【映画紹介】この世界はすばらしいのか、“すばらしくあって欲しい場所”なのか、みなさんの答えは…?「すばらしき世界」

写真提供:Golden VIllage Pictures

シンガライフライターのじゅん子がお届けする映画紹介。今回は国際映画祭でも評価される邦画「すばらしき世界」のレビューをお届けします。

あらすじ

殺人を犯し、13年ぶりに満期で出所した三上(役所広司)は、弁護士の世話で東京へと移り住む。体調を崩して働けず、生活保護をもらいながら、激昂しやすい性格を自分で知っているため、堪忍袋の緒を長く…と心に留めて暮らしている。そんな三上をテレビ番組で取り上げようと、プロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、ディレクターの津乃田(仲野太賀)に取材を依頼する。

爆発的な凶暴性を秘めながらも、子どものように真っ直ぐな三上にひかれ、周りの人間は手を差し伸べる。しかし、刑務所よりも綺麗な空が広がるシャバは、ほんとうにすばらしき世界なのか…。

原作はノンフィクション

原作は1990年発行の佐木隆三作「身分帳」。身分帳は、受刑者の個人の情報や犯罪歴、服役中の事件などが綴られています。それを元にモデルとなった山川一さんの人生を書き起こしたノンフィクションです。

廃版となっていたのを、映画の脚本も手がけた西川美和監督が再販への道筋を作ったそうです。本の表紙になったのは、主役の三上を演じた役所広司さん。三上そのものの姿です。
主人公は福岡出身であり、長崎出身の役所さんは正に適役。親しみやすい感じから、突然激昂する様は、映画と分かっていても身がすくむほどです。

13年もの刑務所生活は、あまりにも長く、現代の暮らしになじむのには大変です。
元受刑者ということで白い目で見る人もいるなか、三上に温かく接する人たちを見ると、ほっとします。暴力を目の当たりにして、恐怖で離れていく人もいるけれど、それでも支えてくれる人もいる。そんなシーンに「良かった」と思っている自分がいます。
周囲からの愛情を受けずに育った環境が罪へとつながった、というのは理解できても、三上の態度にも明らかに非はあり、なんとも言えない気分になります。

でもそんな不器用な三上が少しづつ変わっていき、取材する津乃田自身も三上の友、理解者になっていきます。そして、いつの間にかこのまま幸せに…と祈るように物語を息をつめてみている自分に気づきます。

キャスティングの妙

すべて役者たちの素晴らしい演技もたまものです。役所さんはいわずもがな、仲野さん、その他、三上を見守る松本(六角精児)、庄司弁護士(橋爪功)などいい役者さんたちが物語を後押しします。

映画を観た後、すぐに原作本を読みました。映画ではあまりにもいい人が多かったような気がしたので、きっと救われるようにそうしたのかと思っていましたが、実際に支えてくれた人たちがいたと知り、ほっとしました。

大変な人生だったけれど、幸せな部分もあったのだと救われました。原作本では映画では書ききれなかった部分、時代背景が違う分、より大変だった人生が垣間見得ます。本が大好きだったという、山川さんの俳句なども読め、もしも環境が違っていたらと考えさせられます。

監督のことば

文庫本の最後に「復刊にあたって」と西川監督の言葉があります。
西川監督が映画のモデルとなった山川一の足跡をたどりながら、誰からも知られず、忘れ去られようとしている彼の人生にもう一度光を当てたいとの思いで、4年をかけて調べた気持ち思つづられています。元極道、元受刑者の人生。それだけの話だけれど、それでもその人生は唯一無二の人生だと伝えてくれた監督に感謝。

そしてスクリーンに山川一をよみがえらせてくれた役所さんに感謝します。ぜひ見ていただきたい映画です。そして願わくば原作も。キンドルから電子書籍も出ています。


映画「すばらしき世界」

出演:役所広司 長澤まさみ 仲野太賀 六角精児 橋爪功他。
監督:西川美和
シンガポール国内のGolden Village系列で公開中(M-18指定)

ウェブサイト(英語):https://www.gv.com.sg/GVMovieDetails#/movie/3780/cinema/114

ウェブサイト(日本語):https://wwws.warnerbros.co.jp/subarashikisekai/

この記事を書いた人

林じゅん子

長崎県出身。バブル期の東京で浮かれて過ごし、そのままシンガポールへ。気がつけば20数年!香港映画がきっかけでアジア芸能にはまり、シンガポール初日本人芸能記者(自称)に。ラジオ、雑誌ともに芸能一筋、出会った芸能人は数知れず。 現在はエンタメ以外の3大好物、イケメン、おいしいもの、アニマルネタ目を光らせる。期間限定&新製品にも目がない、ローカルどっぷりジャパニーズ