シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

シンガポールのワンランク上の韓国料理をデンプシーヒルでいかが?

シンガポールのお洒落エリア「デンプシー」にある韓国料理レストランで優雅なランチとディナーを

ふとした時に強烈に食べたくなる衝動に駆られる韓国料理。タンジョンパガーやテロックアヤに多くあるガヤガヤした韓国料理レストランではなく「今日は雰囲気がいいお店で韓国料理を食べたいな」。
そんな時は少し足を伸ばして、シンガポール屈指のお洒落エリア「デンプシーヒル」まで。デンプシーヒルで唯一の韓国料理レストラン「chang restaurant(チャンレストラン)」は、白い外壁と高い天井が特徴的で開放感ある店内で、シンガポールにある他の韓国料理レストランとは一線を画しています。

店名の由来は「窓」。大きな窓と開放感ある店内で印象的

「chang restaurant」の「chang」は日本語で窓という意味で、その店名の通り、大きな窓がある開放的な作りが印象的です。その外観は一見すると、韓国料理というよりも、イタリアンやフレンチレストランのような雰囲気を醸し出しています。
メニューは、焼肉やチゲ(鍋)といったコリアンの定番から、チヂミやユッケなどのサイドメニューまで充実しています。

焼肉は、和牛のほかアメリカ産やオーストラリア産のビーフを使い、韓国から取り寄せるこだわりの炭で焼く本場の韓国スタイル。炭が発する強い火力と遠赤外線効果で、焼いた後も肉はジューシーさをキープしたまま。ヒマラヤ岩塩入りの「chang restaurant」オリジナルのごま油が素材の美味しさを最大限に引き出し、旨味が口に広がります。

オーナーの母親手作りを再現したキムチはchangいちおしメニュー

韓国料理レストランで嬉しいのが、付け合わせの品々ですよね。そのうちの1つのキムチは、「chang restaurant」のオーナー・文さんの母親が作るキムチを再現したもので、からさはマイルドでありながらもコクと旨味が感じられます。もちろん他の韓国料理レストランと同じで、このキムチを含む付け合わせはおかわり自由です。

焼肉以外でぜひ食べてほしいのが、サムゲタンです。朝鮮人参をたっぷりと使い、丸々の一匹の鶏から出るエキスが染み込んだ滋味深いスープが絶品。シンガポールの強い冷房で冷えがちな体をじんわりと温めるのにおすすめ。スンドゥブなどのチゲ(鍋)のほか、日本ではなかなか食べられないユッケやトッポギといったサイドメニューも充実しています。

韓国料理レストランとは思えないほど豊富にお酒を取り揃え、ビールやマッコリといった定番以外にも、セラーで管理するワインも用意。スパイスの効いた韓国料理とこれらのお酒を合わせれば、いつもの韓国料理とは異なったワンランク上のコリアンを楽しめること間違いなし。

changのランチメニュー

・銀ダラセット $48
ホタテとエビのサラダ、ポッサム、銀ダラの味噌焼き、日替わりご飯とスープ、自家製アイスクリーム
・焼肉BBQセット $43
海鮮チヂミ、牛ロース(120g)、自家製麺の冷麺もしくは日替わりご飯とスープ、自家製アイスクリーム
※日替わりご飯は:スンドゥブ、ウェンジャンチゲ、ユッケジャン、サムゲタンのいずれか

changはランチもディナーも1つひとつのポーションが大きいので、仕事仲間は友達家族など5、6人の大人数で、品数多く注文してシェアするのが「chang restaurant」のおすすめの使い方。
ちょっとお洒落に韓国料理でも、と思ったらこの「chang restaurant」で間違いなし。

chang restaurantの紹介動画はこちらから↓

<お店情報>
住所:71 Loewen Rd, #01-01, Singapore 248847
電話番号:6473-9005
営業時間
日〜木 12:00-15:00 18:00-22:00
金〜土 12:00-15:00 18:00-22:30
定休日:無
Web:http://changbbq.com.sg/

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。