面倒な立替精算の時代は終わり!Grabの法人向けサービス「Grab For Business」で経費精算が楽になる!

交通費などを立て替えて月末にまとめて申請する経費精算。レシートをなくさないように保管したり、すべての経費を打ち込んで表を作ったり、時間がかかってとても面倒な作業ですよね。経費精算にかかる時間を他の業務に充てることができれば、もっと効率よく仕事が進むのに…と考える方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな経費精算でお困りの皆様へ、Grabの法人向けサービス「Grab For Business(グラブ フォー ビジネス)」をご紹介します。

「Grab For Business」を使うとどんなメリットがあるの?アフターフォローは?実際に利用して何が変わった?など、気になる疑問をGrabをはじめとする関係企業の方々へインタビューしました。毎月の経費精算をもっと効率化したい企業様には必見です!




インタビューのメンバー紹介

今回「Grab For Business」についてインタビューさせていただいた御三方です。

写真右より、

Grab Holdings Ltd. 早川様
「Grab For Business」のサービス提供企業。

Grab Holdings Ltd.
所在地:3 Media Close, S 138498

事業内容:
東南アジア地域でデリバリー、モビリティ、デジタル金融サービスの各分野で事業を展開。単一アプリ「Grab」により、ドライバーや加盟店にアクセスし、食事や食料品の注文、荷物の送付、配車、オンライン購入の支払、融資、保険、資産管理、遠隔医療などのサービスを提供


SB Telecom Singapore Pte. Ltd. 田尾様
東南アジアにおけるGrabサービスの販売パートナー企業。「Grab For Business」のオペレーション、セールス、サポートなどを担う。

SB Telecom Singapore Pte. Ltd.
所在地:9 Battery Road #28-01 S 049910

事業内容:
ICTソリューション事業・Grab事業(Grab for Business/GrabGifts)・デジタルマーケティング事業・ロボティクス事業


Good Job Creations (Singapore) Pte. Ltd. 芝崎様
「Grab For Business」のサービス導入企業。

Good Job Creations (Singapore) Pte. Ltd.
所在地:238A Thomson Road, #12-08/10 Novena Square Tower A, S 307684

事業内容:
人材紹介・人材派遣・就労ビザ申請代行



「Grab For Business」についてインタビュー

1. 「Grab For Business」はどんなサービス?

Q:それでは皆様、本日はよろしくお願いいたします。まずはGrab 早川様、「Grab For Business」はどのようなサービスでしょうか?

Grab 早川様:「Grab For Business」は、企業様のウェブポータルと従業員の個人Grabアカウントを紐付けて、Grabのコアサービス(配車、フード、配送、マート)の利用を効率的かつ透過的に管理できるサービスです。企業様は従業員のGrabサービスの使用用途や限度額をコントロールすることも可能です。

(「Grab For Business」資料)


2. 「Grab For Business」を導入している企業はどのくらいある?

Q:現在どのくらいの企業様が「Grab For Business」を導入されていますか?

Grab 早川様:本サービスは2017年後半から開始され、現在東南アジア全域では数千社のクライアント様にご利用いただいています。日系企業様のご利用は数百社ほどです。

3. 「Grab For Business」を利用するメリットは?

Q:「Grab For Business」を利用すると、どのようなメリットがありますか?

Grab 早川様:一番大きなメリットは、従業員の経費の立替精算がなくなることです。

例えば営業などでタクシーを使う場合、まずは自身でタクシー代を立て替え、月末に会社にレシートをまとめて提出し、経費精算を行うのが一般的です。それが「Grab For Business」を使えば、Grabサービスにかかった費用は会社にまとめて請求がいくので、従業員が立て替える必要がなくなります。

従業員が何十人、何百人いても、誰がいつ、どこからどこまでGrabタクシーに乗ったのか、またその金額もすべてウェブポータルで見ることが可能です。

経費精算の申請の手間がなくなれば、その承認作業も不要になり、それに費やす時間も削減できるのは大きなメリットだと考えます。

4. 他にも「Grab For Business」を利用するメリットはある?

Q:他にも「Grab For Business」を利用することで得られるメリットがあれば教えてください。

Grab 早川様:もう一つのメリットとしては、企業様が従業員の使用した経費を透過的に管理できる点です。万が一、個人的に利用した費用を経費として申請した場合でも、ウェブポータルですべて”見える化”することで、不正を防ぐことができます。

また、企業様ごとに利用ルールを設定することもできます。例えば、月曜と金曜の9時〜18時までしか使えないという時間制限や、1日いくらまでしか使えないという上限金額の設定も可能です。

企業様にとっては、利用状況がすべて見える形となり、経費をこの金額で収めるという上限を決められる点もメリットかと思います。

5. 「Grab For Business」はすべてのGrabサービスに対応してる?

Q:Grabタクシーなどの配車サービスだけでなく、フード、配送、マートすべてに対応しているということですね?

Grab 早川様:はい、配車、フード、配送、マートのすべてに対応しています。訪問先の企業様への手土産をマートで買ったり、何か荷物を送る場合にも「Grab For Business」をご利用いただけます。


6. GrabとSB Telecomの関係性は?

Q:次に、Grabサービスに関する窓口であるSB Telecom 田尾様にお聞きします。Grab様との関係性を教えてください。

SB Telecom 田尾様:弊社SB Telecom SingaporeはGrab社の筆頭株主で、東南アジア(シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インドネシア、タイ)の6カ国においてGrab社とパートナーシップを組んでいます。

そのため弊社は、日系企業様におけるGrabサービスのオペレーションやセールス全般を担っています。シンガポールの事務所では、シンガポール、マレーシア、フィリピンの3カ国をサポートしています。

7. セールスの際「Grab For Business」のどんな点をおすすめしている?

Q:「Grab For Business」についてのセールスもご担当されているとのことですが、本サービスのどのような点をおすすめしていますか?

SB Telecom 田尾様:先ほどの早川様のお話にもあったように、業務の効率化と生産性の向上をポイントに企業様へおすすめさせていただいております。

従来の経費精算のやり方である、一つ一つのレシートを集計して申請し、それを確認して承認するという手間が省けるのはとても効率的です。

またそれによって、これまで経費精算に割いていた時間を他の業務に充てることができ、生産性も上がります。企業様にとっても従業員にとっても、メリットが大きいと考えます。

8. 「Grab For Business」でトラブルが起きた場合のサポートは?

Q:「Grab For Business」のサービスで何かトラブルが起きた場合、サポートしていただけるのでしょうか?

SB Telecom 田尾様:はい、「Grab For Business」導入後に何か問題が起きた場合、弊社がすべてサポートいたしますのでご安心ください。例えば、アプリケーションが動かない、請求金額に間違いがある、ウェブポータルに問題が生じたなど、何かありましたらご連絡いただければ対応いたします。

連絡手段は電話、Eメール、WhatsAppとさまざまな窓口を用意しておりますので、何でも気軽にご相談ください。もちろん日本語で対応いたします。

 

9. 「Grab For Business」を導入しようと思った理由は?

Q:それでは実際に「Grab For Business」を導入された企業様の代表として、Good Job Creations 芝崎様にお聞きします。本サービスを導入しようと思った理由を教えてください。

Good Job Creations 芝崎様:弊社は日系企業を中心とした人材紹介ビジネスを行っており、現在2000社以上の企業様とお取引させていただいております。営業活動の範囲はシンガポール全土で、基本的にはすべてタクシーを使います。また、一人当たりの営業件数は月に約30件に上ります。

「Grab For Business」導入前は、月に2回の締め日を設定して経費精算を行っていました。レシートは月に60〜80枚と膨大な量で、エクセルで表を作り、すべてのタクシー利用実績を打ち込んでレシートと一緒に提出するという作業をしていました。

毎月2回の経費精算に費やす時間は、それぞれ1時間ほど。また、レシートを紛失した場合はさらに時間を要します。申請側にも承認側にも、このような経費精算のやり方は負担が大きいと感じていました。

そんな中、2019年ごろに「Grab For Business」というサービスを知り、これだ!と導入を即決しました。

10. 「Grab For Business」を導入して何が変わった?

Q:「Grab For Business」を導入して何が変わりましたか?

Good Job Creations 芝崎様:従業員が費用を立て替えて、それを申請して承認して…という作業が不要になったので明らかに効率が良くなりました。

これまで営業一人あたり月に2時間は経費精算に時間を充てていました。その時間がなくなったことで、少なく見積もっても全社で月50時間の事務作業時間が削減できているので、効果はとても大きいと感じます。

11. 配車サービス以外に利用しているサービスは?

Q:現在は「Grab For Business」で主に配車サービス(Grabタクシー)を利用しているとのことですが、他のGrabサービスは利用していますか?

Good Job Creations 芝崎様:はい、配車以外にもあと二つのサービスを利用しています。一つはマートです。会社で月に一度、従業員向けに誕生日会を開いているのですが、そこで使う花をオーダーしています。また、営業で急きょ必要になった手土産をオーダーすることもあります。

二つ目は、配送です。これはコロナ禍でとても重宝しました。当時のシンガポールでは、日本から入国した社員は2週間か3週間のホテル隔離がありました。隔離期間中でも業務を行えるようPCをホテルに送る必要があり、そのときに配送を利用させていただきました。

12. 「Grab For Business」を導入して楽になったという実感は?

Q:「Grab For Business」を導入して、さまざまなことが楽になったという実感はありますか?

Good Job Creations 芝崎様:はい、すごく楽になったと実感しています。月に一度サービスの全利用金額をGrab様より弊社にご請求いただき、それをお支払いするだけ。ウェブポータルを確認すれば、いつ誰がどこからどこまでGrabタクシーに乗ったかなどの記録を確認できるので、不正利用などのチェックも可能です。

また、「Grab For Business」を利用できる曜日や上限金額を設定できるので、従業員が過度に経費を使う心配もありません。困ったことや問題が起きた場合は、SB Telecom様にご連絡すればすぐにご対応いただける点も安心ですね。


その他おすすめのGrabサービス「GrabGifts」をご紹介!

Q:他にも「GrabGifts」というおすすめのサービスがあると伺いました。どのようなサービスでしょうか?

Grab 早川様:「GrabGifts」はいわゆるEバウチャーです。ビジネスシーンにおいては、例えば社内のチームでランチをするとき、「今日はみなさんでごはんを食べてくださいね!」と会社から従業員にバウチャーとして食事代を還元するという使い方ができます。オンラインでミーティングをする機会が増えた今、オンライン上でカジュアルにランチを楽しむ場合に最適だと思います。

また、社内表彰の景品や従業員の誕生日プレゼントとして、さらには勤続10年などの節目のお祝いギフトとしても喜んでいただけるのではないでしょうか。


Q:「GrabGifts」のバウチャーは、Grabのどのサービスにも利用できますか?

Grab 早川様:はい、バウチャーはGrabのサービス(配車、フード、配送、マート)のどれにでも使えます。


Q:現在「GrabGifts」のお問い合わせ状況はいかがでしょうか?

SB Telecom 田尾様:「Grab For Business」同様、「GrabGifts」に関しても弊社がお問い合わせ窓口になっているのですが、ありがたいことにたくさんのお問い合わせをいただいております。昨年は特に、カンパニーイベントなどで従業員に向けてのプレゼントとしてバウチャーをご購入される企業様がたくさんいらっしゃいました。



SingaLife読者の皆様へメッセージ

Q:最後に、SingaLifeの読者の皆様へメッセージをお願いいたします。

Grab 早川様:今回弊社のサービス「Grab For Business」と「GrabGifts」をご紹介させていただきました。

「Grab For Business」につきましては、自社で車をお持ちの企業様、またはタクシーをお使いの企業様にとっても、今より業務の効率化やコスト削減につながる可能性があります。自信をもってご提供できるサービスなので、もしご興味がありましたらぜひ一度お問い合わせください。

SB Telecom 田尾様:これまでの多くの時間を経費精算に費やしていた企業様は、ぜひご検討いただけたらと思います。業務が効率化することで企業様にとっても従業員にとってもメリットがたくさんあります。

また、Grabのサービス導入後に何か問題が起きた場合、弊社がすべてサポートいたしますのでご安心ください。

Good Job Creations 芝崎様:弊社では「Grab For Business」導入後、経費精算などの事務作業時間が格段に減って通常業務が捗るようになったと、従業員から喜びの声がたくさん上がりました。サービスを導入する決定権のある方は、ぜひ現場の声や従業員の声に耳を傾けてほしいと思います。手数料はかかりますが、確実にそれを上回るメリットの方が大きいと感じています。


「Grab For Business」で経費精算をもっと賢く!もっと楽に!

経費の立替精算が当たり前の時代は、大きく変わりつつあります。今こそ面倒な経費精算を見直すチャンスかもしれません。「Grab For Business」を使って経費精算をもっと楽に効率化してみませんか?気になる企業様はぜひお気軽にお問い合わせください。

<Grab For Business及びGrabGiftsに関するお問い合わせ先>

SB Telecom Singapore Pte. Ltd. 田尾
所在地:9 Battery Road #28-01 S049910
電話:(+65) ​9618 4882
E-mail:grp-sts-grab@g.softbank.co.jp

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。





●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。


最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagram、メルマガでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!