IKEAワンダーランドを楽しもう!ショッピングからシンガポールならではのお楽しみまで、IKEA攻略指南




IKEA 

IKEA。言わずと知れた、世界で465店舗展開する巨大ライフスタイルチェーン。日本でも13店舗、ここシンガポールでも2021年にオープンしたジュロン店を加え、現在3店舗展開中です

Tampines店 写真提供 IKEA Singapore


その中でもTampinesにある店舗は、なんと70000平方メートル(駐車場含む)シンガポール最大のIKEA です。

本日はそのIKEAタンピネスを徹底紹介!効率的に回って、楽しく快適なショッピングをしましょう。


名前の由来

IKEAという社名は、5歳でマッチを売ったという天性のビジネスマン、創設者のIngvar Kamprad(イングヴァル・カンプラー)、彼が育った農場であるElmtaryd、近くの村であるAgunnarydのイニシャルにちなんで名付けられました。

イングヴァルは1926年生まれ。1943年にいい成績を収めたごほうびにお小遣いを貰い、それを元手にIKEAを設立。1950年にカタログ販売を始め、63年には海外進出を始め、そこから現在まで快進撃は続いています。

では早速、Tampines店を紹介していきます!


アクセス

●シャトルバス
Badok駅、Tampines駅〜Tampines Retail Park行き(往復)
朝から午後9時台まで30〜50分おきに運行しています。
※月〜木、金土日祝で運行時刻が違います。時刻表はこちら
※週末、祝日にはSeng Kang駅、Pasir  Ris駅よりも運行しています。

●公共バス
バス停A & Bより徒歩2分 バス番号27, 34, 58, 168

●タクシー
GrabはIKEA  Tampinesと伝えればOKです。

と、駅からは遠い、と言ってもアクセス手段はいくつかあり、不便ではありません。

駐車場も広々

  

おすすめのスケジュール

●前日

1、必要な商品をリストアップ

2、オンラインショップや自宅のポストに入ってくるカタログで商品を確認。お目当ての商品にチェックを入れるのもいいですね。

3、収納や家具など、サイズがぴったりしたものが必要なら、全てサイズをきちんと測る。特に収納などは好みのサイズにできるので、ここは手を抜かずきちんと測りましょう。恥ずかしながら大雑把な筆者はこれで泣く目を見ました…。

4、手持ちがあればメジャーを持っていくのもいいかも。IKEAのものは紙製なので、マイメジャーの方が使いやすいかも。

 

●当日

1、朝から動くのがおすすめ
シャトルバスなどを利用して、IKEAに到着!即、行動を開始しましょう。

2、カートと店内用ショッピングバッグ、メジャーをゲット

3、時間がある場合は、入口から出口まで、一度ざっと見て回りましょう。お目当ての商品が在庫切れの場合もあるのでチェックしながら。

ここでかなり時間を取られます。見学しながら、商品や商品番号を写メるのもおすすめ。もしも場所を忘れても、スタッフに見せればすぐに解決。

4、イメージと手触りなどが違う場合もあるので、細かくチェックしつつ進みます。

5、店舗のみの割引商品など、お得な商品もあるので、この工程は楽しいものになります。夢のお部屋をイメージしながら、わくわく。

6、おそらく2時間くらいかかるので、終わったところでレストランで早めの昼食を摂りましょう。ランチタイムは平日でもなかなか混み合いますので、窓際の気持ちのいい席などは早めに行って確保したいですね。家族連れならファミリーコーナーがおすすめ。子供も楽しく食事が出来ます。

こちらは平日の風景


7、レストランのすぐ外にベビーコーナーもあります。おむつかえや授乳に。

ベビーコーナー


8、ゆっくりと食事をして英気を養った後は、再度ショッピングタイム。

9、今度は欲しいものが決まっているので、サクサクとショッピングしていきます。所々近道ができる通路もあるので、『Short Cut』をうまく利用して時短を測りましょう

10、何かあったらスタッフにご相談ください。的確にアドバイスしてくれます。

11、出口近くに商品ストック置き場があるので、欲しい商品をここでもゲット。


12、配送などや組み立てサービスをお願いする場合は、レジを出た後、カスタマーサービスエリアで相談します。また自分で持ち帰る場合、梱包もここで出来ます。


13、ちょっとデザートか小腹がすいた場合は、ここで人気のチキンホットドッグソフトクリームを楽しむのもおすすめです。IKEAのソフトクリームは結構濃厚でおいしいです。

14、Swedishフードマーケットで冷凍食品やお菓子などを買いましょう。新製品のゼリーはハート型がかわいい!

写真提供: IKEA Singapore


15、シャトルバスやタクシーで帰宅。


大体の所要時間

入口から出口まで、しっかり見て歩くと買い物時間だけでも2時間はかかります。もちろん、下見を兼ねてどんどんカートに入れて行けば、食事時間を含めても3〜4時間でも可能かもしれません。ただ目的のものがなかった場合に、また戻ったりと考えると6時間くらいの検討がいいかもしれません。


週末?平日?

可能なら平日がおすすめです。週末は家族連れなどで賑わうので、なかなかゆっくりみて回れません。もちろんスタッフさんも忙しく、相談するのもちょっと時間がかかることも。

そして絶対行きたいレストランも大混雑。待ち時間も長くなるし、好みのテーブルを見つけるのも大変です。

そして最後の難関、レジでの精算や配送などの手続きにも時間を要します。もしどうしても週末しかダメな場合は、朝早め、かつ予定時間プラス1、2時間は必要です。

シャトルバスもIKEA、COURTS Megastore、GIANT Hypermartと3カ所回るので、混雑します。その場合はより綿密に策を練って。


ラインアップ

ラインアップ&配置図

 

キッチン用品

万能フタは電子レンジでも、鍋ふたにも使える優れもの


あったらいいな、可愛く、安いと三拍子揃った商品がたくさん!お皿やカトラリーからジップロックなど盛りだくさんです。干支を使った限定品などもあります。

 

雑貨

デスク周り、ベッドサイドやリビングルームといろいろな場所をすてきにしてくれる小物がずらり。安いけど、ついつい買いすぎるので購入前に再考を!

収納

いろいろなサイズや用途に対応可能な、組み立てタイプの収納がおすすめ。定番商品なら買い足しも可能。イチオシ商品です。色や素材も豊富。自分だけの商品にできますね。

家具

色のバリエーションが豊富なソファーや、リーディングカウチオットマンなどが人気です。カバー(別売り)でイメチェンもお手軽。

ベッドは他ブランドのマットレスとサイズが微妙に違うので、シーツやキルトカバーも一緒にIKEA で購入しましょう。

子供用品

昔あこがれた天蓋付きベッドや、かわいいベッドサイドライト、カラフルな収納ボックス、テントなどお子さまなら絶対欲しいアイテムがずらり。夢の子供部屋が待っています!

リビングに置いても。

 

ペット用品

こちらも大事なペット用品。ペットベッドグルーミングブラシなど、我が家の猫もお気に入りです。特にブラシは両側違う素材で、特に毛の方が好きなようです。

植木など

こちらも人気、IKEA のフェイクグリーンはなかなかリアルです。特に大きいサイズはお部屋の印象的なインテリアになります。もちろん虫や枯れさせる心配もなし。検討してみても。


Swedishレストラン

スエーデン風のミートボールやサーモンなどのレギュラーメニューの他に、新しいメニューが追加されました


Swedishフードマーケット

レストランの人気商品はほとんどここにそろっています。

なんと言っても冷凍ミートボール(KÖTTBULLAR)S$16


冷凍マッシュポテト(ALLEMANSRATTEN)S$3.50

粉末クリームソース(ALLEMANSRÄTTEN)S$2.90をそろえておけば、急なお客さまでも大丈夫。値段もリーズナブルで我が家では必須の貯蔵アイテムです。

もちろんその他にも、お菓子や飲み物も、デザートも。小腹には定番のホットドッグを!


Swedishビストロ

こちらは、一階入り口近くにあります。フードマーケットで人気のホットドッグの上位種、グルメホットドッグ•ナチョチーズ入り($3)、おいしそうです!テーブル席はないので、持ち帰りか外でパクつくのも楽しそう。

 

組み立ては簡単。でも、お手伝いが必要なら

実は筆者は以前、無理やりネジを押し込んで、曲げてしまったり、なぜか真っ直ぐに組み立てられないなどの伝説を持つ不器用者。DIYは超苦手。でも専門スタッフが組み立ててくれるサービスがあるので安心です。

ストレスフリーでおすすめです。普通の方なら組み立ては決して難しくないようです。


こちらもおすすめ。丸ごとゲット

そしてちょっと‘インテリアセンスに自信のない方は、お店のあちらこちらにあるショールームがおすすめ。イメージや家のサイズ(3ルームとか4ルームとかHDB対応も)に合わせた、サンプルルームのセットが飾ってあるので、それを全て買っちゃうのも手ですね。

またまた恥を晒しますが、小物使いなどに自信がないので、すてきなセットがあればそのまま買っちゃいたい。

そうすれば、あっと言う間にファッショニスタのおうちに早変わり。とてもいいアイデアだと思います。そうすればインテリアデザイナーにお願いする必要もなし。

ジュラシックパーク…


お子様にもうれしい子供のおもちゃや家具のコーナーは、実は大人も楽しいコーナーです。夢のある小物は大人のお部屋のアクセントにもピッタリ。


プレイルームSmåland

そしてお子さんに人気のプレイルームSmålandは、残念ながら現在は閉鎖中。でも少しずつ平常の生活へ戻っているシンガポール。きっと近いうちに再開することでしょう。

現在閉鎖中のSmåland。再開希望!


ここが開けば、小さいお子さんはスタッフさんの見守りの元、ゆっくり、楽しく遊べます。早く再開しますように…。


IKEA familyメンバー

無料で入会できるIKEAファミリーメンバーは、加入がおすすめです。ポイントも集められるし、何よりメンバーはコーヒーか紅茶が無料!しかもお代わり自由(何杯でも!)人が少ない時間帯なら、お友達とゆっくりお茶を、というのもいいですね。

メンバーは無料のコーヒー/紅茶はレストランでどうぞ。


メンバー加入はとても簡単。加入当日からメンバー優待を受けられます。メンバー価格のに商品などもあるので、とてもお得。ポイントはショッピングやレストラン、ビストロなどを利用するとS$1で1ポイント、500ポイント貯まればS$5割引になります。

レストランでもメンバー割引があり、ショッピングもメンバーのみの割引商品もありますので、ぜひ利用しましょう!

 


Tampines RetailerPark

IKEAがある場所は、Tampines Retail Parkと呼ばれる、大型店舗3店舗が隣接している場所。せっかくIKEAに来たのならついでに他の2店舗も回って帰るのがいいですね。時短、かつ交通費の節約にもなります。

●GIANT ハイパーマート
Cold Stredgeなどを展開するグループの、最もリーズナブルな料金展開をしているスーパーマーケット。中でもここにあるハイパーマートは、大型で買い物しやすく、売値もコールドストレージより安価。お肉なども大型パックで安く買えたり、洗剤なども種類豊富で他でないものもここで見かけることも。PBのチーズケーキはスフレタイプで軽くておいしく、かつ他店の類似商品より安いので、GIANTに行くと必ず買います。もちろん他の商品もGIANTあります。

●Courts メガマート
こちらは、家電や家具など豊富なお店です。こちらの店舗のみのセール商品などもあるので、覗いてみても。必要なものは大体揃います。クレジットカードでの0金利の分割も可能なので買いやすいです。家具のIKEAとは違ったイメージで、一見の価値ありです。そしてここにはサブウェイが入っているので、ちょっと休憩にもおすすめです。

 

とりあえず遊びに行きましょう!

もちろん、今は別に必要な物がなくても、お店を回るだけでも十分楽しいのがIKEA。ベッドの上やソファーでくつろぐカップルがいたり、はしゃぐ子供たちとか、シンガポールの人たちは自由に楽しんでいる印象です。

どうぞ近場のワンダーランド、IKEAへどうぞ。もちろんちょっとした小物(特に台所小物はおすすめ)を買うだけでも楽しいです。

IKEAはTampinesだけじゃない。

Alexandera店 

Jurong店 

※共に写真提供 IKEA Singapore


もちろん、Alexandra店やJurong店の方が便利ならそちらを訪れるのもいいですね。Alexandra店は現在シャトルバスは休止中ですが、


IKEAオンラインショップ

IKEAにはもちろん充実した、使いやすいオンラインショップもあるのでこちらの利用もおすすめです。持ち帰りは大物になると結構大変です。タクシーだと車内に入りきらないかも。

オンラインショップなら例えばTampines店になくても、在庫がある場合も。オンラインショップ限定割引もあります。何よりゆっくり選べるので楽。長物、大型の物は、実店舗で見てオンラインで購入がベストですね。

 

結論

IKEAなら、家族全員満足のインテリアがそろいます。自由にIKEAを楽しんで、おうち時間も充実させましょう。さあ、今すぐIKEAワンダーランドへ出発!

IKEA  Tampines 
住所:60 Tampines North Drive 2 S528764
最寄り駅:Tampines駅
営業時間:  11:00-21:00(日〜木)  11:00-23:00(金土)
 レストラン 10:00-21:00(L.O.20:30) 10:00-22:30(L.O.22:00)
 ビストロ  11:00-21:30(日〜木)  11:00-23:30(金土)
電話:6786-6868 (カスタマーサービス)
他店舗:有 (アレクサンドラ店、ジュロン店)
※営業時間などはWEBでご確認ください
WEBサイト

 


この記事を書いた人

林じゅん子

長崎県出身。バブル期の東京で浮かれて過ごし、そのままシンガポールへ。気がつけば20数年!香港映画がきっかけでアジア芸能にはまり、シンガポール初日本人芸能記者(自称)に。ラジオ、雑誌ともに芸能一筋、出会った芸能人は数知れず。 現在はエンタメ以外の3大好物、イケメン、おいしいもの、アニマルネタ目を光らせる。期間限定&新製品にも目がない、ローカルどっぷりジャパニーズ