シンガポールでステイケーションするならこのホテルで決まり!ファミリーからおひとり様まで、おすすめ12選を一挙ご紹介

シンガポールでは2022年4月、ワクチン接種完了を条件に日本からの入国制限措置が大幅に緩和されました。外国人観光客も増えて賑わいを見せるシンガポールは、以前の観光大国の姿を取り戻しつつあります。コロナ禍で長らく海外旅行を控えていた方々も、少しずつ旅の計画を始めていることでしょう。

しかしまだ新型コロナウイルスへの不安を完全になくすのは難しい状況です。そんな今、シンガポール国内で気分をリフレッシュすることができる「ステイケーション」がおすすめです。

ホテルに宿泊して、ラグジュアリーなお部屋やスパ、プールを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?今回の記事では、ステイケーションにおすすめのホテルをご紹介します。

※料金は各ホテルの公式サイトの記載を基にした1泊あたり(大人1名)の値段で、税およびサービス料金は別。2022年10月時点の編集部調べとなります。詳しくは公式サイトをご確認ください。


ステイケーションおすすめホテル

その1:Capella Singapore(セントーサ島)

世界最高のラグジュアリーホテルの一つ「カペラ シンガポール」は、シンガポールのセントーサ島に2009年に誕生したホテル。2018年の米朝首脳会談が行われたホテルとしても有名です。

カペラホテルはセントーサ島の中でも緑豊かで静かなエリアに位置し、ジャングルの緑に映える白亜の建物が印象的。大都会シンガポールにいることを忘れさせるような、リラックスできる癒しの空間を堪能できます。

広い館内ではホテル施設内で十分に楽しむことが可能。プールやラウンジではゆったりとした気持ちで過ごせます。

さらに、ヨガクラス、タピオカミルクティーづくり、クラフト製作のワークショップなど、ホテル内でできるアクティビティが充実しているのも嬉しいポイントです◎(開催アクティビティは時期によって変わります)

筆者が実際に制作したプラナカン風ペイント。

夕食はホテル内にある中華レストラン「CASSIA」で、優雅な気分に浸りながら上質な点心を。

チェックインからチェックアウトまでホテル内で過ごすだけでも十分楽しむことができるカペラホテル。憧れホテルでのステイケーションを満喫してみませんか?

Capella Singapore(カペラ・シンガポール)

料金:S$1050〜
住所:1 The Knolls Sentosa Island, S098297
メール:gr.singapore@capellahotels.com
電話番号:6377 8888
WEBサイト

 

その2:Marina Bay Sands(マリーナベイ)

シンガポールのアイコンとも言える「マリーナベイサンズ」。シンガポールに住むからには一度はあのインフィニティプールに入ってみたい!という方も多いのではないでしょうか。

シティビューのお部屋の様子。広々としたお部屋からは、マリーナベイとオフィスビルが立ち並ぶシティの様子が一望できます。

1泊2日で宿泊した筆者はチェックイン日の夜とチェックアウト前の朝の時間に予約。夜の顔と昼の顔、全く違う表情を見せるインフィニティプールを堪能できるのでおすすめです!

朝食はホテル1階ロビーにある自然光溢れるレストラン「RISE」屋上にある開放感抜群のレストラン「Spago Bar & Lounge」から選ぶことができます。(クラブルームやスイートに宿泊の方はラウンジ「Club55」も利用可能)

筆者は屋上のレストラン「Spago Bar & Lounge」で朝食を取ることにしました。朝一番に浴びるマリーナベイサンズ屋上の風はたいへん気持ちよく、メニューも西洋風および中華、インドカレーまで多国籍なシンガポールを満喫できるラインナップです。

直接予約限定で、最低価格保証または無料の客室アップグレードなどのお得な特典のあるマリーナベイサンズホテル。この機会にぜひチェックしてみてください!

Marina Bay Sands(マリーナ・ベイサンズ)

料金:S$659〜
住所:10 Bayfront Ave, S018956
WEBサイト
 
●ご予約
電話番号:6688-8888
メール:room.reservations@marinabaysands.com
●ホテルに関するご質問
電話番号:6688 8868
メール:inquiries@marinabaysands.com



その3:Conrad Centennial Singapore(マリーナベイ)

マリーナベイ近くのショッピングモール街近くに位置する、ヒルトングループのホテル「コンラッド センテニアル シンガポール」。窓からは美しいシンガポールの景色が一望できます。

ゆったりと広いお部屋!というわけではありませんが、コンパクトながらも落ち着ける雰囲気で、フルーツやチョコレートなどのおもてなしが嬉しいホテルです。

サンテックシティやミレニアウォークなど、日本人に人気のショッピングモールのすぐそばにあるというアクセスの良さも魅力です◎この立地と価格は、シンガポールでも随一のコストパフォーマンスの高さを誇るのではないでしょうか。

ホテルを出たすぐそばには日本料理のレストラン街があるため、ランチやディナーに日本の味を堪能してみても良いかもしれません。

Conrad Centennial Singapore
(コンラッド センテニアル シンガポール)

料金:S$410~
住所:2 Temasek Blvd, S038982
電話番号:6334 8888
メール:conrad_singapore@conradhotels.com
WEBサイト

 

その4:Capitol Kempinski(シティホール)

シンガポールの中心地・シティホールにあるドイツの高級ホテルブランド「キャピトル ケンピンスキー ホテル」。

新古典様式のキャピトル ビル(1930年)とベネチアン ルネッサンス様式のスタンフォード ハウス(1904年)の古き良き時代の趣をそのままに数年がかりで修復し、2015年にオープンした白亜のクラシカルな建築が印象的なホテルです。

客室はシンガポールらしさと高級感のある快適なお部屋。バスルームでは優雅な気分に!さらにCHIMESRaffles CityFunanモールなど飲食店やショッピングモールに徒歩数分で訪れることのできるアクセスの良さも魅力の一つです。

ラグジュアリーでエレガントな気分に浸りたい方にぴったりなキャピトル ケンピンスキーホテル。編集部スタッフのお気に入りホテルの一つです。

Capitol Kempinski(キャピトル ケンピンスキー)

料金:S$660〜
住所:15 Stamford Rd, S178906
電話番号:6368 8888
メール:reservations.singapore@kempinski.com
WEBサイト

 

その5:The Fullerton Hotel Singapore(マリーナベイ)

その圧倒的な荘厳さが印象的なフラートンホテルは、なんと1928年に建設された重要建築物

2015年に国定史跡として認定されたこの建物は、かつてシンガポールの中央郵便局や取引所、取引参考図書館などが入っており、1世紀近くにわたってシンガポールの歴史の中で重要な役割を果たしました。

そんな歴史あるフラートンホテルに、筆者家族は2020年のクリスマスの時期に宿泊。たくさんのクリスマスツリーや装飾、そしてサンタ仕様のフラートンベアがお出迎えしてくれました。たくさんのお手紙はこの建物にかつて郵便局があった名残でしょう。

私たちが宿泊した「ベイビュー」のお部屋からは美しいマリーナベイの景色が一望できました。ンガポールの景色を満喫したい方は、ベイビューのお部屋がおすすめです。家族3人で宿泊するには少し部屋が狭いかな、という印象もありましたが、子どもが楽しめる塗り絵やフラートンベアのぬいぐるみをプレゼントでいただけたり、ホテル内のプールを満喫できたりとさすがのサービス。

連泊の場合、3泊以上の滞在で最大25%の割引が受けられる(部屋タイプ制限あり)プロモーションや、お子様が楽しめるプレゼントやアイスクリーム引換券がもらえる「ファミリー ファンタスティック」などのプロモーションも数多く展開中(プロモーション一覧はこちら)。

シンガポールの中心地でお得にステイケーションを楽しみたい方はぜひチェックしてみてください!

The Fullerton Hotel Singapore(フラートンホテル)

料金:S$382〜
住所:1 Fullerton Square, S049178
電話番号:6733 8388
メール:tfs.info@fullertonhotels.com
WEBサイト

 

その6:Raffles Hotel(シティホール)

2019年に改装期間を経て再オープンした、シンガポールの代名詞とも言える名門「ラッフルズホテル」。クラシカルさを残しつつ新しくなった同ホテルでは、名門ホテルならではの特別な時間が過ごせることでしょう。

筆者はコロナ禍の割引キャンペーン(滞在時時点)を利用して宿泊しました。一度は泊まってみたいと思っていた憧れのホテルであり、チェックイン時にホテル内で手続きしているだけでもウキウキしてしまいました。

部屋には無料でたくさんのフルーツが用意されていたり、家族の誕生日であることを伝えるとケーキやドリンクを持ってきていただけたりと、おもてなしも一流でした。

まるで一軒家に来たかのような広くてハイセンスなお部屋に胸の高鳴りがとまりませんでした!バスルームも広々とした優雅な空間になっており、バスタブがない家が多いシンガポールでは貴重なバスタイムが楽しめます。

筆者が宿泊したお部屋はコートヤードに近く、部屋から一歩外に出ると美しい芝生と熱帯の樹木に囲まれた中庭が広がっており、シンガポールらしい景色がとても印象的でした

シンガポールの中心地にいることを忘れてしまうような自然豊かな風景で、身も心もリフレッシュできる「ラッフルズ ホテル」。筆者にとって忘れられない贅沢な時間となりました。ぜひ、この特別感を味わってみてください。

Raffles Hotel(ラッフルズ・ホテル)

料金:$1159〜
住所:1 Beach Road, S189673
電話番号:6337 1886
メール:Singapore@raffles.com
WEBサイト

 

子連れステイケーションにおすすめのホテル

その7:Shangri-La Rasa Sentosa Singapore(セントーサ島)

シンガポール島内にあるホテルの中でビーチが隣接している唯一のホテルが「シャングリラ ラサ セントーサ」です。隣接する海は入り江になっているのでとても穏やかで、お子様も安心して楽しむことができます。プールやプレイグラウンドが充実していることも相まって、家族でのステイケーションに大人気のホテルです。

編集部スタッフ家族が宿泊した際(2021年時点)には、無料で砂場セットがついてきました。小学生の子どもはそのセットで砂遊びを楽しみ、大人はビーチサッカーや卓球、バトミントンなどを満喫しました(レンタルあり)。

さらにプールには小さなウォータースライダー(滑り台)があり、子どもたちに大好評!ボールなどもあり、飽きることなくプールで遊べます。隣接するビーチにもすぐアクセスできるため、プールとビーチ両方楽しめたのはとても満足度が高かったです。

大人がゆっくり過ごすというより、小さなお子様連れで家族の時間をのんびり楽しみたい人におすすめしたいステイケーション先です。

Shangri-La Rasa Sentosa Singapore
(シャングリラ ラサ セントーサ リゾート & スパ)

料金:S$288〜
住所:101 Siloso Rd, 098970
電話番号:6371 1088
メール:sen@shangri-la.com
WEBサイト

 

その8:Shangri-La Hotel(オーチャード)

シンガポールの中心地・オーチャードに位置しながら、ショッピングモールが集まる市街地エリアからは少し離れた場所にあるため、好アクセスとリゾート気分を両立できる人気のホテルが「シャングリラホテル」です。

シャングリラホテルが提供する「Fun Family Playcation」は、その名のとおり子連れのご家族にぴったりなステイケーションならぬプレイケーション!

– 朝食(大人2名分+12歳までのお子様2名分)
– ホテル内で使えるSGD100nettt分分の食事券
– ホテル内キッズプールエリアやプレイグラウンド無料

と、大人にとってもお子様にとっても嬉しい特典がてんこ盛りのプランです。

その他、さまざまなプロモーションが用意されているシャングリラホテル。家族みんなで楽しめるお得なステイケーション先を探されている方は、必見のホテルです!

Shangri-La Hotel(シャングリ ラ ホテル)

料金:S$340〜
住所:22 Orange Grove Rd, S258350
電話番号:6737 3644
メール:singapore@shangri-la.com
WEBサイト

 

その9:Dusit Thani Laguna Singapore(チャンギ)

 「デュシット タニ ラグーナ」は2020年12月にできたばかりの新しいホテルです。日本人にも人気のゴルフ場・ラグーナ ナショナルゴルフ&カントリークラブ内にあり、チャンギ空港からは車で10分で、JEWELやチャンギビーチなどショッピングモールやビーチからもアクセスが抜群です。

もちろんゴルフ場へも簡単にアクセスでき、「ステイ&プレーパッケージ」には滞在中、マスターズコースにて18ホールのラウンド1回、GPSバギー、ショートゲーム練習エリアと更衣室へのアクセスができるプランが含まれています!

さらに
・保護者と同室の11歳以下の子ども1名まで宿泊費無料
・保護者同伴の4歳以下の子ども1名まで朝食無料、5~11歳の子どもは朝食が50%割引

といったファミリープランがあるのも嬉しいポイント。もちろんホテル敷地内にはプールもあり、お子様も楽しむことができます◎

シティエリアやセントーサといったシンガポールの定番スポットから少し離れたユニークな立地で、ゴルフ好きの大人も、プール好きのお子様も家族みんなでステイケーションを楽しめるおすすめホテルです。

Dusit Thani Laguna(デュシット タニ ラグーナ)

料金:S$650〜
住所:11 Laguna Golf Green, S488047
電話番号:6841 8888
メール:dtls@dusit.com
WEBサイト

 


一人でもステイケーションを楽しめるホテル

家族や友達と過ごす賑やかな時間もいいですが、一人で過ごすステイケーションは自分のためだけに時間を使える、贅沢な非日常となるでしょう。ここでは、一人でステイケーションを過ごすのにぜひおすすめしたいホテルをご紹介します。

その10:YOTEL Singapore(オーチャード)

オーチャードロードからほど近く、交通アクセスのとても良い場所にあります。パープルを基調としたインテリアは近未来的でスタイリッシュ。さらに、フロントデスクをセルフサービス式にしたり、ロボットがアメニティを客室へ配達したりと、新しいスタイルのサービスが受けられます。

また、館内にはプールやジムといった、ステイケーション向けの設備も整っています。

YOTEL Singapore(ヨーテル シンガポール)
料金:S$891〜
住所:366 Orchard Road, S238904
電話番号:6866 8000
メール:singapore.reservations@yotel.com
WEBサイト

 

その11:AMOY(チャイナタウン)

出典:AMOY

出典:AMOY

チャイナタウンエリアのテロック エア通り沿いにあるホテルです。この通りにはシンガポールで最も古い中国寺院の一つであるシアン ホッケン寺院や、アート作品などがあり、歴史ある街並みを楽しむことができます。テロック エア駅からも歩いてすぐなので、とても便利です。

ホテルの外観、内装ともに現代的でありながらクラシックな中国様式で、オリエンタルな雰囲気が楽しめます。また、中国茶講座、中華料理教室、中国モチーフのトートバッグづくりなどのワークショップ(要申し込み・有料)が開催されており、ステイケーション中に参加すれば、中国の文化に触れる絶好の機会になるでしょう。

AMOY(アモイ)
料金:S$822〜
住所:76 Telok Ayer Street, S048464
電話番号:6580 2888
メール:info.amoy@fareast.com.sg
WEBサイト



その12:Lloyd’s Inn(オーチャード)

出典:Lloyd’s Inn

出典:Lloyd’s Inn

オーチャードロードに近いサマセット駅から徒歩圏内で利便性が良い上、閑静な住宅街の中にあり、アクセスの良さと静けさを兼ね備えた隠れ家的とも言えるホテルです。

スタイリッシュなインテリアでまとめられたフロントは24時間体制で対応可能です。テラスには電子レンジ、ウォーター/アイスディスペンサー、コーヒーマシン、自動販売機を備えた共用スペースがあり、食器類や使い捨てのカトラリーも用意されています。

世界各国から訪れたゲストたちと、食事やティータイムに交流を楽しんだり、ホテル近隣の景色を楽しみながら、一人ステイケーションを満喫したりしてみてはいかがでしょうか。シンプルで清潔感のある館内で過ごす時間は、とても快適なものになるでしょう。

Lloyd’s Inn(ロイズ イン)
料金:S$230〜
住所: Lloyd Road, S239091
電話番号:6737 7309
メール:mail@lloydsinn.com
WEBサイト



ステイケーションでシンガポール国内を味わいつくす!

以上、シンガポールのおすすめステイケーションホテル12選をご紹介しました。

優雅なホテルで上質な気分をゆったり満喫するのもよし、家族でわいわい楽しい時間を過ごすのもよし。一人で時間を気にせずくつろぐのにもぴったり。ステイケーションの過ごし方はあなた次第!ホテルステイでいつもと気分を変えて、この機会にシンガポールを味わいつくしてみませんか?

●金額や記事内容は執筆時点の情報に基づきます。詳しくは各公式サイトの最新情報をご確認ください。



最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

risako taira

2020年8月に来星したWebライター歴4年の一児の母です。初めての海外生活。シンガポールの好きなところは、夜景と辛いものが充実していること。