シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

【大人の社会科見学172&173号】54回目のシンガポール・ナショナルデー 毎年8月9日に祝う独立記念日2


シンガポールで楽しむイベント その114

ナショナルデー 2019②


国中が赤と白で彩られる
シンガポール独立を祝う日

 

シンガポールでは、建国記念日のことを指す「ナショナル・デー」。

マレーシアから追い出される形で独立した後、天然資源がない状況から、
工業、商業、金融など時代のトレンドにいち早く乗り、
今ではアジアナンバー1、世界でも有数な富裕国家となりました。

ここに住むシンガポール人は、まさに全員がサクセスストーリーを体感してきています。
そのため、ナショナルデーは、国民全員が盛り上がる一大イベント。
日本では、建国記念日に、国民全員が一体感を感じるようなことはありませんが、
ここシンガポールでは、全員がシンガポール人であることを誇りに思う日となります。

今年のナショナルデーは、ラッフルズ上陸200年を記念し、
シンガポールを代表する場所であるパダンで開催。
観覧席は、シンガポール国籍と永住者保持者のみとなりますが、
一般の人たちも、マリーナベイで、花火や航空ショーなども体感できる予定になっています。
今のシンガポールの豊かさを象徴するようなナショナルデーパレードは、一見の価値があります。

シンガポールに住んでいるこの機会に、ぜひ訪れてほしいと思います。
なお、ナショナルデーの詳細については、政府から発表されるスケジュールで
最終確認をしてください。

https://www.ndp.org.sg/

 


筆者 森山 正明

大人の社会科見学シンガポール版は、シンガポールで生活している方々へ、シンガポールの奥深さを知ってもらいたい思いで活動を始めました。「3ヶ月も住んでいればシンガポールは飽きてしまう」と巷では言われますが、なかなかどうして、この地ならではの楽しみは、尽きることはありません。2013年11月からこのサークル活動を始めて約5年。行ったイベントは、200回を超え、その中から読者の方にもシンガポールの文化や習俗について年中行事を軸に紹介をして参ります。


アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。