シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

五感を刺激してくれる食のエンターテイメントBAM!タンジョンパガーで堪能する洋と日本酒のペアリングコース

評価の高いレストランが並ぶタンジョンパガーの一角にあるモダン酒道レストランBAM!(バム)。酒道レストランです。酒道レストランとは利酒師がそれぞれの料理に合うお酒を勧めてくれる、新しいスタイルのレストランのことです。

日本酒80本を貯蔵するセラーに圧倒

入ってすぐ目にするのは80本の日本酒の入ったセラーとオープンキッチンにカウンター席が10席。レストラン内に入ると大人の背の丈ほどある巨大なフラワーアレンジメントがバーカウンターに飾られています。テーブル席と個室があり、個室の扉を外すことで40人まで着席が可能です。

自身も利酒師の女性オーナーのこだわり

こちらのフラワーアレンジメントはオーナーであるシンガポールセレブリティのコンスタンス・ソング氏の作品です。

レストランを彩る絵画や照明も彼女が選んだもので料理、レストランデザイン、料理週3回はレストランを訪れるそうです。そんな彼女も利酒師の一人。料理も日本酒も合わせることによって、お互いを高め合うことができると信じており、日本酒ペアリングレストランをオープンすることを決めたそうです。

店内はモダンな洋風スタイルの中に着物を着た日本人女性の写真が飾ってあったりと和の要素も取り入れてあり、日本酒ペアリングを楽しむには絶好の雰囲気です。

おまかせ+酒ペアリングがおすすめ

料理と日本酒が前菜からデザートまでセットになり、コースとなっているのがこちらのBAMの人気メニュー”OMAKASE”。

今回、シンガライフ編集部は7コース酒ペアリングを体験しました!

メニューは好みや季節により変わるので、雰囲気やシステムをお伝えできればと思います。まずは7コースに含まれる前菜よりも前にオードブルが3つと日本酒が来ることに驚きました。前菜かと思い、尋ねてみるとコース前のご挨拶ということです。

お客様のびっくりした顔と喜ぶ顔が見たくてというオーナーの心遣いから生まれたアイデアだそうです。こちらももちろん日本酒ペアリング付き。

このようなサプライズはとても嬉しいですよね。チェリーガスパッチョ、明太子と数の子のポテトフリッター乗せ、桜海老のおせんべい、アンチョビソース添え。

いよいよコースがスタート。すべての料理と共に利酒師によって選ばれた日本酒が提供されます。最初は爽やかな清酒が続き、中盤は少し変わった無濾過の純米大吟醸、そして最後の和牛ステーキではガツンと強い日本酒が提供され、一つのショーを見ているかのような素晴らしい食のエンターテイメントでした。

7コースの内容はこちら

・大葉の上に甘海老タルタル、ウニ、キャビア載せ
・冷トマトとフェンネルゼリー
・海老とほうれん草、いくら、ポン酢バタークリームソース和え
・北海道ホタテ、白身魚、クラムチャウダー
・夏トリュフとコーンのリゾット
・メイン 和牛ステーキ
・デザートは3種類 梅酒”筑波山の梅酒”

翌週にリピートするお客さんも

メニュー考案の際に酒ペアリングをしながらコースを作り上げていくので、お客さんの満足感が高く、リピーターになる方もいるそうです。ペアリングとは料理とお酒を組み合わせて、それぞれの良さを引き立てることを指します。オーナー、シェフ、レストランマネージャー全員が日本酒コースを受けており、安心してお勧めを尋ねることができます。

5コースと酒ペアリング$226(料理のみ$158)
7コースと酒ペアリング$286(料理のみ$188)

シェフのリーシーさんの細やかな技術に終始感動

2009年に世界シェフ選手権(Outstanding Culinary Apprentice in the World)で優勝をした凄腕シェフ、リーシーさん。

スペインで2年間タパスの修行をし、ラテンと日本料理のフュージョンレストランの副シェフとしてドバイで2年間勤務。2016、シンガポール帰国後、BAMで働き始めて、当時トップシェフだったぺぺさんに日本料理の繊細な味と美しさをプレゼン。BAM!が日本食を本格的に取り入れ始めたのは、それからだと言います。

ぺぺさんはアメリカのワシントンD.C.にあるBAMの姉妹店のシェフになったため、シンガポール店のトップシェフにリーシーさんが就き、7名のシェフを統率しています。

炭水化物は1品だけ

全ての料理を万全な気持ちと胃袋の状態で楽しんでもらいたいからと、コースで提供する炭水化物は1品と決めているそうです。「レストランで一番残念なのはパンでお腹いっぱいになってしまい、実際のコースを楽しめなくなるところ」とリーシーさん。

最後のデザートまでを心ゆくまで楽しんで欲しいという女性ならではの心遣いと願いが感じられますね。シーフードには日本酒以上に合うドリンクは無いと話していました。

ビジネスmtgにランチセットを

ビジネスミーティングにはランチセット$58がオススメです。こちらはドリンクが含まれないので日本酒をグラスで頼む方が多いそうです。

おまかせと金曜、土曜のディナーは混み合うそうで予約が必須です。リーシーさんのアーティスティックな創作料理とそれに合わせたペアリングを楽しみに海外からレストランを訪れるお客様も多いので、観光客の少ない今が狙い目です。五感で味わう食のエンターテイメントを是非BAMでお楽しみ下さい!

日本酒グラス1杯サービス!
Code: BAMLIFE0810
期間:11月30日まで
*コードを店員にご提示下さい


<< Bam! Restaurant >>
住所:38 Tras St, Singapore 078977
電話:6226-0500
営業時間: 月-金 12:00-14:00 18:00-22:30 土 18:00-22:00
定休日:日
https://www.bam.sg/

フィントリリス彩花
この記事を書いた人
東京生まれ・東京育ち。ツアコン、山ガイド、米国ディズニー、ニューヨーク勤務を経て、結婚、出産し、シンガポールへ移住。 現在は2児の母。 人と話すこと、書くことを生きがいとしており、私の文章を通して皆様の世界が広がりましたら本望です。