「新型コロナとの闘いはマラソン」制限期間明けにリー首相が声明。6月1日でCB終了

「新型コロナウイルスとの闘いは、短距離走ではなくマラソンのような長距離走になる」。
4月7日から始まった外出制限期間「サーキットブレーカー(CB)」が6月1日で終了するのに合わせて、シンガポールのリー・シェンロン首相が自身のフェイスブックでシンガポール国民に向けた声明を出しました。

我々の生活がもろいことに気づかされた

リー首相は声明の中で「新型コロナウイルスによって、我々のこれまでの生活がいかにもろいものであったのかを気づかせた」と述べています。
その上で「ワクチンが開発されて実用化されても、新型コロナウイルスが流行する前の生活に戻ることは簡単ではない」としています。

国民に謝意を示す

およそ2ヶ月におよぶサーキットブレーカーが終わることに合わせて、リー首相は国民に謝意を示しました。そして「一人ひとりが自身できることをしてくれたおかげで、サーキットブレーカーを終わらせることができます」と綴っています。


こちらの記事もご覧ください。
「2日からMRTやバスは通常ダイヤに。外出時にマスク着用は継続。摘発で罰金刑も」

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!