シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

新しいクラブは、安定性と飛距離に重視HONMAの技術の結晶「BERES」 初級者〜中級者に最適

HONMAゴルフが新しくリリースしたゴルフクラブ「BERES」のニューシリーズが誕生。ロゴも刷新され、全く新しいBERESへ

HONMAゴルフが新しくリリースしたゴルフクラブ「BERES」のニューシリーズが、1月シンガポールでお披露目されました。会場となったシンガポール東部のラグーナナショナルゴルフ場には、国内のゴルフ関係者などが集まり、担当者からの説明に熱心に耳を傾けていました。

2011年に誕生したBERESシリーズはおよそ2年ごとに新商品がリリースされてきましたが、今回はこれまで以上に大幅なモデルチェンジ。ロゴも刷新され、全く新しいBERESとなっています。

ー飛びにこだわった構造

新しいBERESが重視したのは、安定性と飛距離です。反発力を最大限まで高めて、ボールをより遠くまで安定して飛ばせるような構造になっています。多くのゴルファーが一番好きな瞬間であろう綺麗な放物線を描いてボールを飛ばす瞬間を大切にしています。

ー日本の匠とアメリカが融合

それを実現できたのは、HONMAが誇る匠と呼ばれるクラブ職人たち。山形県酒田市にある自社工場で一つ一つ作り上げていたBERESですが、新しいモデルはアメリカに新しく立ち上げたチームと匠を融合させることで、これまでとは全く違うクラブになっています。シャフトにはカーボンと金属を混合させた素材を使うことで、軽さに加えてしなやかさを実現。さらにボールの飛ぶ方向がずれる原因となる、スイング中のねじれを少なくすることで、理想的なスイング軌道となります。

ー初心者から中級者に最適

BERESはその性能によって2S、3S、4S、5Sの4段階に分かれ、最上位の5Sはボールがクラブの中心から少しずれて当たったとしてもボールの方向は安定し、飛距離も大きく落ちることがないようになっています。そのため、ゴルフを始めたばかりのプレイヤーや中級のプレイヤーに適しています。
ちなみに安倍晋三首相が2016年、就任前のトランプ米大統領に国産のゴルフクラブをプレゼントしたと話題になりましたが、そのクラブはこの「BERES」の5Sだったと言われています

ー高級感のあるデザイン

BERESはHONMAの製品の中でもラグジュアリー感を重視したシリーズで、今回の新型BERESはベースの黒色に金色をあしらい、高級感を感じさせるデザインになっています。購入したクラブのセットを家に置くだけで、生活での豊かさを感じてもらる、ステータスを感じられるようなゴルフセットになることを目指しています。

株式会社本間ゴルフのアジア営業部部長の鈴木隆弘さんは次のように話します。「これまでとは全く異なるニューBERESを、まずは試打をしてください。これまでのクラブとの打感の違いを実際に感じてもらえると思います。BERES所有することでのステータスも感じられるデザイン性があるので、ぜひお手に取っていただきたいです」。

「BERES」の試打や購入は、HONMAゴルフ&販売代理店のPAN−WESTの店舗などで購入が可能となっています。

 


《 HONMAゴルフ 》
・ウィーロックプレイス店
住所:501 Orchard Road #03-03A Wheelock Place 03, 03A, 238880
電話:6338−2380
営業時間:月〜日 11:00 – 20:00
Web:https://pan-west.com/honma/

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。