MUJI NEW COLLECTION 2022 秋/冬のシンガポールコレクションは、軽快な夏服がずらり!




無印良品、MUJI シンガポールが本格的に企画した東南アジア諸国向けアパレルコレクションに行ってきました。MUJIらしい、ニュートラルな色合いで肌触りも抜群。しかも秋冬コレクションでありながら、夏服仕様という常夏のシンガポールに相応しいコレクションで、改めて目から鱗。さすがMUJIは違うなと、理にかなったフレキシブルなアイデアに脱帽でした。

シンガポールのために用意された、すてきなコレクションをご紹介します!

参考写真 MUJI Singapore



コレクションのラインアップ

メンズウェアとウィメンズウェアはもちろん、UVカット・速乾性に優れた「MUJIウォーカー」シリーズ、自宅でのリラックスできるラウンジウェアが新しくプラスされ、コロナ後のライフスタイルの変化に対応しています。

参考写真 MUJI Singapore

自宅でのZOOMミーティングでも大丈夫な、オフィスウェアにもOKなラインが登場しました。

またエクササイズにぴったりのウォーカーシリーズには、夜でも安全なリフレクターが付いていたり、安全面も考慮。そしてリラックスできるラウンジウェアなのに、ちょっとしたお買い物でも行けるデザインであったり、より便利に多機能となった印象です。


素材

参考写真 MUJI Singapore

素材もオーガニックコットンや、木材とユーカリのパルプから作られるリヨセルなど、サステイナブルな素材を用いています。また、通気性だけでなく、肌触りもよく、吸湿性にも優れているため、気温が高いときでも涼しく、ドライで快適な着心地になっています。

個人的にはシャツが気に入りました。手触りの良さと、さりげなくヒップラインをカバーするような長さとデザイン。体型が気になる筆者にぴったり!

参考写真 MUJI Singapore



いよいよコレクションがスタート!

MUJIシンガポールのマネージングディレクターの大西さんより、オープニングメッセージをいただきました。MUJIシンガポールは、来年4月にCBDエリア周辺に大型の新店舗をオープンするとのうれしいアナウンスです。そして既存の店舗も拡充をしていく予定とのこと。

こちらがMUJIシンガポールのマネージングディレクターの大西さんです。

コレクション発表が行われたプラザ・シンガプーラの店舗は広々としたディスプレイで商品も見やすく、品揃えも万全。いずれシンガポール全ての店舗が、オールライアップを見ることができる、こちらの店舗のようになる日も近いのでは?


国によって異なるコレクション

そして満を辞して発表された今回のMUJI NEWCOLLECTION 2022 秋/冬ですが、驚きは、東南アジア各国それぞれの傾向に応じて、品揃えが違うということです。

例えばタイなら、王の象徴である黄色を多めに展開、マレーシアならイスラム教徒用の帽子やTudung(女性用ヘッドスカーフ)にも使えるマフラー、ベトナムはバイク文化なので、バイカー用のレインコートを開発するなどさまざまです。

シンガポールはショートパンツの人気が高いので、今回のカラーバリエーションが男性用で12色、女性用で8色になり、スタイルが違う型数が増えたりとか。撥水性のあるショートパンツもあり、雨の多い気候でも安心。

MUJIシンガポール マーチャンダイジングマネージャーの松永さんにお話を伺いました。

東南アジアの熱帯かつ常夏の気候に沿った商品開発の必要性を感じ、5年前から協議を進め、少しづつ行っていたそうです。

そして今回のコレクションで満を辞して、全ての商品でシンガポール用のラインアップを大々的に打ち出したということです。またシンガポールでは、ドレスやチュニックの人気が高いということで、種類も豊富になっているとか。こういった事ができたのも、国ごとに細かく対応しているがゆえでしょう。

参考写真 MUJI Singapore

今回の取材がきっかけになり、他の国に行った時にもぜひMUJIに行ってみたいと思うようになりました。そこで新しいものに出会えそうです。根底に流れる、MUJI、無印良品らしい、サステナビリティや素材へのこだわりはもちろん、その国のために工夫した商品が見られるという期待も広がります。


100%コットンなど天然素材

皆さんも経験があるかと思いますが、100%コットンの商品は、本当に探しにくいものです。少しでも合成素材が入っていると、汗のかき方が違ってきますよね。

そんな時、MUJIの100%、しかも、3年以上農薬や化学肥料を使わず、自然農法で栽培されたコットンを使っている商品に出会いました。今回のコレクション発表会で改めてMUJIの素材の良さを知りました。

参考写真 MUJI Singapore

何より汗をかいてもざぶざぶ洗えるコットンは、やはり最高ですよね。松永さんから特にシンガポールのような熱帯で湿気の多い国なら、コットンやリヨセルがぴったりと教えていただきました。汗をかいてもすぐに乾くのもうれしいところです。コットンも上質なので、へたる事もなく、ずっと使えそうです。


早耳ファンならご存知

実はこちらの商品はもう店頭に並んでおり、ショートパンツは、正に飛ぶように売れています。特に今回コレクションに加わった、赤やオレンジ、グリーンなど、あざやかだけどパステル調なので、程よいアクセントになっています。

サイズがなくなり悲しい思いをしないうちに、お早めにどうぞ!

こちらはキッズ用。ペア感覚で着れますね。


コラボコーナーも注目

MUJIシンガポールでは、コラボやイベントなども実施しています。2022年10月19日までは、MUJIコミュニティマーケットと銘打ち、日本の厳選された商品、特にサステナビリティに力を入れた商品やこだわりの逸品を販売しています。主催されたInnoplanの金子さんによると、日本でもそこに行かないと買えないような、付加価値のある商品ばかりとか。

ARで調理法の紹介も行っているそうです。

多くの出展申し込みがある中から選び抜かれたものばかり。女子高生起業家の商品や雑貨も多く、試してみたいものばかり。毎年実施しているようで、次回もまたMUJIで出会えそうです。


MUJIカフェ

居心地のいいMUJIカフェでは、秋のプレートが提供されています。季節を感じるメニューはシーズン毎に試したい味。目でも楽しめる一皿です。


シンガポールでもMUJIを楽しもう!

汗をかきながらスポーツ、日差しの中でのお出かけでももう怖くありません。

MUJIのアウターウェア、ラウンジウェアで、一日中心地よく楽しく過ごせそうです。常夏のシンガポールを快適に、もちろん、MUJIならそれが叶いそうですね!

MUJI Singapore Plaza Singapura
(無印良品 シンガポール プラザ シンガプーラ店)
住所 :68 Orchard Road, #01-10 to 17, Plaza Singapura,S238839
営業時間:11:00 – 22:00
定休日:無
WEBサイト

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。





最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagram、メルマガでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

林じゅん子

長崎県出身。バブル期の東京で浮かれて過ごし、そのままシンガポールへ。気がつけば20数年!香港映画がきっかけでアジア芸能にはまり、シンガポール初日本人芸能記者(自称)に。ラジオ、雑誌ともに芸能一筋、出会った芸能人は数知れず。 現在はエンタメ以外の3大好物、イケメン、おいしいもの、アニマルネタ目を光らせる。期間限定&新製品にも目がない、ローカルどっぷりジャパニーズ