キッズフレンドリーさはシンガポールのホテルNo.1。シャングリ・ラ・シンガポール 完全ガイド

ステイケーションはどこにしよう?
すてきなホテルが多いシンガポール。悩んじゃうのも当然ですね。

そんな方のためのホテル完全ガイド。ホテルの方のご案内ですみからすみまで回っちゃいました。ホテル選びのお供にどうぞ!

今回、フィーチャーするのはシャングリ・ラ・シンガポール

VIP御用達、国際会議が多く開かれる、格式が高いホテルというイメージですが、実はとってもキッズ・フレンドリーなホテルでもあります。カップル、ファミリー、一人でゆっくりしたいときにもおすすめです。



ユニークな制服が印象的

オーチャード・ロードから、ちょっと入ったオレンジ・グローブロード。周りは邸宅やマンションでとても静かです。

赤を基調のドアマンの制服はチベットの戦士。40年変わらず理想郷シャングリ・ラを守っています。でも彼らはとてもフレンドリー。明るい笑顔で迎えてくれます。

正面玄関を入ると、目に入るのは高い天井と美しい装飾やインテリア。2017年に大改装を行ったロビーは、以前よりも明るくなり訪問者を優しく迎えてくれます。

以前のインテリアも重厚ですてきでしたが、現在のインテリアはとても好評だとか。

 

風水に沿ったロビー

入り口の前方には、鳥のようにも見えますが、風に舞う木の葉で風のエレメントを象徴したデコレーション。実はこのロビーには風水で大切な五行が全てそろっています

メタルは韓国のアーティストによる6体の子供たちの像。

水はロビーにある池。そして木はロビーにあるたくさんの木や草花。土を表すのはロビーラウンジ奥にあるオーストラリアのランドスケープアーティストに手による、切り立った岩肌を思わせる壮大なもの。

とても居心地がいいのは、この完璧な風水のおかげかもしれません。

広々としたロビーラウンジでは、窓際も良し、リラックスできるソファー席もよし、どこに座るか迷うほど。お好みの場所があれば、お席にご案内してくれるスタッフに伝えてみてはいかがでしょう。

ランチ&コーヒーをゆっくり楽しみたい場所です。ここで味わえる本格ローカルフードはおすすめです。

ロビーにあるチョコレートの彫刻。ペストリーシェフ渾身の作



いよいよお庭へ。15エーカーのトロピカルガーデン

ステイケーションでこのホテルを選ぶ理由の一つが、広大な庭園です。ボタニックガーデンへ行かなくても、ここで森林浴が楽しめるほど。

よく手入れされた庭園には大きなレインツリーやバンヤンツリー、たくさんの木々や花々が咲いています。


ミニ・オーキッドガーデンとも呼べる、高さ7メートルの蘭の温室 ”The Orchid”

この“The Orchid”は、夜には4人までのディナーコース(マスターシェフによるディネ・ド・フルールメニュー)でのご予約も可能。

以前、ここをバラで埋め尽くしてプロポーズしたお客様もいたとか。もちろんプロポーズは成功したそうです。ロマンティックですね!

ミーティング中のハト達。でももちろんハトの落とし物は見当たりません。高級ホテルのハトはマナーも良し!

どこもかしこもフォトジェニック


イベントやウエディングにぴったりの場所も

庭園の奥には以前オランダ系学校だったという、クラシックなダッチパビリオンがあります。

小規模のファミリーウエディングやミニパーティーにぴったり。そのままウエディングディナーやランチもでき、屋外へのセッティングも可能。

まるで映画の一場面


そしてもう一つがBanyanデッキ。二階建てのウッドデッキはその名の通り、大きなバンヤンツリーの緑の屋根が日差しを遮り、憩いの場所にしています。こちらはダッチパビリオンより大人数のイベントにいい場所です。

リラックスできるガーデンデッキもありますが、移動可能なので多目的に使えます。

一階はガーデンデッキ。おしゃれなイベントにも使えます。


プールの充実度は群を抜いています

シャングリ・ラのプールはファンが多い、ゆったりとしたプール。広くてのびのびと楽しめます。

お好みでプールサイドでのフットマッサージも可能です。プールを眺めながらのマッサージ。お金持ち気分になれそうです。


このプールのもっと奥、先述のダッチパビリオンの奥にはもう一つのプール。キッズに大人気のスプラッシュゾーンがあります。

その途中にはキッズも興味津々のハーブと野菜のガーデンが。ここにはフルーツやサボテンなど可愛い植物がたくさん。

 

キッズ熱狂の施設がたくさん!プール、室内遊戯場も!

このスプラッシュ、すごいです。充実度100%!キッズは大喜び。ここにいればアミューズメントパークに行く必要なしですね。


もう一つは室内施設のBudsインドアプレイゾーンです

ここにもたくさんのキッズ大喜びコーナーが。

ベビーちゃん用のコーナーも。

 

気分はスター!



いよいよホテルのお部屋へ

シャングリ・ラにはガーデンウィングタワーウィングバレーウィングがあります。中でもバレーウィングは専用エントランスやフロントデスクもある、要人御用達の場所といったイメージ。

バレーウィングに宿泊すると、朝6時からの朝食から始まり、アフターヌーンティー、イブニングカナッペが含まれており、シャンパンバーでの飲み物は午前11時から夜10時半まで無料という至福のサービスでまさにVIP待遇です。




バレーウィング・デラックスルーム

重厚なドアを開けると、中には二つのドアがあります。この二つの部屋はコネクティングルームとしても使えますが、もちろん独立したお部屋です。最初のドアがプライベート感を増します。

入り口正面には大きな窓があり、日差しが入る明るいお部屋です。キングサイズのベッドはいかにも寝心地が良さそう。そして窓際のソファーは座って本が読みたくなるよう。

バスルームの前にはパーテーションがあり、クローゼットもあり着替えなどの際も便利。大理石のバスルームやロクシタンのバスアメニティに心おどります。

 

ガーデンウィング・デラックスルーム


ガーデンウィングはバルコニーがあるのがうれしいですね。窓を開けて外に出て、デッキチェアーに座っていると、まさにリゾートに来たような感覚が味わえます。

 

これぞガーデンウィング



その他の施設

 

 


全てのお客様を楽しませる、パーフェクトホテル

改めて驚いたのは、その充実度。正直、こんなにファミリーフレンドリーなホテルだとは知りませんでした。もっと前に知っていればと後悔しきりです。知人の家族が来たときにおすすめしたかった…。

でも、こんなホテルならステイケーションでぜひエンジョイしたいですね!

宿泊のプロモーションなどもありますので、ぜひチェックして見てください。


なんと読者プレゼントで…宿泊券が!

この記事を見て泊まってみたいと思われた方、ご応募の際にはシャングリ・ラ・シンガポールのインスタ(@shangrilasg )& FaceBookと、シンガライフのインスタをフォローの上、ご応募ください!

詳細

1泊2日、ガーデンウィングデラックスシティビュールームでのご滞在(朝食付き)、大人2名様。

バウチャー使用期限: 2022年3月16日まで有効

[使用条件]
・月曜から木曜までの平日のご宿泊に限り有効です。
・事前のご予約が必要です。
・宿泊除外日があります。ホテルにご確認ください。
・チェックインの際にバウチャーの原本をご提示ください。

 

Shangri La Singapore シャングリ・ラ・シンガポール

アドレス:22 Orange Grove Road, 258350, Singapore
電話番号:6737-3644
email:singapore@shangri-la.com
Shangri La Singapore ウェブ

★マーク付き写真:提供Shangri La Singapore

 




この記事を書いた人

SingaLife編集部