ウルトラマン×シンガポール政府観光局が魅せる、新しい形の観光案内が配信開始!

ウルトラマンがシンガポールを守るために立ち上がった!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで、ジュエル・チャンギエアポートで、セントーサで戦うウルトラマン!そして最終決戦の地はマリーナベイ。毎週火曜に新しいウルトラマンに出会えます。

「日本・シンガポール外交関係樹立55周年(SJ55)記念事業 ~ ふたたび旅へ。シンガポール」として2021年度を通したキャンペーンを行っている、STBシンガポール政府観光局。

最初に公開されたマーライオンパークに立つウルトラマンのポスターは、インパクト大でウルトラマンファンの気持ちを熱くしました。あのポスターでシンガポールに行きたいなと思った方も多いはず。

そして12月7日から満を持して公開されたのが、ウルトラマンとマーライオンとのコラボの続く、オリジナルビデオです!




ウルトラマンがシンガポールを守る

「ウルトラマン – シンガポールの新たな力 – 」をテーマにSTBの公式SNSで配信が始まりました!

第一弾はガーデンズ・バイ・ザ・ベイでレッドキングと戦います。いわば怪獣は現在のコロナウイルスを象徴し、それを倒すウルトラマンは、大変な状況は終わり、また新しい未来が開けるという象徴です。長く日本を怪獣の危機から救ってきたウルトラマンは、必ずコロナのパンデミックから日本を、シンガポールを、そして世界を救ってくれることでしょう。

制作は『ウルトラマンZ』(2020)や『ウルトラマンオーブ』(2015)の田口清隆氏が監督した、超本格派です。

ラストには、シンガポールの観光スポットも紹介しています。新しい形の観光案内で、これからも導入してほしいスタイルです。

明るい未来のために闘うウルトラマン。これから毎週火曜日に新しいエピソードが登場します。どうぞお楽しみに!


怪獣は三体!

エピソード1はレッドキング。ウルトラマンシリーズの怪獣の中でも人気の怪獣。赤い血を好むという性格からレッドキングと名付けられました。彼が現れたのはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。ガーデンサウスにある、スーパーツリーグローブ、OCBCスカイウェイのところで暴れ回ります。

エピソード2はネロンガ。映画「シン・ウルトラマン」にも出演する、透明怪獣です。果たしてウルトラマンは角の電撃をどうかわすのか、楽しみです。

ちなみに「シン・ウルトラマン」でのウルトラマン役は斎藤工さん。STBの観光大使としても活躍していました。今回のビデオにも出てほしかったですね、残念!

エピソード3は、ドリルを駆使し、暴れ回るグビラです。ちょっとシャチににている怪獣。そしてオリジナルの怪獣も登場します!ポスターをじっくり見ると、きっとお分かりになるはず。楽しみです!


シンガポールは観光の宝箱

未だ進化中のシンガポール。海外からの観光客のみならず、シンガポール在住の人たちも楽しめる、新しいイベントやアトラクションも続々登場予定です

シンガライフでも新着情報をどんどんアップしていきますのでお楽しみに


ウルトラマンとのコラボは続きます!

ビデオ以外にも新しいコラボは2022年末まで続くそう。どんなコラボが見られるかワクワクですね。

やはりここは「シン・ウルトラマン」のシンガポール公開&公開記念イベント(レッドカーペット!?)などを期待したいですね。斎藤工さん、長澤まさみさん、有岡大貴さんや西島秀俊さんとか、勢揃いで来ていただきたい!現在公開は未定です。2022年中なら可能性はありますよね。期待しています!

「ウルトラマン – シンガポールの新たな力- 」
 エピソード1/Episode1 – Visit Singapore​:YouTube
 エピソード2:2021年12月14日(予定)
 エピソード・ファイナル:2021年12月21日(予定)
 
STB シンガポール政府観光局
 ウェブ
 公式 FaceBook
 公式YouTube

次々と新しいキャンペーンを見せてくれるSTB、シンガポール政府観光局。シンガポール発信のキャンペーンを目にして、シンガポールを訪れるのが待ちきれない、という方も多いはず。

はず。これからも開発は続き、新しい観光スポットも増えそうです。もちろんシンガライフも最新情報をお届けしますのでお楽しみに!

画像提供: ©️Singapore Tourism Board




この記事を書いた人

林じゅん子

長崎県出身。バブル期の東京で浮かれて過ごし、そのままシンガポールへ。気がつけば20数年!香港映画がきっかけでアジア芸能にはまり、シンガポール初日本人芸能記者(自称)に。ラジオ、雑誌ともに芸能一筋、出会った芸能人は数知れず。 現在はエンタメ以外の3大好物、イケメン、おいしいもの、アニマルネタ目を光らせる。期間限定&新製品にも目がない、ローカルどっぷりジャパニーズ