グローバル環境のもと、お子さまにとって最適な教育環境を見極めることができる日系幼稚園「Coco-Ro Learning House」

今回は、日系幼稚園「Coco-Ro Learning House(ココロラーニングハウス)」についてご紹介。3つのおすすめポイントや入国者へのメッセージなどをお届けします!入国を控えていて、シンガポールで保育園・幼稚園を探している方は必見です。




ココロラーニングハウスについて

シンガポールの日系幼稚園「Coco-Ro Learning House(ココロラーニングハウス)」。各クラス日本人担任と英語担任の2名体制になっています。

日本語でしっかりと日本式の礼儀やマナー、四季に準じた行事イベントに触れることを大切にしています。一方で、シンガポールという多民族国家で多様な国際環境のもと、自然に英語に触れる活動にも力をいれています。

日英バイリンガルによるさまざまなアクティビティを通じ、子どもにとって最適な教育環境を提供し、未来を生きる力を育みます


ココロラーニングハウスの3つの強み

1.日本式重視の教育

各クラスに日本人担任が常駐しています。歌や読み聞かせ、自由遊びや各活動を通じて、まずはきちんとした日本語で考える力、感じたことを表現する力を育みます

日本式の礼儀やマナーも大切にし、シンガポールにいながらも日本の四季に準じた行事やイベント活動にも触れることができます。


2.特別アクティビティの実施

通常の遊び以外にも、専任講師による特別アクティビティを実施して、本物に触れる体験を提供しています。

アート活動では、絵画造形や季節・文化行事を通じて、物の見方や感じ方を広げる環境を提供し、イマジネーション力を育みます。スポーツ活動では、ボール遊びや器械体操に挑戦し、幼児期に大切なバランス感覚や運動能力を育みます。


3.英語Phonicsプログラムで国際人への第一歩

無理なく英語で必要なこと、自分の気持ちを伝えることができる力を育みます。

英語担任により日常の活動を英語で行うイマージョンプログラムの他に、専任講師によるPhonicsプログラムを通じて、自然に英語に親しむ環境を作ります。小学校進学の際には英語環境を選ぶという選択肢にも適応できるよう力を入れています。


入国者へのメッセージ

シンガポールには、日本人小学校に進学するお子さまや日本への帰国を予定しているお子さま、インターナショナルスクールに進学するお子さまなどさまざまいらっしゃいます。

ココロでの活動を通じ、お子さまにとって最適な教育環境を見極めるために、本園スタッフが保護者の皆さまに寄り添います。

見学はオンラインでも可能です。いつでも気軽にご連絡ください。

Coco-Ro Learning House(ココロラーニングハウス)
住所:#01-01/02 Devonshire Building 20 Devonshire Road S239850
電話番号:6736 1815
メール:info@coco-ro.org
WEBサイト

 


最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!