脂肪吸引の失敗で患者死亡、医師に対し約560万シンガポールドルの損害賠償支払い判決

11月26日、シンガポールの高等裁判所は7年前に脂肪吸引に失敗し女性患者を死亡させたとし、医師に対し約560万シンガポールドルの損害賠償を命じる判決を下しました

判決によると、2013年5月、患者のマンディ・ヨン・ソク・ムンさん(44)は、以前医師のエドワード・フー・チー・ブーン氏が行った手術を含む2回の脂肪吸引の後、太ももの不均一な見た目に不満を持っていたため、再手術のカウンセリングを受けました

フー氏はこれを修正するため、さらなる脂肪吸引と腹部から太ももへの脂肪移植手術をすすめ、2013年6月28日に3度目の手術が行われました。

クリニックの記録によると、術後間もなくヨンさんの血中酸素濃度は緊急レベルにまで低下。その後、シンガポール総合病院(SGH)に運ばれ、肺脂肪塞栓症による死亡が確認されました。これは、脂肪組織の一部が血管に詰まり、肺循環を妨げることで発症

裁判官は、フー氏がヨンさんの太ももの血流に脂肪分子を直接注入する際、誤って血管に穴を空けた可能性が高く、そのために脂肪塞栓症が発生したと判断。また血中酸素濃度が緊急レベルに下がった後すぐに救急車を呼ばなかったとし、手術自体と術後管理の両方において過失があったと述べました。ヨンさんの死亡当時、夫と2人の息子、また高齢の両親が残されていました。

損害賠償請求を決定するにあたり、裁判官は、ヨンさんがロシュ・ダイアグノスティックス・アジア・パシフィックの地域マーケティング開発責任者であり、そこで20年近く働いていたと述べ、家族が相続したと予想される遺産の喪失に対して約380万シンガポールドルの損害賠償、また扶養家族の要求に対して約170万シンガポールドルの損害賠償を命じました

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!