シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

世界で初めてのApple Storeがシンガポールにオープンへ!ベイサンズの足下のマリーナに浮く構造

水に浮かぶapple

シンガポールに世界で初めてとなる、水上のApple Storeが年内にもオープンします。シンガポールで3店舗目となるこの店舗の特徴は、シンガポールのランドマーク、マリーナベイサンズの麓のマリーナ(湾)に浮く構造となるようです。

Apple社は開店日をまだ明かにしていませんが、コメントを発表しています

間も無く、世界初の水に浮く アップルストアが開店します。アップルストア マリーナベイサンズ店はシンガポールの最も有名なロケーションに開店し、皆様にとって最高な場所になるでしょう!

創造性の核心そしてアイデアや情熱を取り込むために作った場所です。あの球体は、皆様が探索し、つながり、新しいものを生み出すところとなります。皆様に会えることを楽しみにしています!」

Apple社は2017年にシンガポール随一の繁華街・オーチャードに最初のアップルストアを開店し、2019年7月に2店舗目として、チャンギ空港に開店しました。昨年、アップル社の最高責任者Tim Cook氏がシンガポールを訪れた際に、オーチャード店は混雑しているので3店舗目を開店する可能性を示唆していました。

8月上旬には、アップル社は新型コロナ禍の在宅ワーク需要の増大などにより、市場価値が2兆USドル(2.74兆シンガポールドル)に達した史上初の米国上場企業となったばかりです。

Apple社の勢いは増すばかり!オープンが待ち遠しいですね。
すでにライトアップは始まっており、マリーナベイサンズ、マーライオンと併せて、シンガポールの新しいアイコンとなりそうです。

フィントリリス彩花
この記事を書いた人
東京生まれ・東京育ち。ツアコン、山ガイド、米国ディズニー、ニューヨーク勤務を経て、結婚、出産し、シンガポールへ移住。 現在は2児の母。 人と話すこと、書くことを生きがいとしており、私の文章を通して皆様の世界が広がりましたら本望です。