シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

火山島と珊瑚礁が育む最後の秘境コモド島 新世界7不思議を体験!

Ayana Komodo Resortに泊まるフローレス&コモド島

[インドネシア・ラブアンバジョー]シンガポールからジャカルタ約1時間45分、ジャカルタからラブアンバジョー約2時間30分

フィリピン、バリ島、ソロモン諸島を繋ぐ三角地帯は「コーラルトライアングル」、別名「海のアマゾン」とも呼ばれ、その生物多様性は地球規模の世界遺産として注目を集めています
そんなコモド諸島を冒険するのに最適な5ッ星リゾートが「アヤナ・コモド・ワエチチュ・リゾート」。

アヤナ・コモド・ワエチチュ・リゾート
フローレス島の空の玄関ラブアンバジョー空港から車で15分、ワイチチュビーチに面した全205室。絶景を臨む最上階のロビーや日本食、シーフードレストラン、3つのスイミングプール、キッズクラブも完備しています。

アヤナリゾートでは複数のボートや客船を所有。コモド諸島への1日ボートツアーや数日間の宿泊クルーズも運営している。

ピンクビーチ
コモド諸島の魅力を1日で体験できる日帰りツアーでは砂州だけの島「タカマカサール」や3つの入江を見下ろすパダール島のハイキング、赤珊瑚の欠片でできた世にも珍しい「ピンクビーチ」、リンチャ島では生息数2000頭といわれる幻の恐竜「コモドドラゴン」を見学します。途中、最高の透明度のコモドの珊瑚礁でスノーケリングも楽しめる。

シンガポールからはジャカルタ経由で最短2泊3日でアクセスが可能ですが、知られざるフローレス島の魅力を堪能したい場合は3泊以上がお勧め。バリ島とラブアンバジョー間もフライトが運航しているのでバリ島前後泊を組み込んでも思い出深い旅になりそう。GWから夏休みの旅行は早めに計画を立てたい!

コモドドラゴン
コモドドラゴンはコモド島とリンチャ島の2島で生息しています。

コモド諸島
コモド諸島の珊瑚礁の海と独特の火山島が織りなす景色は移動中の機内から楽しめるでしょう。


企画:Zipan Resort Travel
電話:6535 8002
月-金 09:00-18:00 土 09:00-13:00
写真&情報提供: Ayana Komodo Resort Waecicu Beach

 

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。