勤務経験を経て、Aun Communication を創業。公私にわたる異文化経験を活かしたコーチング、クライアントの強みを活かす交渉戦略の立案、相手を理解しながら会話をリードする柔軟なファシリテーションが強み。
・Imperial College (UK) 卒業
・BPP Law School LLB (UK) 修了
・Nanyang Business School MBA (Singapore) 修了

八木 徹 氏

新卒でサントリーに入社。12年間、営業・企画・マーケティングに従事したのち、シンガポールに移住。出光で2年間、マーケティングの仕事に携わった後、ロンドンに移住。米系大手保険ブローカーで勤務後、Aun Communication を創業。
・慶應義塾大学 卒業
・Nanyang Business School MBA (Singapore) 修了

SingaLife編集部
SingaLife編集部
会社設立の経緯をおしえてください

(八木)「AunCommunication」は、私とパートナーのエミリーが創業した会社ですが、始めた理由はそれぞれ異なっているので、分けてご説明します。

まず、私は5年前までは、海外ビジネスに携わったこともなければ、外国人の知り合いすらおらず、英語を使う機会は学校の授業以外ありませんでした。それが32歳のMBA留学を機に異文化に触れ、英語をビジネスでもプライベートでも使うようになったのですが、当初は非常に苦労しました。英単語を暗記したり、英会話に通ったり、異文化コミュニケーションの本を読み漁ったりしたのですが、実際のビジネスではなかなか成果が出なかったのです。」

SingaLife編集部
SingaLife編集部
その後、どのように対策をされたのでしょうか

(八木)そこで、エミリーに海外ビジネスをするにあたり困っていることや悩んでいることを相談し始めて、色々と意見をもらうようになりました。社外のアドバイザー的な存在になってもらったのですが、それがビジネスパフォーマンスを上げるのに非常に有効でした。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
具体的に、どのような点が効果的でしたか?

(八木)いろいろとありますが、以下の3つが考えられます。

●新たな視点を持てた
公私ともに異文化環境に身を置いてきた彼女のアドバイスは、自分では思いつかない斬新なものでした。自分ひとりで考えていると近視眼的になるし、社内で相談してもやはり自分と同じような意見になりがちなので、彼女の視点は新たな気付きを与えてくれました。

●自分の置かれている状況や考えを客観的に捉えることができた
海外ビジネスでは、今まで経験したことがない想定外の事態が起きやすいので、冷静に判断、意思決定することが難しいと思います。そこでフラットに相談できる第三者がいるのは冷静な判断をくだすために非常に重要だと思いました。

●英語でのコミュニケーション能力が上がった
交渉、プレゼン、部下とのコミュニケーション等、彼女と事前にディスカッションすることが予行演習となり本番でのパフォーマンスが飛躍的に上がりました。ディスカッションを通して、実践的な英語表現も自然と身に着けることができたのも良かったです。

そこで、海外ビジネスに携わる日本人に必要なのは、英会話に行くことでもなければ、ビジネススクールに行くことでもなく、ビジネスコーチングを英語で受けることだと思いました。そこにビジネスチャンスがあって、そのニーズをエミリーの能力と情熱で満たせると思ったことが、私が起業を決めた要因です。

(Emily) 私は、父が英国人、母がタイ人という異文化環境で生まれ育ちました。幼い頃から、異なる文化を持つ人々がどのように話し合い、関わり合うか、非常に関心があり、自然な流れで、これまで異文化の中でキャリアを築いてきました。
前職のDellでは、中国人、台湾人、シンガポール人、アメリカ人から成る100名規模のチームに対して、コミュニケーション円滑化のためのトレーニングを企画・開発・実行したり、アジアのマネジメント層に欧米人とのコミュニケーションの取り方をコーチングしたりしました。

これらの経験から、「文化には優劣はなく、ただ違いがあるだけ」「文化的行動をトレーニングによって変えることは難しい」「より良いコミュニケーターになるには、自身の文化の特徴を活かすこと、自分と相手を知ることが何より重要」ということを学びました。

私が起業した最大の要因は、これらの考え方や知見をシェアすることで、異文化環境にいるビジネスパーソンをサポートしたいと思ったからです。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
「Aun Communication」の強みと特徴は何でしょうか

(八木)大きく分けて3つあると思います。ご紹介させて頂きます。

1 英語と日本語によるハイブリッド型コーチング

(八木)公私ともに異文化経験豊富なエミリーが英語によるコーチングを行い、日系大手で10年以上キャリアを築いてきた私が日本語でフォローアップします。

私たちのコーチングは、二人のバックグランドを融合させたもので、(私はサントリーや出光といった日系大手で働いてきた経験がある一方、エミリーはDellという多国籍企業で働いてきたり、私がFood & Beverage業界にいた一方、彼女はIT & Technology業界の経験があったり、職種でいうと、私は営業&マーケティングで、彼女はコンサルティング、オペレーションだったり)、二人の経験や知見インサイトを掛け合わせることで、フレッシュで革新的な提案を行い、クライアントに新たな視点・視野・視座を提供しております。

(Emily)私たちのハイブリッド型スタイルは、クライアントに多くの利点をもたらすことができると思います。

八木のコメントに私が一つ加えるとすると、私はコーチングを通してクライアントの考えや強みを整理しながら新たな視点を提供する一方で、八木はドメスティックな環境から異文化環境に身を転じてきて、コーチングを受ける立場にいたので、クライアントに寄り添うことができます。

クライアントにとっては、自分と八木の辿ってきた道を関連付け易いと思います。

2 コミュニケーションにフォーカス

(八木)英語での交渉、プレゼン、商談、ピッチ、人材マネジメント、全てにコミュニケーションが絡んでおり、海外ビジネスにおける問題の多くは突き詰めるとコミュニケーションであると言っても過言ではないと思います。

ですので、私たちのサービスはコミュニケーションにフォーカスし、様々なビジネス&マネジメント案件に対してコミュニケーションの観点からアドバイスを行っております。

(Emily) 効果的なコラボレーションを実現するには、円滑なコミュニケーションが欠かせません

また、コミュニケーションはパワーバランスを変える可能性を秘めています。もしあなたが会話を先導していたら、それは相手との関係において、あなたが主導権を握っていることを意味します。

そのため、現在のグローバルビジネスにおいて、コミュニケーションが非常に重要な役割を果たしていると思います。相手と自分の違いを認識し、そのギャップを活かすことが海外ビジネスで成功するために必要なスキルの1つだと思います。

3 クライアントのニーズに個別、柔軟に対応

(八木)私たちのサービスは、一回限りの研修やトレーニングではなく(何かを教えて終わるのではなく)、オンゴーイングで起こるビジネス案件に対して、クライアントそれぞれに対してカスタマイズした提案を行っております。何でも相談できる社外相談役の位置づけです。

(Emily) 私たちのサービスは、コーチングとコンサルティングを組み合わせたものです。それがクライアントに最大の価値を提供できると信じています。

コーチングを通して、クライアントの強みを明らかにし、クライアント自らが解決策を見つけられるようにサポート致します。

コンサルティングは主にコミュニケーション戦略に関するもので、クライアントがビジネス(交渉やピッチ等)で結果を出す支援を行っております。また、私たちはクライアントに対して、ゴール達成のために必要なもののみを提供し、私たちの経験や知見を活かすことで、フレッシュな解決策を提案しております。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
コーチングを受けることのメリットには、どんなことがありますか(英会話だけを勉強してきた人との違いなど)

(八木)先ほど英語でコーチングを受けることで、「新たな視点を持てた」「自分の立場や考え方を客観的に捉えることができた」「英語でのコミュニケーション能力が上がった」と私個人の経験を述べさせて頂きましたが、英会話と比較するにあたり、コミュニケーションを少し掘り下げて考えてみたいと思います。

コミュニケーションは、言葉だけでなく、ジェスチャーや表情などのノンバーバル・コミュニケーション、相手の文化の理解力、自分の感情のコントロール、更に、相手によってコミュニケーション方法を変える必要があったり、非常に複雑です

メラビアンの法則という有名な研究では、人はバーバル・コミュニケーションからは7%しか影響を受けないようです。英会話では純粋な語学力を上げることはができますが、その他の要素がないがしろになりがちです。言葉の背景にある考え方や思いにも影響を及ぼすことができるのが、コーチングを受ける大きなメリットだと思います。

(Emily) 文化は多層的で、文化から受ける影響は人それぞれ異なります。語学を習得することで、文化を学ぶこともできますが、会話を予測することはできません。

文化の違いをフレームワーク化(日本はハイ・コンテクストでアメリカはロー・コンテクスト等)することで学ぶこともできますが、その知識を実際のビジネス現場で活かせるとは限りません。文化は感情とも密接に関係しているため、プレッシャーのかかるビジネスシーンではなおさらそれらの知識を活かすことは難しいでしょう。

そのようなビジネスシーンにおいても、セルフ・マネジメントできるようになることが、私たちのコーチングを受けるメリットの一つだと思います。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
現在、どのような方々がサービスを利用されていますか?(英会話だけを勉強してきた人との違いなど)

私たちはサービスをオンラインで提供(ZoomやSkype等)しているので、クライアントはイギリス、シンガポール、中国、日本と様々な国にいて、駐在している管理職の方、起業家/経営者などです。

駐在員のあるクライアントは、赴任地で日本の時より経営に近いポジションになり、責任・権限が大きくなり、言葉や文化の違いに加えマネジメントにも課題を抱えていました。

私たちのコンサルティングに近いビジネスコーチングを受けることで、「マネジメントの問題に関して自分では考えつかなかったアドバイスをしてくれるので思考が深まった」「実際にアドバイスを実行することで、部下のマネジメントや本社と現法のコミュニケーションの改善に役立った」「社外にいつでも相談できるパートナーがいて心強い、安心感がある」という声を頂いております。

また、ある起業家のクライアントには、海外で事業を拡大するにあたり英語での交渉や、ピッチのサポートをしております。

「はじめは提案資料の翻訳や校正と考えていたが、交渉やピッチに成功するための戦略を一緒に考え、違った視点からアドバイスをくれて、とても役立っている。今では一緒に海外展開を考えるビジネスパートナーです。」というフィードバックを頂戴しております。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
初心者の方にはこんな感じの使い方、ある程度経験がある方にはこんな使い方・・・といったご提案など

海外ビジネスに携わっている/これから携わる管理職の方

コミュニケーション戦略の策定、英語サポート、実行に向けた準備を支援することで、日常のビジネスシーン(交渉、プレゼンテーション、会議運営、1on1ミーティング、部下のマネジメント等)でのパフォーマンスを向上させるお手伝いをさせて頂きます。

海外展開をしている/これから強化していく起業家の方

私たちのビジネス経験やインサイト、グローバルネットワークを活かした戦略コンサルティング・サービスで、更なる海外展開のサポートをさせて頂きます。

多様性のある組織やチーム

チーム内のコミュニケーション円滑化、もしくはチーム外とのコミュニケーション強化を図りたい場合、チームのニーズに応じて、カスタマイズしたチーム内トレーニングやチーム・コーチングを提供しております。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
今後どんな方にサービスを使ってほしいと思われますか?

海外ビジネスにおけるコミュニケーションを改善したいと思っている方すべてに使って欲しいと思っています。

駐在員、国内で海外ビジネスに携わっている方、海外展開したいと考えている起業家、多国籍のメンバーから成るチーム等、グローバルビジネス環境に身を置いていて、その中でコミュニケーション力を向上させたいと考えている個人、チーム、組織に活用してもらいたいです。

SingaLife編集部
SingaLife編集部
読者の方へのメッセージをお願いします

ビジネスコーチングを受けるという概念が日本ではまだまだ薄いと思いますが、欧米を見ると企業のエグゼクティブがコーチングを受けるのは比較的普通で、日本でもこれからどんどん普及してくると思います。

海外ビジネスで成果を上げるということを考えた時に、英会話に通う、ビジネススクールに通う、本を読む、といった選択肢の中の一つとして英語でビジネスコーチングを受けるというオプションも是非考えてみてください。

《SingaLife限定プロモーション》
11月限定!30分無料体験実施中。件名をSingaLife とした上で、以下のEメールアドレスまでお問い合わせください!

Mail:connect@auncommunication.com


【会社概要・お問い合わせ】
Aun Communication
www.auncommunication.com

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。