シンガポールの人気高級ホテル フラトンホテルをご紹介!




フラトンホテルの歴史

まるで映画の世界にいるような気持ちにさせてくれる建物フラトンホテル。なんとこの建物、1928年に建設された新古典主義の歴史的建築物なのです。建物をデザインした建築家は、パルテノン神殿やギリシャの古典建築からインスピレーションを受け設計をしたそうです。

建設後は初代海峡植民地総督であるロバート・フラトンにちなみ、フラトンビルディングとされ、中央郵便局や取引所などの政府機関、その他にも重要な機関が入居しました

そんなフラトンビルディングは、2001年にフラトンホテルが開業し、2015年の12月には国定史跡と認定されました。


フラトンホテルのお部屋タイプ

フラトンホテルには400もの客室があります。ルームタイプはスイートも含め全15種類もあります。同じルームタイプであってもそれぞれ内装が異なったり、場合によっては部屋のサイズも異なってくるという点が特徴的です。

ルームタイプ

マリーナベイビュールーム

フラトンスイート(90㎡|ベイ / リバービュー)

ホテルの最上階に位置するフラトンスイート。シンガポールリバーやマリーナベイの眺めが楽しめる広々とした屋外テラス、リビングエリア、書斎を備えた部屋になっています。

パラディアンスイート(69〜93㎡|ベイ / リバービュー )

1ベッドルームに優雅なインテリアが魅力的なリビングルームが備わったお部屋です。部屋の窓からはシンガポールリバーとマリーナベイの景色を眺めることができます。

プレミアコリヤースイート(65㎡ )

古典的なデザインが魅力的なプレミアコリヤースイート。広々としたリビングルームと1ベッドルームが備わったお部屋になっています。

ロフトスイート(109㎡|ベイビュー )

メゾネット式デュープレックス(1階リビング 2階ベッドルーム)になっているお部屋です。創建時そのままのフレンチスタイルの扉を開くとバルコニーが広がり、マリーナベイの景色が楽しめます。

ガバナースイート(77㎡|シティビュー )

1920年代をモチーフにデザインされた壁が非常に美しいガバナースイート。リビングルームと簡易キッチンのついたダイニングルーム、書斎、ウォークインクローゼットが備わったお部屋になっています。 屋外テラスからは、フラトンウォーターボートハウスとアンダーソン橋の素晴らしい眺めを一望することができます。

プレジデンシャルスイート(201㎡|シティビュー )

プライベートエレベーターと小型グランドピアノが備わったプレジデンシャルスイート。リビングルームと簡易キッチンのついたダイニングルーム、書斎、ウォークインクローゼットが備わったお部屋になっています。美しく高級感が溢れ出す内装はもちろん、ガラス張りのバルコニーは圧巻の作品です。

ストレイツクラブ マリーナベイビュールーム(36〜39㎡|ベイビュー)

マリーナベイのパノラマビューを楽しめるお部屋になっています。

ストレイツクラブ キールーム(36〜39㎡|リバービュー)

シンガポールリバーを楽しめるストレイツキールーム。なんと滞在者にとても人気のお部屋だそうです。

ストレイツクラブ ヘリテージルーム(37〜71㎡|シティ/ アトリウムビュー)

フラトンホテルシンガポールの建物の特徴を活かしデザインされたヘリテージルーム。お部屋内に残る往年のままのエレガントな建築様式を楽しむことができます。

ストレイツクラブ コートヤードルーム(42㎡|アトリウムビュー)

太陽の光が降り注ぐアトリウムロビーを眺められます。

エスプラネードルーム(53㎡|ベイ / リバービュー)

ホテルの最上階に位置する、家具付きの贅沢なお部屋。窓からは、シンガポールリバーやマリーナベイが一望できます。

マリーナベイビュールーム(36〜39㎡|ベイビュー)

優雅な内装が素敵なマリーナベイビュールーム。名前の通り、バルコニーからマリーナベイが一望できます。

キールーム(36〜39㎡|リバービュー)

シンガポールリバーを楽しめるストレイツキールーム。なんと滞在者に人気のお部屋だそうです。

ヘリテージルーム(38〜45㎡|アトリウムビュー)

フラトンホテルシンガポールの建物の特徴を活かしデザインされたヘリテージルーム。お部屋内に残る往年のままのエレガントな建築様式を楽しむことができます。

プレミアコートヤードルーム(42㎡|アトリウムビュー)

快適さとエレガントな内装を兼ね備えたお部屋です。ビジネスやレジャーの際でもゆっくりくつろぐことができるそうです。

*)こちらの4ルームタイプはストレイツクラブへのアクセスや利用ができないお部屋になっています。ストレイツクラブについて詳しくはこちら


アメニティについて

どのお部屋に滞在しても以下のサービス・アメニティが利用できます。

・バスタブと独立したレインシャワーブース
・バスルーム用アメニティ
・ヘアドライヤー
・ランドリー&ドライクリーニングサービス
・ピローメニュー
・ワイヤレススピーカー
・使い捨てフェイスマスク(リクエストのみ)
・品揃え豊富なミニバー
・Nespresso®コーヒーマシーン(無料のコーヒーカプセル付)とTWGティーセレクション
・国際ダイヤル通話電話、データポートとボイスメール機能付き
・無料の無制限ワイヤレスインターネットアクセス
・LCD TV(ローカル・インターナショナルチャンネル、ミュージック・ラジオチャンネル付)
・お部屋別の温度調節
・デバイス充電が可能な電源付き貴重品金庫
・シューシャインサービス(靴磨きサービス)
・エクスプレス チェックアウト

以上に加えスイートルームに滞在した場合には、ハンドサニタイザー・ウェットシート・使い捨てフェイスマスク(個包装)がアメニティとしてついてきます。


フラトンホテルで堪能できる食事やアフタヌーンティー

フラトンホテルでは、様々な食事を楽しむことができます。現在コロナウイルスの影響で、レストランを利用するには予約をする必要があります。足を運ぶ際には、予約を忘れずに行いましょう!

ザ・コートヤード

アトリウムにあるザ・コートヤードでは地元や各国の料理、イングリッシュアフタヌーンティーが堪能できます。

やはり、気になるのはイングリッシュアフタヌーンティー。伝統的な3段アフタヌーンティースタンドに盛り付けられたお菓子やサンドイッチは絶品です。

そのアフタヌーンティー、なんと今月は特別メニューがたくさんあります。

4月1日から4月14日4月18日から4月31日までは、オリエンタルフレーバーアフタヌーンティーが楽しめます。

このティータイムには、太平洋産の蟹がメインとなったスパイシーサラダが炭シュー生地に挟まれているサンドなど、産地の風味を生かしたメニューが揃っています。さらにマンゴー、ライム、ココナッツなどのフルーティーな香りが漂うプチスイーツが味わえるデザートも非常に魅力的です。

オリエンタルフレーバーアフタヌーンティーについて詳しくはこちら

他にも、ビーガンの方でも楽しめるプラントベースアフタヌーンティーや和食が楽しめるランチメニュー「Flavours of Japan」など幅広いお食事が楽しめます。

特別なメニューもたくさんの今月に、ザ・コートヤードに足を運んでみてはいかがでしょうか。


The Courtyard
営業時間:月〜日 11:30-18:00(L.O 17:30)
電話番号(ご予約):6877 8911 または 6877 8912
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語



タウンレストラン

シンガポールリバーの景色を見ながら食事を楽しめるタウンレストラン。メニューの幅はとても広く、世界各国のお料理を堪能できます。

特におすすめはサンデーブランチ。シェフが丹精を込めて調理したお食事をお得な価格で楽しむことができるそうです!気になる方は日曜日に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Town Restaurant
営業時間:月〜土 7:30-10:30*、12:00-14:30、18:30-22:30(L.O 22:00)
                  日   7:30-9:30、12:00-15:30(L.O 15:00)、18:30-22:30(L.O 22:00)
*Town Restaurantでは、朝食コースを3部に分けて営業しています。
*日〜木の12:00-20:00はハッピーアワーとなり、お酒が1杯S$10〜楽しめます。
第1部:7:30-、第2部:8:30-、第3部:9:30-、となっていますのでご注意ください。
電話番号(ご予約):6877 8911 または 6877 8912
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

 

フラトンケーキブティック

フラトンケーキブティックでは、最高級の材料を使用してパティシエが作ったケーキやペストリーが楽しめます。フレッシュなうちに味わえるスイーツは絶品。お持ち帰りはもちろん、コーヒーや紅茶とともにいただくこともできます。

The Fullerton Cake Boutique
営業時間:月〜日 9:00-20:00
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

 

ジェイド

ジェイドでは、本格的な広東料理を堪能することができます。

2017年に改装により、内装・テーブル・椅子など美しくデザインされた空間には、2つの個室と2つに別れたエリアがあり、全120席が準備されています。多くの人数でも一緒に楽しめる円卓などもあるので、会社・家族での食事会にも利用できそうです。

Jade
営業時間:月〜金 11:30-15:00 (L.O 14:30),18:30-22:30 (L.O 22:00)
     土   11:20-15:00*,18:30-22:30 (L.O 22:00)
     日・祝 11:20-15:00*
*土・日・祝のランチはWeekend Yum Chaになっており、2部に分けて営業しています。
第1部 11:20-13:00、第2部 13:30-15:00となっていますので、ご注意ください。
電話番号(ご予約):6877 8911 または 6877 8912
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語



フラトンホテルを楽しめる施設

フラトンホテルには、最高級の施設がたくさんあります。

インフィニティプール

荘厳なドリス式円柱をバックに広がる25メートルの屋外プールです。なんとプールからシンガポールリバーを見渡すこともできるそうです。見渡せる景色、フラトンホテルの外観、プールの青さが重なった景色は思わず息をのむほどの美しさです。

<施設情報>
営業時間:月〜日 7:00-22:00
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

 

フラトンショップ

ホテルのロビー階にあるフラトンショップでは、切手やポストカードなどのフラトングッズを購入することができます。他にも、色々な制服や民族衣装をまとったフラトンホテルのマスコットであるテディーベアも販売しています。可愛らしいテディベアーはお土産にも人気だそうです。

<店舗情報>
営業時間:9:00-20:00
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

 

自動外貨両替機

ホテルのフロントデスクの横に設置された自動外貨両替機。14種類の通貨をシンガポールドルに両替することができます。

充電コーナー

お仕事が忙しい方にとても便利な充電コーナー。無料 Wi-fiを利用することはもちろん、充電アダプターやUSBケーブルも利用することができます。

コイポンド

中国文化で「繁栄」を意味する特別な数字88匹のコイが優雅に泳ぐ姿を見ることができます。また、コイポンドを泳ぐ5色のコイは「風水」の要素を象徴しており、ホテル内のハーモニーとバランスの維持を促進しているそうですよ。

ラグジュアリーブティック

「ラッフルズジュエラー」「CYCメイドトゥーメジャー」「グランドクルー」「ギャラリーナウェイ」「シグネチャーリザーブ」などのショップが集まっています。ジュエリーからアジア芸術に至るまでラグジュアリーなショッピング、そして「シグネチャーリザーブ」では世界中のウィスキーが楽しめます!

この他にも、フィットネスセンター・フラトンスパ・フラトンヘリテージギャラリーがあります。詳しくは以下で紹介します。


フィットネスセンター

ホテル内2階に位置するフィットネスセンター。清潔感が保たれた空間には、有酸素運動マシン、筋力トレーニングマシン、フリーウェイト、メディシンボールが揃っています。

こちらのフィットネスセンターは、フラトンホテルのウェルネスメンバーシップに入会することでジムとして利用することができます。

メンバーは特典として以下の項目が楽しめます。

・ロッカーの貸し出しとフラトンスパのアラカルトトリートメント全ての20%OFF
・60分間のマッサージ初回無料
・60分間のフェイシャルケアを特別価格で提供
・フラトンホテルシンガポールおよびフラトン ベイホテル シンガポールでの食事(8ヶ所)20%OFF

CBDの中心部にありアクセスに優れたフラトンホテルのフィットネスセンター。仕事帰りに通うのには最適なロケーションです!

<施設情報>
営業時間:月〜日 7:00-22:00
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

※現在フラトンホテルフィットネスセンターは、お客様に安心して利用いただけるよう、ワクチン接種が完了した方のみ利用が可能です。


フラトンスパ

究極のリラクゼーションとリフレッシュを楽しむことができるオアシス、フラトンスパ。なんと2019年にはワールドラグジュアリースパで高級ビジネススパアジア賞を受賞したこともあるのです。

人気のトリートメントはアルティメイトアロマセラピーというコース。カウセリングとアロマテストを行い、自分の好みにあったオイルを使いマッサージをしていただけます。東洋と西洋の技術が融合した集中的なマッサージで心身ともにリフレッシュできます。

<施設情報>
営業時間:月〜日 10:00-22:00
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

※現在フラトンホテルでは、お客様に安心して利用いただけるよう、利用を希望する場合は事前の予約が必要になっています。


フラトンヘリテージギャラリー

シンガポールの歴史について興味があるという方に、ぜひ足を運んでみて欲しいのがこちらフラトンヘリテージギャラリー。

郵便に関連する珍しい物にふれたり、フラトンの歴史を築いたパイオニアたちの記憶に耳を傾けることができます。他にも、現代では存在が遠くなってしまった、手紙の投函という古き良き時代の文化を体験することができます。

入場料は無料で楽しむことができます。行った際には、海外にいる家族や身近にいる大切な方に手紙を書いてみてはいかがでしょうか。手紙の良さを再確認できること間違いなしです。

<施設情報>
営業時間:月〜日 10:00-22:00
WEBサイト
WEBサイト

 

歴史溢れるエレガントな空間でひと時を

いかがだったでしょうか。シンガポールの歴史に大きく関わってきたフラトンホテル、その美しさは建物だけでなく、何十年も前から続く歴史からも感じられますよね。また、数多くの素晴らしいサービスや施設は、滞在をさらに有意義なものにしてくれること間違いありません。

The Fullerton Hotel Singapore
住所:1 Fullerton Square, Singapore S049178
最寄り駅:Raffles Place駅
電話番号:6733 8388(お問い合わせ)
     6533 8388(ホテルのご予約)
WEBサイト 英語
WEBサイト 日本語

 

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!