シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

人気殺到、話題の麻辣ヌードル!SingaLife読者限定企画アリ

Malatang Matsuri 麻辣湯

スタッフへの愛情から生まれた1杯。らーめん屋が作った自家製麻辣スープにお好きな野菜と辛さを選んで!!

同店で楽しめるのは、麻辣スープヌードル。なんて聞くと「辛いのはちょっと・・・。」と思う方もいるかもしれませんが、心配ご無用。具材、辛さ、全て自分好みのものを、好きな分量選べるのも同商品の魅力なんです。

オーダーの仕方は簡単。春雨、もしくはこんにゃく麺(+1.5$)をチョイス。次に、ほうれん草、白菜、トマト、もやしなど常時10種類以上の野菜から3種類、そして、チキン、ポーク、サーモン、鳥団子、ピリ辛風味の豚ひき肉などのプロテイン類から1種類を選びます。

Malatang Matsuri 麻辣湯

スープの辛さのレベルは0~5段階で、お好みの辛さを選びましょう。具材を茹でてもらい、スープを注いだら完成!($9.8++)

特に野菜が充実してるので、あれこれ目移りしてしまうが、選ぶ楽しさも同店の醍醐味。野菜命、スパイシー大好きな筆者は、まず春雨。続いてパクチー、ほうれん草、ブロッコリー、オクラ、トマト、白菜、もやし、ひき肉と盛りだくさん。(野菜は1種類追加ごとに+$1.5、肉類+$3.0)スープはもちろん、マックスの辛さ5!さて、お味は?

Malatang Matsuri 麻辣湯

辛さは予想していたよりマイルド。そこまでスパイシー好きでなくても無理なく食べられる?と思いきや、じわじわ後から辛さが押し寄せてきて、気づけば汗だく

でも、単に辛みだけでなく、濃厚なスープの旨味が新鮮なシャキシャキ野菜によく絡み、アッという間に完食。でも麺もヘルシーなので、食後も罪悪感なし(笑)。因みにスープのベースはチキン白湯。辛さをゼロにするとコクのあるチキンスープも楽しめるので、辛みなしで頂くのもお勧め

Malatang Matsuri 麻辣湯

元々ラーメン屋、バーなど様々な飲食店を経営している同店の池端健一オーナー。なぜ今この店をオープンしたのか聞いてみると・・・?

「うちはラーメン屋などをやっているので、スタッフのまかないも、割とボリューミィでハイカロリーなものになりがち。でも、食事は毎日のことなので、スタッフにも、なるべくヘルシーで体に優しいものを食べてもらたいなという想いがきっかけで、思いつきました。

サラダバーは既に沢山あるし、野菜が豊富に取れて、食べて満足感が得られるものって何があるかなと考え、好きな具材と辛さを選べる麻辣湯にらーめんの要素を合わせれば最高の物ができるんじゃないか。そんな今までにない物を作りたく始めました。

毎日食べても健康的というのが最大のメリットです。そして、ラーメン屋の強みで、スープにも凄くこだわってます。秘伝の調味料で煮込んだスープは病みつきになるお客様も多いんですよ。」

とにかく選択肢が多いのが嬉しい。例えば、スープ麺以外にも、”ドライ”も選択可能。またスープとは違う美味しさがあり、筆者個人的にはこちらの方が好み♬特にドライの場合、温玉のトッピングが一押し。トロトロにとろける卵と野菜、肉、麺のハーモニーは箸が止まらない♬

また麺なしのオーダーも可能で、この場合は通常価格で、もう1品野菜を追加できる。テーブルには備え付けのゴマ、チリ入りのソイソース、ジンジャー、ブラックビネガーなどを置いてあるので、好みで好きなものをトッピング。どこまでも”自分好み”を追求できるのが嬉しい♬

またイートインでだけでなく、持ち帰りも可能。麺ものびないので、他の麺類と違い、安心して持ち帰れるのも強み。


今回はSingaLife読者限定プレゼントをオーナー池端さんに用意して頂きました。
「SingaLifeを見た!!」で$9.8++(野菜から3種類、プロテイン類から1種類)1 for 1を実施
11月30日まで実施しますのでお見逃しなく!!


《Malatang Matsuri 麻辣湯》
1 Tras link #01-07 Orchid Hotel シンガポール078867
毎日営業(お昼)11:30〜14:30(夕方)18:00〜21:30

https://www.facebook.com/malatangmatsuri.sg

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。