シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

シンガポールで、新型コロナの抗体もつ赤ちゃん誕生 ヨーロッパ旅行で感染の母親から

シンガポールでドラマチックな出産がありました。妊娠中に新型コロナウイルスに感染した31歳のセリーヌ・ング・チャンさんが11月、第2子を出産しました。生まれてきた男の子アルドリンちゃんは、コロナに感染していないだけでなく、コロナへの抗体を持っていました

シンガポールではこれまで、妊娠中にコロナに感染した女性の出産例は多くはありません。

セリーヌさんは「とても不思議です。担当医は私のコロナ抗体は消えたがアルドルンにはあると言っていました。私のコロナ抗体が妊娠中に息子にうつったのではないかということでした」。

アルドリンちゃんは11月7日、約3500グラムで生まれ、2歳の姉によく似ているそうです。セリーヌさんは弟が3人いることなどから男の子の赤ちゃんがほしいと望んでおり、それが叶った形です。

セリーヌさんは3月に家族でヨーロッパ旅行に行き、シンガポール帰国後に自身と母親、娘の新型コロナの感染が発覚。夫と父親は陰性で、特に母親は重症で、命の危険もあったといいます。セリーヌさんと長女のアルドリーナちゃんの症状は軽く、2週間半ほどで退院になりました。

コロナウイルスへの感染が判明したとき、セリーヌさんは妊娠10週でした。シンガポール国内で妊娠中にコロナに感染した母親の出産がどれだけあるかはあまりわかっていません。

専門家によると、妊娠や出産による母から子へのコロナウイルスの感染はほとんどないといいます。これまでの例では、新生児がコロナに感染するかどうかは、出産の方法や、母乳かミルクか、分娩後に母子が同室に滞在したかなどとは関係がないようです。

シンガポール国立大学病院の担当者はコロナから回復した女性の出産は、医師のチームによって詳しく調べられているといいます。

一般的には、妊娠中にコロナに感染していたとしても、完全に回復し検査で陰性となった母親から生まれた赤ちゃんが、無症状である場合は、新型コロナの検査は必須ではありません。これまでに母体および臍帯血についてPCR検査を行った母子は全員陰性だったといいます。

「妊娠初期にコロナに感染したにも関わらず、私の妊娠・出産の経過はスムーズでした。妊娠初期が一番不安でした。アルドリンが健康に生まれてきてくれて、本当に嬉しいです」。新しい家族を迎え、セリーヌさんは喜びを語ります。「私にとってのコロナとの闘いが終わって、ほっとしています。」

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。