シンガポール国内のお勧めブランド、ユニクロが2位にランクイン:英系調査会社調査

英系調査会社が最近発表した『シンガポールの人々が知人に薦めたいブランド』のランキングで、日系衣料メーカー「ユニクロ」が全体の2位にランクインした。トップはシンガポールのフラッグキャリア「シンガポール航空(SIA)」で、3位が「アマゾンプライム」、4位は動画配信サービスの「Netflix」。5位には星系Eコマースプラットフォーム「Shopee」が付けた。

英系独立調査会社『YouGov』が実施した本調査は、各ブランドについて、そのブランドを知人や同僚に推薦するという顧客の割合を測ったもので、広告認知度や顧客満足度などの測定基準が考慮されている。(評価には)昨年6月1日~3月31日のデータが使用された。

「ユニクロ」の海外店舗総数は2020年11月時点で1,483店舗を数え、海外の店舗数が同社全体の店舗数の6割以上を占めている。シンガポールの店舗数も主要モールへの出店を中心として25店舗を超えており、同国での積極的な出店戦略がブランド力向上に寄与している格好と言える。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。