海外在住でも受験できる山脇学園のオンラインの入試。I期出願締め切りは8月17日!

新型コロナウイルスの影響で、日本に帰国することが難しい受験生に朗報です。
東京・赤坂にある山脇学園中学校が、オンラインで完結する帰国生向けのウェブ入試を8月と10月に実施します。

書類と課題の提出だけで合否判定

出願期間中に、必要な書類と与えられる課題を提出するだけで、合否が判定されます。書類や課題の詳しい内容は、山脇学園の帰国Web入試特設サイトからご覧ください。

特設サイトはこちら

出願期間:8月1日(日)〜 8月17日(火)24時
※出願日によって試験日程が変更します。詳細は下記リンクよりご確認下さい。

ウェブ入試の募集要項はこちらから
2022年度山脇学園中学校(帰国Web入試募集要項)

帰国Web入試特設サイトはこちら

受験資格は英検準二級以上

帰国生を対象としたウェブ入試の受験資格は、英検準二級相当以上の英語力となっています。
もちろん、他校との併願もできます。国内からの受験も可能です。合格した場合には合格通知を受け取ってから数日以内に入学申込金として5万円を納入。入学するのに必要な残りの支払いは、12月6日(月)までに納付(I期・Ⅱ期とも)なので、金銭的な負担も軽減されます。

2020年8月・10月実施の帰国Web入試には合計76人が受験

山脇学園では、コロナ禍の昨年から帰国Web入試を実施。I期・Ⅱ期合わせて合計78名の帰国生が受験、60名が合格されています。

受験者の国別では、

シンガポール6人
アメリカ5人
イギリス2人

その他に、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、韓国、タイ、マレーシアなどから受験をしています。日本国内からでも受験可能です。

英語を伸ばせる山脇学園

山脇学園には、英語を日常的に使っていた帰国生でも、英語力を維持してさらに伸ばしていける環境が整っています。

最大のポイントは、4つの習熟度別授業です。帰国生は英語既習生クラスに編成し、自分の英語力に合わせて、グレード別授業に参加します。

また、校内にある施設「イングリッシュアイランド」は、ホテルやニューススタンド、フラワーショップなどイギリスを模した街並みが作られています。一歩足を踏み入れれば「使える言語は英語だけ」がルールで、施設内ではイングリッシュアイランドに常駐する7名のネイティブの先生といつでも英語で会話することができます。ここで行われる授業として、「イングリッシュアイランドステイ」があります。

山脇学園ではコロナ禍の続く今年も、帰国生向けのウェブ入試を実施します。海外に住んでいても、書類と課題の提出だけで受験ができるこの機会をぜひ生かしましょう。


<山脇学園中学校>
住所:〒107-8371 東京都港区赤坂4-10-36
電話:03-3585-3911
Web:https://www.yamawaki.ed.jp/



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!