10月31日シンガポール、バンコク、現地入試決定 海陽中等教育学校で次世代のリーダーを育む

海陽中等教育学校は、2006年にトヨタ自動車・JR東海・中部電力を中心に80社を超える企業の賛同を得て設立された、愛知県蒲郡市にある全寮制・中高一貫の男子校です。設立にあたっては英国の名門パブリックスクール・イートン校を参考とし、寮生活での親密な交流を通じて、次世代のリーダーに必要な基礎学力と人間性を育んでいます。

今回、海陽中等教育学校が海外2都市(シンガポール、バンコク)で帰国生入試および、編入学試験を10月31日に実施します!

※10月18日0時以降、出願可能

2022年度海外入試(2021年10月31日実施) 入学試験概要

募集人員:若干名

受験資格:
2022年4月に1~4年(中1~高1)になる男子生徒で、
新 1 年帰国生入試への出願は以下のどちらかの条件にあてはまる者
1)海外在住経験 2 年以上,かつ帰国後3年以内の者
2)出願より遡って 5 年以内に国内の外国学校において教育を2年以上受けた者

入学試験日:10月31日(日)

試験会場:下記記載

出願期間
2021年10/18(月)~10/27(水)
(出願書類の提出は郵送またはPDFファイルにして電子メールでの提出も可能です。詳細はこちらを参照ください。)

出願書類

  1. 【必須】海外入試志願書(本校指定用紙)
  2. 【必須】通知表の写し(中学入学時から、出願時点で最新のものまで)
  3. 【必須】海外で在学した学校(外国学校を含む)の成績表の写し(2年分程度)
  4. 【任意】実力テスト結果、課外活動などにおける実績、各種資格・検定証明などの書類の写し
2022年度帰国生入試(2021年10月31日実施) 海外帰国入試会場
【バンコク】Asoke Interchange 21 Building UL floor PERSONNEL CONSULTANT 内会議室(L, UL floor Interchange 21 Bldg,399 Sukhumvit Road, Klontoey NUA, Wattana, Bangkok)
【シンガポール】Singapore Management University (81 Victoria St Singapore)

試験時程
帰国入試では、英語受験の有無を選択できます。英語を選択した場合、筆記試験に加え英語面接を行います。英語による教育を受けてきた者、および入学後にAdvanced English Class(英語特別クラス)への参加希望者は必ず英語を選択してください。試験時間はそれぞれ現地時間です。

1年帰国生入試(海外)】

入 室09:30 ~ 10:00
算 数 10:10 ~ 11:00 (50 分) 100 点
国 語11:20 ~ 12:10 (50 分) 100 点
昼 食12:15 ~ 12:50 (35 分)
英 語(選択)13:00 ~ 13:35 (35 分)
英語面接(選択)13:40 ~ (1 人 10 分程度)
英語と合わせて計100点
保護者同伴面談(試験終了後)各組 10 分程度

 

合格発表:11月2日(火)
入学手続期限:11月5日(金)日本時間:15:00まで

2021年度生徒募集要項

▽詳細(HP)はこちら
https://www.kaiyo.ac.jp/admission/

※募集要項・志願書PDF
https://www.kaiyo.ac.jp/pdf/2022_kaigai_nyushi.pdf

海陽中等教育学校の3つの特長を紹介します!

特長① 全寮制だから実現できる「全人教育」
・ハウス(寮)での生活やイベントの運営は生徒主体で実施し、多くの仲間と互いの価値観の違いを乗り越え、主体性や協調性を育む日々が待っています。
・時間に縛られることなく幅広い課外活動に挑戦することができ、さまざまな外部大会でも実績を上げています。
(実績の一例)
「科学の甲子園」全国優勝、「キャリア甲子園」全国優勝、「高校模擬国連」国際大会出場、「国際数学オリンピック」日本代表・金メダルなど

特長② 「なりたい自分」をイメージできる、企業人との深い交流
・日本を代表する企業から派遣された20名を超える若手社員が「フロアマスター」として生徒とともにハウス(寮)で生活し、社会人の先輩として生徒一人ひとりの成長をサポートします。
・賛同企業の協力により、ビジネスの最前線を学べる「企業訪問」を行うことで、将来の進路を具体的にイメージするきっかけを与えます。

特長③ グローバルに活躍できる人材へと更に成長できる教育環境
・Advanced English Class (AEC)において、ディベートや発表などを通じた習熟度別の指導を行うなど、海外大学を目指すサポート体制も充実しています。
・英国イートン校などへの短期留学制度を利用し、毎年多くの生徒が国際交流を通じた貴重な学びを経験しています。
・後期課程からの編入生が他の生徒の学習進度に遅れないようサポートするクラスも用意しています。

※10月18日0時以降、出願可能


海陽中等教育学校
住所:愛知県蒲郡市海陽町3丁目12−1
HP:https://www.kaiyo.ac.jp/
LINE:https://bit.ly/3F3yUAG
TEL:+81-(0)533-58-2406

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!