2017年ウッドランズ殺人事件:妊娠中の妻と4歳の娘を殺害したとして死刑判決

11月12日、3年前にウッドランズフラットで妊娠中の妻と4歳の娘を殺害した男が死刑判決を言い渡されました。裁判官はそれを「家族の崩壊による悲劇的な事件」と呼びました。

テオ・ギム・ヘン被告(45歳)は、事件当日、39歳の妻と金について口論し、娘の前で役に立たない夫と侮辱されたことに腹を立てタオルで絞め殺しました。

妻を殺した後、テオ被告は娘と自分自身を殺して「家族で再会する」ことを決心し、娘を殺害彼はその後何度も自殺を試みましたが失敗し、2017年の旧正月の初日に、義理の兄弟によって発見されました。

テオ被告はそれまで月に約2万シンガポールドルを稼ぐトップの不動産業者でしたが、経営環境の変化で財政難に直面。その後、リフォーム会社の従業員として働いていたものの、膨れ上がったギャンブルの借金やクレジットカードの支払い、娘の学費の支払いが滞るなど資金繰りに苦しんでいたということです。

夫婦間では金の問題で頻繁に喧嘩が起こり、テオ被告は2014年10月に、妻が自宅の寝室で別の男性といるのを目撃、次第に娘が自分の実の娘ではないと疑うようになりました。

また、共働きすることや、娘をより安価な学校へ移すことについて意見が対立していたということです。

弁護人は、テオ被告がうつ病性障害に苦しんでおり、妻からひどい挑発を受けたことが原因であるとして、死刑以外の殺人罪での有罪判決を裁判所に求めました。

しかし検察側は、殺害後のテオの行動を強調し、警察と精神科医に限定責任能力として弁護を得るため嘘をついたと主張しました。判決後、胎児を死に至らしめたというテオに対する3回目の告発は取り下げられました。

弁護側は、今回の死刑判決に対して上訴する予定とのことです。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!