「女性の健康」お悩み解決!特集|Healthway(石井助産師)

『女性の健康』のお悩みに寄り添ったサポートをしている企業・クリニックを紹介する本企画。今回は、サマセットにあるメディカルヘルスウェイの石井助産師にお話を伺いました。

Q ヘルスウェイ・ジャパニーズ・メディカルでの母子サポート部門とは?

石井助産師:当院では、2019年に東南アジア初の邦人向け母子サポート部門が設立されました。日本人医師(総合診療医、小児科医)、助産師の3人が連携して、年間で2000件以上の母子サポートを行っています。シンガポールで出産された日本人の約8割の母子の方々に私どものサービスをご利用頂いています

主なサポートの内容としては、授乳•育児相談、乳幼児の発達相談、産後の精神的サポート(育児に心配や不安を感じているなど)が主です。お子様が小学校に入学するまでの長期にわたるサポートをさせて頂いています。

Q 妊娠前からの関わりもありますか?

石井助産師: 妊娠を希望している方が受診された時は、医師の診察ののちに私と個別にお話しさせて頂いています。不妊に関して、ご自身が不妊症なのかどうかわからない、不妊専門医の受診をしたほうが良いのか、実際不妊治療をしているがその方法が自分に合っているのかなど、客観的なセカンドオピニオンを求めてこられる方もいます。

また、不妊治療中に、身体的・精神的につらい時に受診に来られる方もいます。当院は現地法人のクリニックの中の一つで、国内に100以上のクリニックを持っており、地域に密着しており、ネットワークの広さが強みになっています。その為、不妊治療に関しても、一人一人のニーズに合ったサービスの橋渡しや、ローカルの専門医をご紹介させて頂くこともあります

Q 助産師としての妊娠中の関わりは?

石井助産師:妊娠中の身体のむくみや便秘がひどい、体重が増加しすぎている、産後は母乳で育児したいが母乳がでるか心配といった内容の相談などにもお答えしています。出産前に妊婦さんと面識があることが多いですね。出産後に母子サポート部門の情報を得て来院される方もいます。

Q 出産後の母子との関わりはいつから始まりますか?

石井助産師:シンガポールでは、病院での計画出産がほとんどなので、できれば出産後退院をした3日以内の予約をとって頂いて(1ヵ月前に予約をおすすめします)来院して頂いています。退院直後からお一人で授乳をしないといけないので、出産1週間以内に来院され、授乳や育児のご相談にお答えするケースがほとんどです。

Q よくある相談内容は?

石井助産師:赤ちゃんやお子様に関しては、発達相談が多いです。例えば、体重が増えない、ハイハイが他の子どもに比べて遅い、離乳食を食べない・進まないなどです。お母様側の相談としては、母乳が出ない、十分出ているのか心配、乳腺炎などが挙げられます。あと、知っておいて頂きたいのは、産後の尿漏れについてです。医師に相談しづらいという気持ちがあったり、誰に相談すれば良いのか分からず、ずっとナプキンを使用している方が本当に多くおられます。産後の尿漏れに関しては、適切な運動(骨盤底筋を鍛える)で、すぐに改善することがほとんどなので、是非ご相談下さい。コツコツと取り組めば必ず治るという事を知っておいて頂きたいです。

3人以上出産をされている経産婦さんには、骨盤底筋専門のトレーナーを紹介することもあります。その他、乳房にしこりがある、乳がんの家族歴があって心配という方の相談にもお答えすることがよくあります。当院の医師や専門医と一緒にスクリーニングや適切な検査をご案内しています。

Q 授乳・乳房のケアについて

石井助産師:授乳全般、乳房のケア、乳腺炎の対応に仕方について、お一人お一人にあった方法を話し合いながら指導しています。
今年の特徴としては、外出制限があったため、乳腺炎になる方が多かったことです。身体を動かすことで血流が良くなりますが、外出を控えなければいけなく、活動量が少なかったのが原因の一つになっていたと思います。乳腺炎になった患者さんに関しては乳房ケア、授乳指導を行っていきました。

Q 産後欝・精神的問題については?

石井助産師:海外生活で家族や公的なサポートが受けられにくい環境にあり、特に現在はコロナ感染症パンデミック禍で、日本からお手伝いに来てもらえない、相談する場所も少ない状況です。お話を聞いて一緒に解決策を見出していけるように関わるなど、私たちのサポートがお力になれるよう、常に心がけております。

育児に不安や戸惑いを抱えているという相談も多くあります。特に、今年はメンタル的につらくなった方は多く、相談件数が通常の年に比べ1.5倍以上に増加していました。

Q 読者さんへのメッセージをお願いします。

石井助産師:平均的にはお一人に関わるサポート期間は約3年です。信頼関係作りを大切にし、いつでも頼って頂ける良い関係がしっかりできるように心がけています。育児の伴走者でありたいと思っています。

私は、シンガポール国内のネットワークは勿論の事、日本の周産期医療にも長年携わっており、日本のネットワークも持っています。手術をした病歴や、基礎疾患があるお子様を持つ親御様が日本に帰国時には、専門病院や医師をご案内させていただくことも可能です。お気軽にご相談下さい。

[su_note note_color="#cce5ff" text_color="#000000" radius="8"]
プロフィール:石井磨里子

Healthway Medical Clinic Executive (ヘルスウェイメディカル クリニック エグゼクティブ 母子サポート部門責任者)
アメリカでの研修をきっかけに母乳育児ケアを学ぶ。専門は母乳・周産期ケア。
母乳育児の確立、早産・多胎児の発達サポートを得意とする。不妊不育専門看護のキャリアを経て、2013年からシンガポールで助産師活動を行い、東南アジア初の邦人向け母子サポート設立に携わる。
乳がんの早期発見を目指した啓発活動にも取り組んでいる。
海外で、不安なく、楽しく、リラックスした妊娠・出産・子育てができるよう、いつでも気軽に頼られる助産師を目指している。[/su_note]

Healthway Medical
住所:176 Orchard Road, #06-05, The Centrepoint, S238843
診察科目:総合診療(内科、小児科、皮膚科、耳鼻科、眼科、婦人科)健康診断、乳幼児健診、母子サポート、歯科診療
受付時間:月~金:9:00~12:30, 14:00 17:30 土: 9:00~12:30
電話番号:6733-9785
メールアドレス:japanese@healthwaymedical.com
ホームページ:https://japanese.healthwaymedical.com/


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!


]]>

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。