伊勢志摩パールジュエリーグランプリ2020

パール、真珠

今年で3回目になる「伊勢志摩パールジュエリーグランプリ2020」は、伊勢志摩での展示・投票だけでなく、オンライン投票に加え、12月3日から19日まで在シンガポール日本大使館 Japan Creative Centerで開催します。

リンク:https://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/invite_ise_pearl_2020.html

今回のテーマは、伊勢神宮の天照大御神にちなんで「女神」。事務局からあこや真珠2個を提供し、事務局提供の真珠を用いることを条件としました。女神をテーマに個性溢れる55作品が世界10カ国から一堂に集まります。

伊勢志摩地区は真珠養殖の発祥地でありながら、地球温暖化、海洋汚染、また近年の後継者不足などにより真珠の生産量は年々減少しつつあり、また最近のあこや貝の大量死など社会問題となっています。一方、残念なことに、その伊勢志摩の歴史や文化は、あまり海外には知られていません。

弊社は、支社のあるシンガポールを中心に、ジュエリー学校やセミナーなどで、真珠の歴史や見分け方、真珠の価値についての講習などを開催し、真珠の認知度アップの活動を行っています。本グランプリにも、ワークショップで学んだジュエリー学校の学生の皆さんから多数応募がありました。また、Japan Creative Centerでは、シンガポールの芸術短大とのコラボレーションイベントも予定しています。

私達は、伊勢志摩地域の豊かな自然を守り、真珠養殖に関わる多様な文化や、養殖から調色・加工・彫金なども含めた真珠産業全体の発展と、この文化や技術を次の世代にも継承してゆけるよう「真珠養殖発祥の地‐伊勢志摩」を多くの方に知っていただきたいとの願いを込めて、日々活動を行っております。

クラシックなイメージを持たれることの多い真珠ですが、若い世代や海外の方などにも、より多くの方にあこや真珠を身近に感じていただき、新人デザイナーやクリエーターの発掘に繋がることを期待し、「伊勢志摩パールジュエリーグランプリ」を開催しています。是非、Japan Creative Centerにもお越しください。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!