シンガポールで11歳の少女を殺害した容疑で26歳の男女を起訴

シンガポール警察は11月11日、26歳の男女が11歳の少女殺害に関与した疑いで起訴したと述べました。女性は少女の実の母親であり、男性は義理の父親だったということです。

警察によると、少女は意識不明の重体でNg Teng Fong総合病院に運ばれましたが、その後午後12時40分に死亡が確認されました。

警察の捜査の後、カップルは少女の死に関与した疑いで逮捕されました。
共謀による殺人罪として有罪判決を受けた場合、シンガポールの刑法では死刑となるということです。

動機などの背景はまだ明らかにされていませんが、親世帯と同居する夫婦も多い一方で、そうでない方もいること、何か関連はあるのでしょうか。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!