未経験でも楽しめる!シンガポールのエビ釣り堀を5つご紹介!

シンガポールは小さい国ながらも、観光スポットやビーチ、公園、おしゃれカフェなど見どころが満載です。でもコロナ禍で海外旅行も行けず、そろそろやる事がなくなってきた・・・と思う人もいるのではないでしょうか。そんなあなたは、この機にエビ釣りに挑戦してみてはいかがですか?


編集部が体験したエビ釣り堀を紹介

Fish@Bugis+(ブギス)

編集部が訪れたのはブギスにある「Fish@Bugis+」。ブギスのショッピングモール「Bugis+」の中にあり、お買い物の合間やちょっとした休憩にも立ち寄れる便利な立地です。店内にはいけすが2つ、店外には金魚が泳ぐ小さな池があります。

こちらが料金表。3時間以上のパッケージは、次回以降に残り時間を繰越できるシステムになっています。

筆者はエビ釣り未経験なうえに、魚釣りすら子どもの頃以来していない超初心者でしたが、店員さんがいくつかコツを教えてくれました。特に重要なのは、エビが掛かったらすぐに釣り上げず、7秒待つことだとか。この日は幸運にも沢山エビが釣れました!

釣ったエビは、持ち帰りかその場でBBQできます。コロナ禍だからなのか、平日でお店が空いていたからなのかは分かりませんが、エビを洗うところから焼き終えるまで全て店員さんがやってくれました。

塩だけの味付けながらも、獲れたてのエビはプリップリで絶品!お気に入りの調味料を持参するのも楽しいかもしれません。

こちらの釣り堀では、特定のタグがついたエビが釣れるとバウチャーや飲み物、時間延長サービスなどを得るチャンスがあったり、ロブスターやカニが放流されるスペシャルタイムがあるなどお楽しみ要素も満載です。

筆者が訪れた時には小さい子ども連れファミリーの姿も。釣ったエビが暴れるので子ども一人で全てこなすのは大変ですが、お父さんお母さんのサポートがあれば十分エビ釣りを楽しめると思います。難しい場合は店外で金魚すくいを楽しむのも良いでしょう。

Fish@Bugis+

住所: 201 Victoria St, #07-05 to 06 Bugis+, S188067
営業時間: 9:00〜6:00
電話番号: 90080201 / 83386530
WEBサイト:https://www.facebook.com/fishatbugis


まだまだある!シンガポールのエビ釣り掘

エビ釣りというと日本ではあまり馴染みのないイメージがありますが、シンガポールでは「Prawning」という言葉で通じてしまうくらい一般的な娯楽の一つとして親しまれています。

そんなエビ釣り掘はプンゴル、ジュロンなどシンガポールのあちこちに点在。値段はどこも1時間20Sドル前後〜で、大きな差はありません。24時間営業しているお店も多く、深夜は若者たちで賑わうのだとか。

ここではシンガポールでオススメのエビ釣り堀を4つ紹介します。ブギスのエビ釣り掘は室内で冷房完備でしたが、その他のお店は基本屋外。しかし屋根付きなので雨や日差しをそこまで気にすることはありませんし、郊外ならではの自然豊かな雰囲気の中でエビ釣りするのも風情があります。

①Hai Bin Punggol(プンゴル)

緑に囲まれた開放感あふれるエビ釣り堀です。飲食エリアがあり、軽食やお酒を楽しみながらエビ釣りを楽しめるのが魅力的。

Hai Bin Punggol

住所: 6 Tebing Ln, #01-04, S828835
営業時間: 24時間営業
電話番号: 64478693
WEBサイト:https://www.haibin.com.sg

②ATC Fishing Village @Jurong Hill(ジュロン)

ジュロンエリアのエビ釣り堀。ジュロンバードパークやサイエンスセンターに遊びに行った際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ATC Fishing Village @Jurong Hill

住所: 241 Jln. Ahmad Ibrahim, S629143
営業時間: 24時間営業
電話番号: 62658268
WEBサイト:https://www.facebook.com/ATCfishingvillage/

③Prawning@Orto(イーシュン)

ORTOは総合レジャー施設です。エビ釣り以外にもゴーカートやトランポリン、ペイントボールなどを楽しむことができ、レストランも充実しています。

Prawning@Orto

住所: #01-09 81 Lorong Chencharu, S769198
営業時間: 24時間営業
Eメール: prawning@orto.sg
WEBサイト:http://orto.sg/activities/prawning-at-orto/

④Fish@AMK(アンモキオ)

こちらのエビ釣り堀は最初に紹介したFish@Bugis+の姉妹店です。高架下にある広々とした釣り堀で、ブギス店とは違った雰囲気を楽しめます。

Fish@AMK

住所: 190 Ang Mo Kio Ave 8, S568046
営業時間: 9:00〜6:00
電話番号: 83386530
WEBサイト:https://www.facebook.com/fishatamk/


※これまで紹介したエビ釣り堀の情報は2021年11月時点のものです。コロナの状況によってはBBQや店内飲食が不可になったり、営業時間に変更がある場合があります。最新の情報については各施設にお問い合わせください。

シンガポールでエビ釣りを楽しもう!

家族や友人、カップル、一人でも楽しめるエビ釣り。思い立った時に手ぶらで行けるのも魅力の一つです。もちろんMy竿やエサを持参して挑むのもOK!シンガポールにいる間のやりたい事リストに是非入れてみてくださいね。




この記事を書いた人

SingaLife編集部