1月末までに新型コロナワクチン接種センター4ヵ所が開業

ガン・キムヨン保健相は13日、新型コロナワクチンを接種するために訪れた医療機関で、取材陣に対し、2月下旬までに国内に合計8ヵ所のワクチン接種会場を設置する計画だと明らかにしました

今月中旬には、すでに稼働中のチャンギ空港第4ターミナルとラッフルズ・シティ・コンベンションセンター内の2ヵ所に加え、西部ジュロン・ウェスト地区の旧ホン・カー・セカンダリースクール(Hong Kah Secondary School)および北部ウッドランズ地域のウッドランズ・ギャラクシー・コミュニティ・クラブでワクチン接種センターが開業しています。

また、ガン保健相によると、残る4ヵ所は来月中に準備が整う見込みであり、さらに、シンガポールのワクチン供給計画の拡大に合わせて、接種センターを徐々に増やしていく方針だということです。


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!


アバター

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。