シンガポールニュース

Top News

日系企業News

Bisnis 2
アジアソフト・ソリューションズと資本提携

マレーシアのNews

Malaysia-news2
KLで「ジャパンストア」10月に開業
Malaysia-news2

KLで「ジャパンストア」10月に開業

三越伊勢丹ホールディングスは22日、海外需要開拓支援機構「クールジャパン機構」と共同でクアラルンプール(KL)で開業する、精選した日本の商品だけを扱うスペシャリティ店「イセタン・ザ・ジャパン・ストアKL」の記者発表会を開催した。 10月27日にオープンする(4階レストランフロアは2017年1月オープン予定)。投資額は7000万リンギ。日本の選りすぐりの商品だけを全館で扱う大型店舗としては世界で初めてだという。東南アジア諸国連合(ASEAN)や中東からの観光客が多いKLから世界に向けて日本を発信する。 三越伊勢丹が所有するブキビンタン地区の「ロット10店」を改装。イセタン・オブ・ジャパンとクールジャパン機構が51対49の割合で出資するICJデパートメント・ストア(マレーシア)が運営する。 店舗面積は1万1000平方メートル。丹下都市建設設計とGLAMOROUSが環境コンセプトの設計デザインを担当する。
post in マレーシアのニュース
Jakarta 6

ハローキティラン、インドネシアで初開催!

「トキオ・ゲッツ」(東京都)は15日、支社である「PT. TG Rights Studio Jakarta」と、11月6日にジャカルタ南西部に立地するイオンモールBSD CITYでインドネシア初開催となる人気マラソンイベント「ハローキティラン インドネシア2016」を開催すると発表した。 最大5000人の参加者を想定。イベントテーマは「HAPPY LUCKY TOGETHER」で、四つ葉のクローバーがモチーフ。当日は沢山のハローキティで彩られた5キロメートルのコースを楽しみながら走ることができ、完走者には大会限定のメダルをプレゼント。 また会場にはハローキティも駆けつけるほか、フォトコーナーやハローキティにちなんだブースなどさまざまなアクティビティが用意されており、子どもから大人まで楽しめるイベントとなっている。エントリー受付は8月22日から開始している。
post in インドネシアのニュース
Coffee 2

飲みきりサイズのペットボトルコーヒー飲料を発売

「アサヒグループホールディングス」(東京都)は1日、シンガポール子会社である「アサヒグループホールディングスサウスイーストアジア」(AGHSEA)とインドネシア大手財閥サリムグループ傘下の「インドフードCBP」(ICBP)によるインドネシアの清涼飲料事業合弁会社である「PT Indofood Asahi Sukses Beverage」(IASB)が、インドネシア人の嗜好にあわせて開発したペットボトルコーヒー飲料「Caféla eXpresso(カフェラ エクスプレッソ)」を9 月上旬からインドネシア全域に向けて出荷すると発表した。 ンドネシア人の好むスマトラ産ロブスタ種コーヒー豆でつくるエスプレッソコーヒーに、ミルクを加えたミルクコーヒー飲料。良質なコーヒー豆が醸し出す味わい深い苦みと、ミルクの甘みが合わさったコク深い味わいが特長で、ターゲットは20~30代前半の男性とのこと。
post in インドネシアのニュース
Singalife-news5

タンジュンプリオク港で新コンテナターミナル開業式典を開催

「三井物産」(東京都)は15日、「インドネシア港湾公社」(IPC)、シンガポールの「ピーエスエー」、「日本郵船」(東京都)と共同で出資参画し、2016年8月18日に操業開始したジャカルタのタンジュンプリオク港新コンテナターミナルの開業式典が9月13日に開催されたと発表した。 新コンテナターミナルは、年間取扱容量約150万TEU(20フィートコンテナ換算)、岸壁全長850メートル、喫水16メートルと、最新鋭の大型コンテナ船にも対応可能な大型ターミナルとなっている。 式典には、インドネシア側からジョコ・ウィドド大統領、海事担当調整大臣、政治担当調整大臣、運輸大臣、財務大臣、海洋・水産大臣、国家開発企画庁長官、ジャカルタ州副知事、その他多数の政府関係者が出席。日本側からは、在インドネシア大使が出席したほか、船社、荷主、現地メディアなど600人超の来賓が出席する盛大な式典となった。
post in インドネシアのニュース
Bisnis 5

ネガティブ投資リストを緩和へ=BKPM

インドネシア投資調整庁(BKPM)のトマス・レンボン長官はこのほど、関係省庁との交渉の上、外資の投資を制限するネガティブ投資リストを緩和するとの方針を明らかにした。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が15日付で報じた。 レンボン長官は「ジョコ・ウィドド大統領はネガティブ投資リストの見直しを約束している。ただし、どの分野が見直されるのかは、ほかの関係省庁と協議する必要がある」と説明した。 インドネシアではこれまでに、米国商工会議所の報告書で、米国企業はインドネシア政府によるネガティブ投資リストの緩和を求めていることが示されている。
post in インドネシアのニュース
Malaysia-news5

エアアジア、KL~ルアンパバーン便を11月に就航

格安航空のエアアジアは11月21日からラオスの古都ルアンパバンへの直行便を就航する。週4便となる予定で、ラオスでは首都ビエンチャンに次ぐ就航都市となる。航空券の予約はすでに始まった。 ルアンパバーンは14世紀から600年にわたり王都として栄え、美しい街並みが世界遺産にも指定されている。 長距離のエアアジアXはまた、来年にもトルコの首都イスタンブールへの路線も就航させるほか、2018年末にはロンドン便も再開させる。ロンドンは7つある空港のうちの一つガトウィック空港になる予定だ。
post in マレーシアのニュース
Jakarta 7

バリ沖でフェリーが爆発 2人死亡19人負傷

バリ島東端のカランガスム県のパダンバイの港から出航したばかりのフェリーで15日、爆発事故があり、乗船していた外国人2人が死亡した。16日のインドネシア英字紙ジャカルタポストが1面で伝えた。 西ヌサトゥンガラ州の3つの島に向けて午前9時半頃に出航した同船はわずか5分後に爆発を起こし、乗船していた外国人29人のうちの2人が死亡、19人が負傷した。警察はテロの可能性を否定し、単なる事故だったとの見解を示し、燃料タンクから漏れ出た燃料に電気回路のショートによって引火したものと説明しているが、正確な爆発の原因については調査中と述べている。この事故で船長と3人の船員が取調べを受けている。 ロンボクを中心とする西ヌサトゥンガラのリゾートは近年人気急上昇中で、昨年3月に比べて今年3月は22.52%増の7300人の外国人観光客が訪れており、1月から3月までに1万8千人が訪問している。
post in インドネシアのニュース
Medis 4

250キロの巨漢男、5トントラックで病院へ

サラワク州シブで21日朝、250キロの男性(33)が腰の痛みを訴え、家族が消火救助局に助けを求めた。 男性は数日前まで1人で歩けたが、突然腰痛になり、放尿もできなくなったという。救急隊員が到着したときは足も膨れ上がっていた。 体重が重く、通常の担架では運べないため、駆けつけた救急隊員7人はベニヤ板で急ごしらえの担架を作成。床に横になっている男性の体の下にベッドシーツを通し、担架をゆっくりと差し込んだ。通常の救急車でも運べないことから、20人で30分以上かけて5トントラックに乗せて病院に搬送した。到着した病院でもトラックから院内に運び込むまで10分以上を要したという。
post in マレーシアのニュース
Singalife-news12

エアアジア、シンガポールに子会社を設立

格安航空のエアアジアはこのほど、シンガポールに子会社を設立したことがわかった。19日付の『スター』が報じた。会社名は「エアアジア社」で、資本金は100万シンガポールドル。業務内容は主にマネージメント業務や関連省庁やサプライヤーなどとの調整といった航空関連事業全般を行うという。 新会社の取締役にはトニー・フェルナンデス氏(現エアアジアグループCEO)やカマルディン・メラヌン(現エアアジア会長)らが就任した。
post in シンガポールの社会経済ニュース マレーシアのニュース
Malaysia-news3

発見された残骸物、消息不明機のものと判明

リアウ運輸相は16日、タンザニアで見つかった残骸物が2014年3月に消息を絶ったMH370の機体の一部であったことを確認したと発表した。  確認されたのは、翼の一部で連番と製造年月日がMH370のと一致した。この残骸物は今年6月末にインド要に浮かぶタンザニアのペンバ島で発見されていた。発見後に豪州に送られ、そこで確認作業が行われていた。 同相によると、これまでタンザニアのほかにアフリカ沖合で22個の残骸物が発見。上記も含め2つが同機のものと判明した。またほかにも残骸物4個も同機のものの可能性が高いという。そのほかは番号などがなく、判定するのは難しいとしている。 MH370の捜索はすでに残りの面積1万平方キロメートルになり、年末には終了する。この捜索で発見されなければ、捜索は一時中断することをマレーシアは中国と豪州の各政府と合意している。
post in マレーシアのニュース