シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

世界の旅(Zipan)170号

Laos pics from Momo_190724_0101

コロニアルロマンス・メコン川の船旅Mekong Kingdom-Gypsy

[ゴールデントライアングル~ルアンパバーン]

チェンライ又はルアンパバーンへ直行便で約3時間

タイとラオスを繋ぐ古の交易路を辿る

豪華メコン川の船旅

 

メコン川をクルージングする豪華客船ジプシーは全長41m×幅4.8mの大型クルーズ船。
客室は2室あり「1キング」と「1ツイン」乗客定員は5名が宿泊可能で貸切対応のクルーズ。
客室はシャワールーム&トイレ、エアコン、ミニバー、ヘアドライヤー、安全金庫が完備。
船内設備はキッチン、バーラウンジ、ダイニングルーム、サンデッキが利用でき
専属クルーが同乗してご案内。
日程はルアンパバーン発の3泊4日とチャンセーン発の2泊3日があり途中、
焼酎作りの村やゾウの保護センター、パクウー洞窟など下船して見学します。
さらに、ショアエクスカージョンとしてフィッシング、ジャングルトレッキング、
マウンテンバイク、ラオス焼酎飲み比べ、ゾウの見学、ラオス織物、植物園見学なども用意され飽きることはなさそう。
船内でも楽しめるヨガ、民族舞踏体験、ラオス語習得、織物ワークショップ、
ラオス料理教室 とアクティビティも豊富。
クルーズ船の運営はアナンタラやアヴァニホテルを運営するマイナーホテルなので
クルーズ中の食事も一流のクオリティ。
ルアンパバーンのアヴァニホテル、チェンライ郊外のアナンタラ・ゴールデントライアングルの前後泊の組み合わせでオリジナル日程も可能。
アジア最後の秘境に登場した貸切ララグジュアリークルーズは生涯忘れられない
思い出を残してくれそうだ。

 

キャプション

1)Mekong Kingdom Gypsy号の専属シェフ

2)デイクルーズ用のMonsoon号は全長40mで25名乗り。パクウー洞窟へのシャトル送迎やサンセットクルーズなどで活躍 3)Boheme号全長42m、13キャビンの大型クルーズ船。ゴールデントライアングルからルアンパバーンまでの下りは2泊3日、登りは3泊4日で運航します。サンデッキやスパルームなどもあり

4)Gypsy号のクルー 5)Gypsy号のキングルーム

6)Avani+ Luang Prabangはルアンパバーンの市中心部に位置しホテル前で托鉢が行われる 

7)メコン川で暮らす人々の生活を垣間見る

 

8)Gypsy号 9)クルーズ中は3食事つき

10)Anantara Golden Triangleのスパは風通しのよい3階建てのパヴィリオン。トリートメントルームからはタイ、ラオス、ミャンマーの3ヵ国が見渡せます

11)Golden Triangleのインフィニティープール

12)Golden Triangleではゾウ使いのキャンプがありゾウと触れ合えるプログラムも用意されています

13)Gypsy号のラウンジからの写真。インドシナのコロニアルな調度品やアートが旅情を掻き立ててくれます 14)プーシーの丘からメコン川に合流するNam Khan川を臨む風景。緑豊かで落ち着いた古都の佇まいがルアンパバーンの魅力

アバター
この記事を書いた人