シンガポール チャンギ空港が大規模採用開始、6600人増員へ

シンガポールのチャンギ空港は航空旅行の猛烈な回復を最大限に活用すべく、同社最大級の採用活動に乗り出し、6600人超を大量採用する方針だ。

募集職種はフロント業務のパッセンジャーサービスから新設されたイノベーション&テクノロジー、裏方部門のグランドハンドリングの他、品質保証(QA)、空港緊急サービスやサーバーセキュリティーなど多岐に渡る。

空港の運営を行うチャンギ・エアポートグループ(CAG)は17日夜、同社ウェブサイトに投稿した声明の中で、今月27~28日にサンテック・シンガポール国際会議展示場にて開催される就活フェア「One Aviation Careers Fair」では即日採用を実施すると伝えた。

CAGは、「現行の増加率によると、チャンギ空港は今年中に旅客輸送量がコロナ禍以前の50%超に達する見通しだ」とし、「運航便数と乗客の増加に伴い、それを支援する空港スタッフも増員が必要だ」としている。



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!