電話や対面でのやりとりを極力少なく!LINEで簡単、引越し準備。シンガポール日通がLINEで新サービスをスタート

引越し作業は「とにかく手間がかかるし、やり取りも多くて煩わしい」と感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

引越しの日程、下見の日程、手続きの説明などなど、決めなければいけないことがたくさんあります。特に日本から海外への引越し、海外から日本への引越しは国内の引越し違った煩雑さも加わります。

「電話するのがめんどくさいな」「時間が割かれて嫌だな」と思われると思いますが、そんな面倒を一気に解決するのが、シンガポール日通が始めたLINE BOTでの問い合わせサービス。AIと使った自動応答なので、24時間、夜でも週末でも祝日でも、自動返信なのでリアルタイムで引越情報が手に入ります

具体的な使い方を紹介しましょう。


新規お問い合わせ

引越がきまったら、まずは画面の「新規お問い合わせ」をタップ。個人情報取得の同意や基本情報を入力します。その後、シンガポール日通の担当者から、登録したメールアドレス宛に、メールが届きます。もちろん不安点や疑問点があれば、基本情報を入力する際に一緒に記入できます。

※このLINE自体には返答する機能がないため、お問い合わせは必ずこちらの「新規お問い合わせ」を通してご連絡してください。

お引越しの準備① 世界共通

ここでは「準備を具体的に何から始めればいいの」という疑問に対して、シンガポール日通が写真や動画を交えて分かりやすくお答えいたします。本帰国引越しにも、スライド引越しにも共通するシンガポールから引越す際の基本情報をまとめています。

こちらを読めば、お引越当日、「事前にここを準備しておけばよかった!」というハプニングも防げ、スムーズな引越作業が適います。

お引越しの準備② 日本向け

ここをタップすると

・禁制品一覧
・荷物の注意点
・所要日数

についての情報が得られます。

禁制品一覧は日本に持ち込めない商品を一覧でまとめています。これを使えば、お土産などを購入している間でも禁制品を確認できるので「お土産として買ったけど、これは持ち込めなかった」という事態を避けることができます。

別送品申告

日本行きの引越しで、気をつけならないのが「別送品申告」です。日本到着時に空港でこの申告をしておかなければ、船便などで別に送った荷物を受け取ることができなくなってしまいます。

必ず、帰国時に到着空港で「別送品申告」を行わなければなりません。日通の担当者が案内はしますが、「あれ?」と思ったときにはLINEですぐに手続きの流れを確認できて、安心です。

別送品申告書の詳細はこちらから

写真下見

単身者でも共働きでも、平日の日中に下見の時間がとれない、という方へお勧めするのがこの写真下見です。

引越し先に運ぶ荷物を自分で写真撮影し、(写真下見専用LINEアカウント)に送るだけ。写真は24時間受け付けています。写真を元にしたおおよその見積もりが作成され、シンガポール日通の営業時間内に登録したメールアドレス宛に連絡が届きます。

実際の作業に向けた打ち合せは、LINEではなくメールにて行います。この写真下見サービスは、事前に日通へお問合せいただいた方が対象となります。

この他にも引越しについて、もっと詳しく知りたい!という方はホームページの部分をタップすると、シンガポール日通のウェブサイトに飛びますので、ご活用ください。なお、単身者の方には、シングルパックという格安パックのご案内もこちらにございます

このLINE  BOTには、引越が決まった方や引越が見込まれる方への、必要な情報が盛り込まれています。LINEの登録はもちろん無料。勧誘メール等はありませんので、会社の辞令が発令される前でもお気軽にご利用いただけます。

なお、シンガポール日通では、帰国準備のためのオンラインセミナーなどの告知も、LINEのタイムラインで発信していく予定です。この機会にぜひLINEの登録を!


<シンガポール日本通運 引越部>

電話番号:6565-8177
住所:5C Toh Guan Road East Singapore 608828
ホームページ:https://www.nipponexpress.com/moving/sg/

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。