シンガポールのナイト サファリで夜の野生動物を見よう!園内攻略法を徹底紹介

今や国際的にも高く評価され、観光客にも大人気スポットとなっているシンガポールのナイト サファリ。シンガポール観光局のベスト アトラクション エクスペリエンスを13回受賞しているのも納得。そんな夜行性動物の魅力を余すことなく堪能できるナイト サファリを詳しく紹介します!




シンガポールのナイト サファリとは?

photo credit by Mandai Wildlife Group

夜間だけの営業は世界初!約100種類、900頭以上の動物をみることができる夜行性野生動物公園、ナイト サファリ。動物と自然がおりなすマンダイ ワイルドライフ リザーブ内にあり、リバー ワンダー、シンガポール動物園と同じ敷地内にあります。

ナイト サファリ内の動物の41%が絶滅危惧種ということもあり絶滅危惧種の保護に取り組む他、ここで行われる繁殖プログラムは世界的にも高い評価を受けています。

暗がりの中で見る動物達の姿は自然の神秘そのもの。ぜひ動物達の美しい夜の世界を覗いて見てみましょう。


夜の動物園 ナイト サファリへのアクセス

アクセス方法は3通り。公共交通機関、シャトルバス、タクシーを利用できます。

公共交通機関

バスはいずれも最寄りのバス停(シンガポール動物園(Singapore Zoo))に停車します。

・MRT North South Line Khatib, NS14よりマンダイ カティブ シャトルで15分
・MRT North South Line Choa Chu Kang NS4 よりバス927番で約20分
・MRT North South Line Ang Mo Kio, NS16よりバス138番で約50分


マンダイ カティブ シャトルバス

MRT North South Line Khatib, NS14より出ている直通バスです。平日は朝8時より20分おきに運行しており、所要時間は15分。休日、祝日等は10分おきに運行しているとても便利なバスです。詳細な運行時間等はこちらから。

料金は片道S$1(3歳未満のお子様は無料)です。現金支払はできませんが、EzlinkやNETS Flashpay、またEzlinkに対応しているクレジットカードなどで簡単にお支払いができます

タクシー

市内からは約30分。立体駐車場1階にタクシー乗り場があります。


見逃せない!動物達の技披露!クリーチャーズ オブ ザ ナイトショー

photo credit by Mandai Wildlife Group

可愛らしい夜行性動物が繰り広げるナイト サファリでイチ押しのショー!カワウソやフクロウ、ブチハイエナやサーバル キャット等が、それぞれ生まれながらの素晴らしい身体能力を披露して楽しませてくれます。アフリカのサーバルが獲物を飛び越えるジャンプ力、ブチハイエナの強力な顎!

コミカルな部分もあり、また、動物達の本来の生きる力を見ることで、自然や環境を守ることの大切さも実感することができる素敵なショーです。

<ショーの開始時間>
19:30、 20:30、 21:30
(金土祝前日、また現地校の長期スクールホリデー期間は22:30〜も開催)

<予約方法>
ショーの開始2時間前から公式ウェブサイトより事前に無料で予約可能。列に並ぶことなくショーを観ることができます。



トラムコースで必見のアジアゾウ

photo credit by Mandai Wildlife Group

園内はトラムで周るエリアウォーキング トレイルに分かれています。

トラム コースでしか見られない注目のオスのアジアゾウのチャワンは必見!4トンを超える体重で、マンダイ ワイルドライフ リザーブ(ジュロン バード パーク、リバーワンダー、シンガポール動物園、ナイトサファリ)で飼育されている動物の中で一番重く、一番大きな動物です。アジアゾウで牙があるのはオスだけ!ナイトサファリで出会うことのできるオスのアジアゾウ、チャワンの牙を目印に見つけてみましょう。

その他、マレーバク、ホワイト アフリカ ライオン、ナイルカバ等がトラムコースで見ることができます。


ウォーキング トレイルの見どころ

希少センザンコウのセッションが見られるフィッシング キャット トレイル

photo credit by Mandai Wildlife Group

スナドリネコ(フィッシング キャット)、タテガミオオカミ、オオアリクイなど26種類の動物がお目見えするトレイル。金曜日と土曜日にはトレイル内のエクスプローラー アウトポストにて珍しい動物達を実際にお世話している飼育員から直接お話しを聞くセッションがあります。

このセッションで注目すべきはナイト サファリで初めて繁殖に成功し、命が途絶えないように保護されているマレー センザンコウ(スンダ パンゴリン)。近日中にレオパード トレイルへの移転が決まっており、フィッシング キャット トレイルではこのセッションでしかお目にかかれませんが、レオパード トレイルでは展示を見ることができます。

違法な乱獲により世界で最も密輸されている哺乳類と言われているセンザンコウ。野生での数が激減しているこの希少な動物はどこでも見られるものではありません。。絶好の機会ををお見逃しなく!


動物の飼育員さんの話も聞けちゃうレオパード トレイル

photo credit by Mandai Wildlife Group

ヒョウ、ライオン、ジャコウネコ、ヤマアラシの夜のルーティンを垣間見ることができます。また、オオコウモリやモモンガ等、空を飛ぶ生き物が頭上を飛んでいくのが見えるかも!?

トレイル内のライオン観察所では、飼育員から直接話を聞くことができるキーパーズ トークが開催されています。飼育員しか知らない動物達の知られざる素顔を聞くことができる貴重なイベントですね。



サイの餌やり体験もできるイースト ロッジ トレイル

photo credit by Mandai Wildlife Group

アフリカのサバンナ、そしてアジアの熱帯地域の動物が集結!アカカワイノシシ、バビルーサ、ブチハイエナやツチブタを見ることができます。

2022年からはツノが一本のインドサイへの餌やり体験ができるようになりました。今年で8歳のトゥーリ、5歳になるネワリに餌をあげながら、担当の飼育員さんからのお話を聞くこともできます。餌付け体験は1回S$10で、その収益は全てシンガポール国内ならびに東南アジア近隣諸国の動物保護活動に寄付されています。予約はこちらからできます。餌やりは大人気のプログラムなので、事前予約をお忘れなく!


南半球の動物達が大集結!ワラビー トレイル

photo credit by Mandai Wildlife Group

このトレイルではオーストラリア、ニュージーランド、そしてニューギニアの野生動物達に出会えます。フクロモモンガやフクロギツネなどの有袋類、「モア ポーク(more pork) と泣いているように聞こえるニュージーランドアオバズク(Morepork Owl)を探してみましょう。

中でも注目は夜行性のワラビー。オーストラリアの有袋類に多い特徴で、昼間はほとんど動きません。夜の活発なワラビーの姿を見るのはここナイト サファリならでは。

また、シンガポール初の人工洞窟、ナラコーテ洞窟も必見。オーストラリアの石灰岩洞窟をモデルに作られており、先住民アボリジニーの壁画なども再現されています。ゴツゴツとした岩の中には本物のタランチュラやナナフシの展示も散りばめられており、どこから動物が出てくるかわからないドキドキ感も味わえます。


餌やり体験で動物たちと特別な時間を!

photo credit by Mandai Wildlife Group

イースト ロッジ トレイルでもインドサイへの餌やり体験ができますが、ゆっくりと動物との餌やりタイムを過ごしたい方はプライベート バギーで園内を巡る、サファリ アドベンチャーツアーがおすすめです。

通常のトラムでは止まらないエリアに特別に停車し、インドサイとアジアゾウに餌やり体験をすることができます。長い鼻で野菜や果物を手からとってくれるアジアゾウとの特別な時間を過ごしませんか?詳細についてはこちら。尚、不明点等のお問い合わせはこちらから。


カジュアルからスペシャルディナーまで。園内レストラン

photo credit by Mandai Wildlife Group

園内のエントランスには300席もある大きなレストラン、ウルウル サファリ レストランがあります。木製の建物に籐のファンがまわり、アジアの村(カンポン)をイメージして作られたダイニングです。また、お食事が終わっている方はニュージーランド ナチュラルにてアイスクリームを堪能することができますよ。

そして特別なディナータイムを過ごしたい方はイブニング イン ザ ワイルドがオススメ。サファリ内の特設テントでお食事ができ、季節毎に様々なスペシャルディナーが堪能できます。5月はマレーシア料理フェア。そして6月は父の日フェアでした。9月は中秋節、12月はクリスマスのテーマで開催が予定されています。詳細、ご予約はこちらから!

最高の想い出になった、VIPのような気分にさせてくれる等のクチコミも寄せられています。SingaLifeのこちらの記事もご参考に。

園内は食べ物にもこだわりがあり、食事は全て豚、ラードは使わず、シーフードは全てサステナブルな食材に限り、仕入れが行われています。


<店舗情報>

ウルウル サファリ レストラン(Ulu Ulu Safari Restaurant)
場所:Entrance Plaza
営業時間:18:30-23:00
ニュージーランド ナチュラル(New Zealand Natural)
場所:Entrance Plaza
営業時間:18:30-23:00

<イベント会場>

イブニング イン ザ ワイルド (Evening in the Wild)
場所:Night Safari
WEBサイト



ナイト サファリこだわりのオリジナル グッズやお土産

photo credit by Mandai Wildlife Group

ナイトサファリのショッピングコーナーはついつい手にとってみたくなるものがたくさん。ちょっとユニークなセンザンコウやマレーバク等のぬいぐるみは大人気!小さなぬいぐるみキーチェーン等も旅の想い出にぜひ欲しい品物ですね。

ワイルドサンクチュアリーという自社ブランド商品はサステイナブルな素材を使い、収益の一部が野生動物保護に充てられています。ぜひリサイクルされた繊維、オーガニックコットンで作られた優しいアースカラートーンのクッションカバーやタオルを手に取ってみてみてください。このような取り組みが園内の動物達を支えているのですね。


ナイト サファリへ行ってみよう!

ナイト サファリの醍醐味はなんといっても絶滅危惧種を含む、動物達の夜の行動を余すことなく見れること!トレイルの散策、ショーや餌やり体験を通して夜の野生動物の世界に足を踏み入れてみましょう。そこで出会う様々な動物たちから自然の素晴らしさの感動をもらえます。

Night Safari(ナイト サファリ)
住所:80 Mandai Lake Road
営業時間:毎日18:30-00:00(最終入場は 23:15まで)
定休日:なし
電話番号:6269 3411 (月~日: 8:30-18:00)
WEBサイト

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。






この記事を書いた人

SingaLife知りつくし隊

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、現地のトレンド情報やライフスタイル情報をお届けします。「知り尽くし隊にこんな情報を取り上げてほしい」各種SNSにてリクエストも随時募集中です!