シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

平日ランチや接待にもぴったり♬ 厳選された神戸牛や近江牛などハイクオリティの和牛を堪能できちゃうお店【MAGOSABURO】

こんにちは、ライターのRです。

今回は“肉食”派に嬉しい焼肉店のご紹介。

“肉食”の筆者は美味しい焼肉屋には相当行きましたが、とにかく美味しい肉をゆっくりくつろぎながら楽しみたい時に行きたいのは、「MAGOSABURO」

同店で扱うのは厳選された神戸牛近江牛などハイクオリティの和牛。サーロイン、テンダーロイン、三角バラ、ザブトンなどの様々な部位を、好みにあわせて選べちゃうのが嬉しい。「選べな~い」という方は、お勧めをシェフに聞くのもOK。様々な部位を新鮮な状態で頂けるのは肉好きには嬉しい限り。

しゃぶしゃぶも良いけど、一押しはBBQ(焼肉)コース!

今回頂いたのは3人用のコース:サーロインのパートのステーキ160g ロインパートをスライスしたもの100g、お任せ3つの部位のシェフセレクションをそれぞれ50g

肉を知り尽くしたスタッフが焼いてくれます。

じゅわーッと香り立つ肉の香りだけで、食べる前からテンションアップ!

「本当に美味しい肉は素材を味わうため、塩で頂く」ということで、軽く塩をつけてパクリとほおばると、まずはその柔らかさに感動。溢れる肉汁肉の旨味が口中に広がり、続いて肉のジューシーさや甘味が押し寄せ、幸福度はマックスへ。

続いてステーキ。どーんとこんな感じ↓

こちらもスタッフが焼いてくれます。

こちらもジューシープリプリプルンとした肉の弾力と歯ごたえを楽しめる魅惑の一枚。結構ボリューミーだけど、あっという間に完食しちゃう美味しさです。

同店は肉もさることながら、シーフードやお寿司もお勧め

ロブスターに味噌、明太子マヨ和えを乗せて焼いた一品。甘目の自家製味噌も美味だけど、個人的には明太子マヨにはまりました。ぷりっとした海老と濃厚な明太子風味は酒好きにはたまらない。お酒と高相性の危険な一品です(笑)

そして、お寿司も充実しています。

この日は、シェフが本日お勧めのマグロとサーモンをチョイス。
新鮮で美味しいお寿司は何個も食べられてしまう美味しさ。

茶わん蒸しもユニークで、レギュラータイプをはじめ、ウニ、いくら、トリュフのせなど豪華食材を乗せたオリジナルタイプが充実。

特にトリュフと塩昆布をのせたものはトリュフの濃厚さと塩昆布のアッサリ感がマッチして絶妙。 茶碗蒸しってこういうアレンジもあるんだなあとと感動もの。。 

極めつけはこちら。

日頃炭水化物をなるべく摂らない筆者もこの魅力には抗えませんでした。
シェフ特性ビーフカレー! 日本産コシヒカリを使い、秘伝のスパイスと共にトロトロに煮込んだカレーの中にとけこむ柔らかなビーフ。美味しくないわけがない。

お酒の品ぞろえも豊富で、日本酒は、久保田、水芭蕉、鍋島などをはじめ約10種類。ワインはフランス産を中心に30種類。もちろん、シャトーラトゥールなども完備。

メニューは2週間に一度のペースで変わるので、常にその時のお勧めを頂けるワクワク感も楽しめます。

個室(9人まで利用可能)も2部屋を完備しているので、周囲を気にせず、仲間同士でワイワイ盛り上がれます。コモンスペースもゆったりしているので、くつろいで食事を楽しめます。店内はモダンな内装で、平日ランチや接待にもぴったりなので、自信を持って紹介もできる、肉好き、お酒好きは絶対外せないお店。


MAGOSABURO
Address: 391, #05 – 31 Orchard Rd, 238872
TEL: 6634 1411


アバター
この記事を書いた人
シンガポール在住8年目。ワインと美食をこよなく愛し、日々ワインを楽しむ一方、筋トレも欠かさず行う。“ワインと美活“のスペシャリスト