ユニクロ、シンガポール北東部アンモキオに地域密着型の独立店舗開業

※写真はイメージです

日系カジュアル衣料品チェーン「ユニクロ」は3月25日、島内北東部のアンモキオに地域密着型の独立店舗『Uniqlo 51@AMK』を開業した。

この日開催されたオープニングセレモニーでは和太鼓の演奏が行われ、記念品が配られた。

持続可能かつ開かれた(店)となるように設計された「Uniqlo 51@AMK」は、援助が必要な買い物客をサポートする取り組み「ユニクロ・アクセス(Uniqlo Access)」が導入されたユニクロ初の店舗だ。

一例を挙げると、店内には車いすで使える試着室が設けられており、一時間単位でオンライン予約可能なのに加え、必要なものをリクエストすることもできるという。

さらに、ユニクロの商品をより長く愛用してもらえるよう、アジア圏で初めて、店舗に専門チームを配属し、修繕サービス「Re.Uniqlo」を提供する。

本サービスは毎週土曜日に利用でき、料金は一着5Sドルからとのことだ。



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!