SingPost、シンガポールとハンガリーの外交関係開設50周年を祝う特殊切手を発行

※写真はイメージです

シンガポール郵便局(SingPost)は10月22日、シンガポールとハンガリーが今年で外交関係が50年周年となることを記念し、ハンガリーの郵便事業者マジャールポシュタとの切手発行を開始すると発表した。

この共同切手発行では、ハンガリーの首都ブダペストのセーチェーニ鎖橋が左側に、シンガポールのカヴェナ橋が右側に描かれており、両国の橋が取り上げられています。

シンガポール川に架かるカヴェナ橋は、1869年に建設され、海峡植民地時代の総督を務めたウィリアム・カヴェナにちなんで名付けられた、シンガポールで最も古い吊り橋です。当時、橋はコマーシャルスクエア(現在はラッフルズプレイス)と政府の地区を接続していました。

SingPost上席副社長のMarjorie Ooi氏は、「シンガポールとハンガリーの関係は長い道のりを歩んできました。私たちは過去半世紀にわたって長年の良好な友好関係を築いています」と、記念切手の発行が栄誉であることを述べました。
切手は1枚あたり1.40ドル、ミニチュアシートは1シートあたり3.00ドルです。
事前に発行日当日の消印が押してある初日カバーはそれぞれ4.25ドルで、プレゼンテーションパックは5.35ドルです。

これらはすべて本日から販売が開始され、すべての郵便局、切手収集店、およびSingpostのWebサイトよりオンラインで購入できます。

アバター

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。